過去の投稿

あなたは現在 2009年9月 の投稿をご覧頂いています。
大島純氏は満足して、駅前でちょうど来たタクシーを捕まえて帰っていった。
オイラだって腹一杯なのに、何故かついついLa_Portへ。キラキラ光るネオンに、まんまとやられてるのかもしれない。30年近く前に見た、東京キッドブラザーズの舞台を思い出すんだな。

最近、角瓶ばかり。頼むと、たいがいマンマがそっとサミットへ買いに出る。というわけで、いつも封を切り立ての角にありつける。なんでそういうことになるのかというと、オイラが来ないうちにムッシュがみんな飲んじまうから。なんだかムッシュのために注文してるみたいなもんだなあ。

そこへ、スッと美女ひとり。

はじめてじゃあないかもしれない。でも今まで話したことはない。でも今日は、こっちがチェロの話なんかしていたからだろうか、なんとなく話が始まった。

飲み屋で会った女性の素性を、ブログなんかに書くもんじゃない。普通はさ。でも、あんまりいろいろと接点があって、紹介しないわけにはいかないのさ。

玄明玉……、クラクラする名前だぜい。
null null

彼女、沖縄芸大で祖堅方正氏にトランペットを習った。
祖堅方正氏は元N響の主席トランペット奏者。後を津堅が継ぐなら、俺は辞めてもいい、そういって津堅直弘氏にその座を譲った。
沖縄のラッパのレベルが高いのは、このおふたりの功が大きい。
白石准は津堅氏お気に入りのピアニスト。玄さんは白石准のことを知っていた。
 ⇒関連記事を読む

こんなブログを見つけたぜい。
 ⇒津堅直弘氏行きつけの沖縄の居酒屋「山将」のブログ記事

玄さんは、今だって沖縄が大好きなのだ。だけど沖縄を後にした。その理由は……、さあね。

彼女は今「ミュージシャンズ・パーティー」という企画プロダクションで働いている。
 ⇒http://www.musiciansparty.jp/wp/mp/blog
扱っている演奏家はヴァイオリンの石田泰尚、ヴィオラの鈴木康浩、そしてチェロの山本裕康というお三方。
白石准も、ヴァイオリンの石田氏とは何度か共演したことがある。

実はこの石田氏、今年の春のしんゆり芸術祭にも参加していた。
null

「来年は?」
「できれば参加したいんですけどねえ」

どこかで、何か一緒にできないのかなあ、なんて。
お洒落の加減が違いすぎるってか?
「ムッシュ、グラスホッパーをひとつ、そして彼女にはカシスソーダを……」
「アホか」(ムッシュ)
カシスソーダの話を読む
放送前。
打ち合わせ中……
null

本番直前……
null

本番については“山猫合奏団Blog”にて……
http://lince.jp/lince/topics/fmtuyama…

お疲れさんは“重味”というお店へ。
null
“魯園菜館”“はん家”の間にあるお店。
喜多見情報の地図を見る

ちょいと高級そうなお店。
こんな時じゃなきゃなかなか入れません。えいやっと度胸を込めて中へ。
null null

外見の印象ほど高くはありません。
料理は大変おいしい。
null null
たまご一杯プリプリ。
null null
うまい!
最後は冷やしうどんでシメました。大満足です。

若旦那のお嫁さんです。幼馴染らしい。
null null

「このお店、敷居高いよね」
「そうですよね。あたしも最初来た時はそう思いました。」

このお店が出来たのは6年ほど前、でも彼女がお嫁さんでやってきたのは2年前、今の旦那さんと再会して、最初はお客さんとしてこのお店にやって来た。

「でも、そんな高くないですよね」

なかなか元気がよくて、素敵な若奥様でした。
今度はカウンターに座って、旦那様とお話しながらおいしいお料理を頂きたいと思います。

大島くーん、また一緒に行く?

ゴーヤーの雄花がいっぱいさきました。
null null
長男ゴーヤー、もうこれ以上は大きくならないのかなあ。

それにしても収穫するタイミングがわかりません。

やっぱり、いくら追肥しても、やっぱり土が少なすぎたのでしょうか……
null
明後日のゴーヤーへ

そして100店シリーズの新刊が入荷しました。
まずは“プチリゾート宿100”
null

そして別冊シリーズで“バスめぐり南部の旅”と“おきなわのうれしい手みやげ”
null null

この新しい3冊は、今までとちょっと違って、沖縄県外の読者を意識しているようですね。さて、これが吉と出るか、あるいは……、なんて、そんな他人事みたいなことを言っていてはいけませんねえ。なにしろ、沖縄県外でこの100店シリーズを扱っているのは私たちM.A.P.だけなのですから。
要するに、ジワジワと100店シリーズが全国区になってきたということなのだと思います。
皆様是非ともM.A.P.販売サイトでお買い求めくださいませ。
http://www.ownmap.jp/article…


喜多見のメインストリートを、北へ向かうと、右手に魯園菜館、はん家、その先の左には球屋とキャッツアイ、さらにその先、突き当たる直前の左側に、数ヶ月前にリニューアルした焼き鳥屋さん“とり井”があります。
 ⇒〈参考〉喜多見飲み処情報のページ

null

実は、リニューアルした直後に一度来たことがあります。その時の印象は、外で修行していた息子さんが帰ってきて、息子さん好みの店に変えたけれど、新しいお洒落がまだまだ板についていないという感じでした。お客さんも息子さんのお友達のようにも思われたし、特に傍らで静かに焼き鳥を焼くお父様は、着せられた真っ白な仕事着に、何だかとまどっていらしたように見えたのです。お母様はとても気さくな方で、でもやっぱりごく普通の居酒屋さんの方が似合うような雰囲気で、できればリニューアルする前に来てみたかったなあと、勝手なことを思いながら店を出たという憶えがあります。

それからあと、深夜お店の前を通ったりすると、お父様がひとり後片付けをしていらっしゃったりして、ずっとこのお父様のことが気になっていたのでした。

昨晩、ちょっと時間に余裕ができたので、新規居酒屋訪問ということで、久しぶりに“とり井”へお邪魔してみることにしました。若干の不安を抱えながら。
お店は混んでいました。でも前回のように、お店の方の知り合いという感じはありません。もちろん、前回来た時だって知り合いのお客さんではなかったのかもしれないのですが、一見さんにそう思われてしまうかどうかが問題なのです。いったい何が違うのでしょう、だから今日は、すっとカウンターに座ることができました。

不思議なものです。そうすると、料理をきちんと味わうこともできます。
null
うん、おいしい。

波照間の泡盛がありました。あの花酒ではなく、「海波」というにごりの泡盛です。
カメラを構えると、息子さんは気をきかしてサッと身を引こうとしたので……
「そのまま入っててよ」
そうして撮った画像です。
海波

「実はいっぺん来たことがあるんだけどね」
「憶えてますよ。開店したばかりのころですよね」
「へえ、憶えてるんだ」
「時々遅い時間にこの前を通られますよね。ずいぶんおそくまで仕事されてるんだなあって思ってました」
「たいしたもんだな」

息子さんがちょっと奥へ行かれたとき、お父様に声を掛けました。
「自慢の息子さんですか」
「もう時代が違いますから、息子の考えに任せてます」
「炭火にしたのも息子さんのアイディアですか」
「炭がこんなに熱いものだとは、もうびっしょりですよ」
「ダイエットになりますね」
そこへ戻ってきた息子さんが
「だめですよ。仕事の後、夜遅く食べちゃうんですから」

もしかしたら、お父様としたら、ほんとうはまだまだ納得のいかないこともあるのかもしれません。でもこのふたりなら、それを乗り越えて、もう一年もしたら、とってもいいコンビになるんだろうなあと、とっても楽しみになってきました。
きっと、このお父様とハナシがしたくていらっしゃるお客様もいるに違いない。だって、やっぱり人間としての年季が違うのだから。そのことに、息子さんがいつでも、いつまでも気配りできていれば、“とり井”は絶対に素敵なお店になります。

「おふたりの写真を撮らせてくださいよ」
躊躇したのは息子さんでした。なんでも、ふたりで写真を撮ったことなんか、もう何年もないらしい。なんだか恥ずかしいなあなんて。
null
大丈夫、ふたりとも素敵なお顔です。特に息子さん、今日一番の顔ですよ。開店間際の、あの頃の顔とは全く違う。

ちなみに、お父様のお名前は道夫さん。で、息子さんのお名前が道さん。「道」と書いて「とおる」と読む。

「早く嫁さん貰って欲しいんですよ」
でもそれって、自分の名前から「夫」の文字を抜いたお父さんの責任じゃないかしらん? なんてね。

今日は、最初に焼き鳥(豚)をたっぷり食べちゃったから、道君自慢の料理をあんまり頂けませんでした。また来ます。そしてその時は、ちゃんと食べて紹介しますね。

というわけで、親子にまつわる過去の記事を今日アップしました。
道君、その記事も、どうか読んでみてください。
 ⇒詩画集と「房指輪」の謎解き(8/23)


高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ