水才くんから居酒屋“あさの”へのお誘いメールが届いた。
浅野さん水才君

元日本チャンピオンの浅野さんは、3月7日(土)の後楽園ホールへ、水才くんの弟、光石君の試合を観に行くことに決めました。
土曜日だから店を開けない訳にはいかないと諦めていたのだけれど、やっぱりどうしても行きたくて、お店は奥さんや娘さんに任せることにしたのだそうです。

水才くんの妹さんがデザインしたポスターです。
水才くんの妹さんがデザインした光石君の試合のポスター
前にもご紹介しましたが、中真光石君は沖縄ワールドリング所属のA級プロボクサー、日本スーパーフェザー級10位の選手です。

画像ではちょっと分かりにくいので、ざっと内容を転記しますね。
17:30開場 18:00試合開始
中真光石 vs 阿部展大(角海老宝石ジム)
第1試合の開始が18:00です。中真光石は第3試合に出場予定。
チケットは¥10,000と¥5,000の席を御用意しています。
お問合せ 090-4918-8164(中真)
nakamasuisai@gmail.com

知らなかったのですが、チケット代がそのまま選手のギャラになるのだそうです。というか、それ以外に収入はありません。世界チャンピオンにでもならない限り、強いからといってボクサーだけで食べていけるわけではありません。つまりは人気商売。まさに興行です。弱くても、切符を大量にさばいてくれる強力な後ろ盾がいれば金になるということなのでしょう。なんだか他人事に思えないです。いくら芝居がうまくたって生活できない役者…
(だから亀田一家のような売り方も出てくるわけですね。)
逆に切符が売れない小さなジムに所属する強い選手は、なかなか上位ランカーが試合をしてくれないという事情もあるようです。だって、上位ランカーにしてみれば、試合をやるメリットよりも、負けるリスクの方が大き過ぎるのだから、やりたくない気持ちも分かります。
確実に世界チャンピオンになれる実力があって、お金があるジムなら、札束にものをいわせて上位ランカーとの試合を組んで、ランキングを上げていくということも出来るのでしょうけれど。
光石君のいるスーパーフェザー級は、今日本チャンピオンも東洋チャンピオンも最高に強い選手が君臨しているらしい。でも、なんとか頑張って(自分の力だけではどうにもならないこともあるのだろうけれど)いつか世界チャンピオンに挑戦する日の来ることを期待して、私たちも中真光石君を応援したいと思います。
3月7日の後楽園ホールにも、なんとか時間を作って行きたいな。

でも浅野さんは、後楽園ホールでは人格が変わるらしいから、声掛けられても知らんぷりしてよっと。
お店じゃあ温和すぎるくらいなんだけどねえ。
null