過去の投稿

あなたは現在 2009年8月 の投稿をご覧頂いています。

8月20日木曜日: 球屋のママのパパは…

常連がベタベタしている店は居心地が悪い。常連が、一時の酒をあたかも上等な芸を味わうように楽しむ、そんな店は、一見(いちげん)で立ち寄っても心が潤う。なかなか出会える店ではないが。

あの、世田谷通り沿いの寿司屋にいた菊地さんには、ちょっとそんな雰囲気があったっけ。菊地さんと、食い物の話をするのは実に楽しかった。
「客に旨いと思わせるのは料理の腕だけじゃないよ。どうやってお客さんに楽しんでもらえるかだ。でも、そんなやり取りを楽しめる客は少なくなったねえ」
考えてみれば、うまいことおだてられていたということか。でも、それでかまわぬ。

例えば、コアな文学の話ができるとか、宇宙の不思議について語りだしたらとまらないとか、客に合わせてそんな会話ができる、重要なのは、この「客に合わせて」というところ。

この喜多見では、難しいのだろうと思う。きっとそういう店を成立させる客がいないのだ。客層が若いということもあるが、そんな若い連中をも虜にしてしまうような、かつてゴールデン街あたりにあふれていたコアな粋人たちが、ここ喜多見の夜にはいない。

勢い、店主は若者に合わせた顔を作る。

「銀座か赤坂あたりへ行くしかないね」
そんなこと言うなよ、つまらない。
あくまでも、郊外の住宅地に隣接する小さな商店街的一般論。でも諦めてはいない。何かひとつ転がれば、と思うのだ。可能性のある店は、たくさんある。

球屋のカテゴリ…
http://lince.jp/hito/kitami/tamaya…
地図はこちら…
http://www.ownmap.jp/map/kitami/shops…

null

10年後くらいのママが楽しみ。
沖縄のことを、こんなにもこだわっているM.A.P.なのに、球屋について突っ込んだ記事が書けないのは何故なのだろう。
例えば沖縄の三線。この世界だって単純じゃない。
null null
球屋のママのパパは、知念榮という人で、三線の最高師範なんだぞ、だからすごいんだぞなんて、そんなありきたりな紹介をするのは簡単なことだけど、それをしないのがM.A.P.after5の「こだわり」。深い話題があれば、いくらでも語れるさ、それが話してもいい深い話なら、だからそのうちね。

そのためにこそ、何かひとつ転がれば、と思うのだが。
それにしても、沖縄風ダイニング球屋なんていう店の名前にしているけれど、ママにとって、沖縄って本当は何なのだろう。

ずっと、泡盛飲みながら台本を読んでいた。今日は何故か12時閉店。ということで店を出た……
(文責:高山正樹)


今日の稽古場です。
今日の稽古場
学生さんたちがコロスとして舞台に立ちます。

大島君も稽古見参。チェロのちょっとした不具合を、応急処置してくれました。
見えますか、手前の2本の弦と駒の間の紙片。
応急処置したチェロ
大島純大先生に感謝。頼もしい助っ人です。

ふじたあさや氏にお借りした資料。
宮澤賢治の関係資料
これを読んだからといって、何かがはっきり変わるというわけではありません。でも、役作りには絶対に必要なものなのです。

と言うわけで、正式告知です。

東放学園専門学校照明クリエイティブ科演劇照明実習公演
(照明クリエイティブ科舞台照明コース卒業制作)
   ⇒東放学園専門学校照明クリエイティブ科の御案内
“無伴奏デクノボー奏鳴曲”
日時:9月10日(木)18:30開場 19:00開演
      11日(金)17:30開場 18:00開演
場所:グリーンプラザ府中 けやきホール(京王線府中駅徒歩5分)
   ⇒グリーンプラザ府中けやきホールの御案内

…という予定でしたが、東放学園専門学校で新型インフルエンザが発生したため、急遽公演の延期が決定しました。(9/7時点・追記)

新しい日程が決定いたしました。
http://lince.jp/hito…
(10/14追記)


料金:無料
作演出:ふじたあさや
音楽:林光
美術:東放学園専門学校演出デザイン科
照明:東放学園専門学校照明クリエイティブ科2LB
出演:M.A.P.(高山正樹・宇夫方路)
コロス:照明クリエイティブ科学生

演出家と俳優、また音楽・美術・照明などのプランナーはプロ、その元で、学生さんたちがスタッフを担当するというスタイルの公演です。
(私たちは講師の名札をぶら下げて稽古しています。)
null

料金は無料で、一般のお客様のご来場も自由です。
ただし、学校の授業の一環として行われる公演のため、管理の都合上、事前におおよその観客数を把握する必要があり、お越しくださる方は、できればご来場される予定者数を、M.A.P.関係者まで御一報くだされば幸いです。
 ⇒http://lince.jp/contact/feedback…
(決して厳密なものではありませんので、人数の変更や、急遽当日のご来場なども、特に問題はありません。)
皆様のお越しを、心からお待ちしております。

“デクノボー”というカテゴリーを作りました。
http://lince.jp/hito/dekunobo…
(“無伴奏デクノボー奏鳴曲”のMakingカテゴリですね。)

山猫合奏団Blog“宮沢賢治考”
社長とは呼ばないで“宮澤賢治がいる”

  


高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ