朝、太鼓のお稽古。だって来年優秀賞取るんだもん。

昼から踊りのお稽古。だって来年2月21日に沖縄で行われる最高賞以上の受賞者しか出られない舞台で踊らして貰うんだもん。

夕方4:30、沖縄テレビの部長、船越義輔さんに御挨拶。だって、「おきなわおーでぃおぶっく」を宣伝して貰いたいんだもん。
(実は、船越義輔さんは小説家船越義彰氏のご子息でいらっしゃいます。対馬丸を大城立裕先生と共に書かれた方なのです。義輔さんは大城先生のことを、僕の父親のような人だとおっしゃっていました。そして奇遇にも、義輔さんは東京の喜多見に住んでいらっしゃったことがあるのでした!)



そのあと5:30、NHK沖縄にも御挨拶。放送部長さんに会ってきました。NHKは宣伝なんかしてくれないけれど、だって大城立裕先生のご紹介なんだもん。

そして東京への帰途についたのでした。