昨日の4月1日、山猫合奏団のブログのほうで、「多摩人」という地域雑誌に“どんぐりと山猫”が紹介されたことをご報告しました。
http://lince.jp/lince/topics…

今日も、K-pressというインターネット情報誌の取材がありました。やっぱり、このあたりの地域情報を発信しているメディアです。
取材されながら、むしろこちらがたくさんの地域情報をご教授いただくことになりました。

ここ一年で、やっぱり全国紙に掲載されないと、大きな効果はないと痛感しているのですが、しかし一方で、一歩一歩進んでいくしかないのだとも思っています。
喜多見のことも、世田谷のことも、狛江のことも、川崎のことなんか特に、まだまだ知らないことばかりです。

考えてみれば、例えば沖縄は130万県民。世田谷だけで80万人くらい住んでいるのですから、それに川崎や多摩地区を含めれば、その人口は沖縄をあっさり越えてしまいます。
沖縄を丹念に歩いているように、私たちの足元にも、もっと細やかに目を向けていかなければいけないのだと、あらためて思った今日なのでした。