過去の投稿

あなたは現在 2009年1月 の投稿をご覧頂いています。
チェ・ゲバラと金正男、ではありません。
null
サリーちゃんのパパでもありません。
キジムナーフェスタ(国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ)の照明総責任者、龍前正夫舞台照明研究所の大将、坂本義美さんです。

高山正樹は、坂本さんに大変世話になっています。役者だけではなかなか食えないわけですが、高山に娘が生まれた頃の生活は、ゴタブンに漏れず、とても厳しかった。そんな時期、照明スタッフの仕事をずいぶんとあてがってくださったのです。ご自分も元々役者でしたから、役者を続けているということに対してとてもリスペクトのある方で、龍前照明の現場には、隠れ役者が何人もいました。

同じ時期に沖縄にいれば一杯やろうなんていいながら、なかなかタイミングが合わず、そんならということで新宿で飲んだくれたのであります。

テーブルの上を見る限り、もう相当飲んでますね。いいちこは店の親父さんが坂本さんの顔見て、気利かせて持ってきた龍前照明の「ボトル」。みんな御免。飲んじゃった。

沖縄のこと、ふじたあさやさんのこと、なかなか面白い話が盛りだくさん、しかし簡単に公表できないことばかり。そのうち、さり気なく小出しにしてお話しします。

「なんだよ、役者やめちゃったの」
「いや、たくらんでますよ。その時は照明よろしく」

そうか、と、乾杯してるところを一枚。
null
でもグラス空じゃん。肴もないし……

この後、更に河岸変えて、さて、いったい何時まで飲んでたんだろうか。

» 続きを読む

1月27日火曜日: 事務所で密談(?)…

今日は、なかなか有意義な会議でしたね。珍しく。
ということで、記念撮影ね。

「写真、撮るんですか」
准と純
「どうせブログネタにするんだぜ」

はい、お疲れ様でした。

ところで、最近白石氏のブログがなかなか更新されないのですが、それはどうも准ちゃんのところへ神が降りてきているのが原因らしいのです。
つまり、自分はブロガーではなく音楽家であるという至極あたりまえのことに、白石准はあらためて気づいたということでしょうか。ファンとしては喜ばしいことですな。

なお、楠氏はお仕事でした。うらやましいねえ。
だけど「宮澤賢治考」、どうすんのさあ! もしかして、楠さんとこにも神様来てるの?


» 続きを読む

高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ