泡盛は瓶の中でも熟成するらしいのです。本土に出荷して売れ残った泡盛が、不良在庫として返品されてくると、古酒(クース)を作りたくても場所がなくて作れない小さな沖縄の酒蔵元は大喜び、お酒を寝かしておく倉庫をタダで借りていたようなもの、返品された泡盛を、ちょっと味を調整して、古酒として売るのです。
しかし、やがて泡盛が瓶の中でも熟成するということが本土の酒屋さんにも知れ渡り、それから返品が無くなったとか。
今でもヤンバル(沖縄本島北部)の小さな酒屋さんなんかで、10年前の泡盛が埃を被って売れ残っていたりすると、大変なお宝を発見したってことになるわけです。

で、高山正樹は本日から沖縄に滞在ですが、奥方の実家で見つけたミニボトル、今は亡き義父様のコレクション。全て30年物の古酒であります。
null

二本ほど頂戴して、至福の時をすごしたのでありました。
さあ、明日からがんばろうっと。
(今日もまた、宇夫方路のフリして高山正樹が書きました。)