再び、京都へ。
null

今、京都は、雪です。
雪、見えますか?
null
この道の向こう側には、鴨川があります。
null
30年ほど前、深夜、したたか飲んでここで泳ぎ(溺れ?)、同志社大学の教室に忍び込んで机を並べ、その上に新聞紙を敷いて寝たのです。

雪は、どんどんと降ってくる。
null null
今にも咲きそうだった桜の蕾たちが震えています。

こんなお店を見つけました。
京都の古地図

中国菜“燕燕(えんえん)”
null
料理は、説明し難き旨さ。これから、必ず毎回訪れよう。

注文した酒は……
泡盛

何故、紹興酒を頼まなかったのだろう。

過去からも、仕事からも、そして沖縄からも、なかなか逃れられないらしいのです。
(高山正樹)