いよいよ、本番用の道具を使っての稽古開始です。
null null

実際、宮澤賢治が使用していた火鉢を復元しました。
null

null

「セロは覚えたて?」
「わかります?」
「そりゃわかるわよ」
「(落ち込む)……。」
「どうしてセロやろうと思ったの?」
「それはあの……今度宮沢賢治さんを芝居にしたいと思いまして。それには、賢治さんの好きだったチェロを、弾けるようになりたいと思って……。」