昨日の17日、“M.A.P.after5情報”を見たという世田谷の方から、こんなメールが届きました。

琉球藍染め展のご案内です。
2009年11月21日(土)~23日(月・祝)
 11:00AM~7:00PM(21日はPM1時~)
会場:らくだ&TUBO(楽多ビル2F)
世田谷区南烏山6-8-7 03-5313-8151
22日午後より作家の上山さん来場。
22日16時から、23日14時から、トークイベント開催。

お誘い合わせてお出かけ下さい。
美しい藍染め(美ら藍・ちゅらえ)に出会いに来てください。

◎上山弘子(沖縄県名護市やまあい工房)琉球藍染め展◎
沖縄・自然からの贈り物-オーシッタイの豊かな自然の中で育てた琉球藍を100%使用した手作りの染物です。

自然があるからこそ、藍染めができる、そんな上山さんの思いは、
http://www.qab.co.jp/news/20080611…
2008年6月11日、琉球朝日放送で放送された「美ら島の提案 未来へ残せるか沖縄の姿 琉球藍を育て自然を守る」を参照してください。
また、国土緑化推進機構の今年度「森の名手・名人100人」に選ばれました。
(沖縄タイムス、琉球新報にて既報)


行きたいなあ。でも、その期間はまだ沖縄にいます。そうか、だったらこの上山さんという方が東京に向けて出発する前に、この沖縄で会えばいいんだ、これも何かの縁、電話しちゃえ。

上山さんはとても丁寧に“ふれあい工房”までの道順を教えてくださいました。きちんと聞いておかないといけません。近くまで行って分からなくなって聞こうとしても、とっても山奥なので、携帯電話は通じませんから。

森山さんにそのお話をしたら、一緒に行ってくださることに。
ちょうど名護市と東村の境のあたり、オオシッタイ(大湿帯)の中に上山さんの工房はありました。数年前まで、電気も来ていなかったらしい。

今、ちょうど染料を作る時期で、刈り取られたばかりの藍の畑は、静かに整然としていました。
null

那覇の“てんぶす”で開かれる沖縄県の展覧会と、東京の展覧会が重なって、てんてこまいの忙しさなのに、上山さんは丁寧に工房を案内してくださいました。
沖縄の藍染めについては、私たちはまだまだ勉強不足、いずれきちんとお話できるときも来るでしょう。だから今日は、画像だけのご紹介です。
null null null null null null
若い人が、何人か働いていらっしゃいました。寝食を共にしているのかなあ。
「お弟子さんですか」
「ええ、でもみんな内地の女の子、ウチナンチュはなかなか続かない」
null

那覇の“てんぶす”にお伺いする約束をして、お忙しい工房を後にしました。

車の中で森山さんから伺ったはなし。

何年か前の新聞に載っていたはなし。
どうしても昔の藍の色が出なくて悩んでいた職人さんがいた。ふと、子供のころ聞いたおじいさんの言葉を思い出した。
「藍の肥料には牛フンをやるといいんだ」
そこでその通り牛フンを肥料にしてみた。そうしたら昔の色が出たというはなし。

そのはなしを伺って、なぜか思ったのです。藍染めだって、きっとあの戦争でズタズタにされたんだろうなあ。

僕:「森山さんは三線は弾かないんですか?」
森山さん:「弾かない」
奥さま:「お父さんは三線の先生だったのにねえ」
僕:「そうなんですか?」
森山さん:「ある時、兄貴が親父を民謡酒場に連れて行こうとしたのさ。そしたら親父は怒り出してさ」
僕:「え?」
奥さま:「お父さんは古典をやっていたんですよ」

むちかさん……

「今度来た時、森山さんの工房がヤンバルにできていたりして」
「半日で逃げ出したくなるさ」
沖縄にも当然いろんな人がいるのです。

森山さん。今日は本当にありがとうございました。