ともしびが欲求不満だったというわけではないのです。でも、ともしびから帰ってきて、それからまた仕事をしていたのです。

0時を回って25日。
深夜だというのに。
null
スナック“ぎま”でゴーヤーチャーハン食べてる女。
null
島の歌を歌っているママ。
null
酔っている男は小金井芦晃スナッピー浅野
null

さあ、もうそろそろお開きにしましょ。
そしてそれぞれの夢を見るのです。
null
「あたしは夢なんか見ないわよ、おなかいっぱいなんだから」