null
新宿にある芸能花伝舎。
廃校になった区立淀橋第三小学校の建物に、いろいろな団体が入っているのです。
その中に三笑亭夢丸師匠が所属する落語芸術協会も、また日本音楽家ユニオンもあるのです。

いよいよぶち上げて…
と、思ったのですが、もうちょっとかかりそう。うーん、
ミステリィー、じゃねえよなあ。

問題は、お役所的な横柄さ、ですかな。
親方日の丸、そこらあたりの人間が反省しないと、つぶれちまうぜい!何が? 僕たちが。あーん、なさけないこと…
決して、落語芸術協会や日本音楽家ユニオンのことを申し上げているわけではありません。その背後にある影、そして……、なんちゃって、やめとこっと。

やることきちんとやんないとね、誰かさん。僕のこと? ますかよー(ウチナーヤマトグチ)。名刺を忘れる僕を叱る保幸くんでありました。でも、シッポは振りません。だって、シッポないんだもん。

枕はこれくれーにいたしやして、そろそろ本題に…
「テレビでお忙しかった頃、落語もおやりになっていたのですか」
「週に8本のレギュラー、落語をやる時間なんてありませんでした。もう、テレビは結構。落語だけ、やりたいんだ」
そういう夢丸さんのために、がんばろう。一歩一歩。「落ち」をつけるには、まだちと早い。
(文責・高山正樹)