10年前に出版された一冊の詩集。

幼馴染のおさむちゃんの言葉。
「ああ、谷川俊太郎のパクリ……」
●●君の詩集<br />
(なんだか事情があって紹介できないらしい。結構気に入った詩集なのだが致し方ない。
amazonおまかせリンク情報その2。
(高山正樹担当)
この記事中の「谷川俊太郎」を、しばらくの間「敏太郎」にしておいた。
(ほんとは「三太郎」にしておきたかったんだが、「フジ三太郎」とかが出てくるという結果が見えているのでやめたのだ。)
当然のことながらサイドバーのamazonおまかせリンクには谷川俊太郎の商品は出てこない。
そこでいよいよ正しく「俊太郎」に直して様子をうかがった。
しかし、この記事だけを表示するようにしても、やっぱり谷川俊太郎はいっこうに現れる気配がない。
そのかわり、なんと「おそ松君」がリストアップされた。
うーん、わからん。
もしかすると検索ロボットは、おさむちゃんがおそ松君に似ているということを、どこかで知ったのだろうか。
amazonおまかせリンク情報その1を読む。

amazonおまかせリンク情報その3。
「おそ松君」以外は・・・
「君が思い出になる前に」(観月ありさ関係)がふたつと・・
「君は僕をスキになる」・・・・
わかった! タイトルの●●君の「君」の字、きっとそれがキーワードなのだ。
ということは、amazonロボットはタイトルしか読んでいない!!。
しばらくの間「●●君」を「●●氏」に変えてみる。20日9:59 実験開始!

amazonおまかせリンク情報その4。
20日13:00
何も変わらないから実験中止。「●●君」に戻します。

amazonおまかせリンク情報その5へ

» 続きを読む