3月3日のひな祭りの日に、桜井氏に連れられて初めて行った出町の幸神社。それから3月30日にゆっくり再訪して記事を書いた。さらにそのあと、この幸神社について興味深いことがわかったので、昨日また行って写真を撮って3月30日の記事に追記した。
今朝、さらに確かめたいことがあって、散歩がてらに行ってみたのだが、もう8時だというのに、まだ閉まっていた。
null
神主さんが普通に生活していらっしゃるので、門が閉まっていても何の不思議も無いのだが、でも御近所には、朝の6時くらいからお参りしたいと思うお年寄りだっているのではなかろうか。

昨日のこの神社でのことである。やさしい関西弁を使う二十歳前と思しきカップルがいた。偏見かもしれないが、大阪っぽくはない。地元京都の若者かなとも思ったが定かではない。小耳に挟んだ二人の会話から、男性が彼女をここへ連れてきたらしいのだが、カメラをあちこち向けていたところを見るとさほど詳しいわけではなく、裏の暗がりにいる猿の存在も、彼は明らかに知らない。狭い境内を一巡りすると、彼女に先立ってサッサと門から出て行こうとしている。その彼を追う彼女が僕の側を通ったその時、僕は彼女に、「この神社に秘密の猿がいるの知ってる?」と声を掛けてみた。
「え?知りません」
「すぐそこだから、ちょっと来てごらん」
そうして、かの女を案内して、左甚五郎の猿を指差して教えてやった。
「あ!本当だ、すごい!」
僕はそのまま門へと歩き出す。すると背後から、すでに門の外に出ている彼に向かって彼女の声がした。
「ねえねえ、ちょっと来て」
彼は詰まらなそうに振り返る。この距離だから、彼には僕と彼女のやり取りは全て聞こえていたはずなのである。でも、よく分かるんだよな、こういう時の彼の気持ち。僕も男だから。ともかく僕がすべきことは、二人には何の興味もないというフリをして、そそくさとこの場から消えてやることである。それが彼のため。でも、ほんとはすごく興味あるんだよねえ。そのあと、ふたりの間でどんな会話が交わされたのか。
もしこの記事を彼女が読むことがあったなら、是非ともコメントしてね。でもそんなこと、あるわけないやね。

お昼は豚カツ玉子とじ。
null
分かっていたのです。カツが出し汁の中で泳いでいる。やっぱりちょっと苦手かな。親子丼も同様ですが、あちらは関東の親子丼とは別物だと思えばそれなりにいけるのです。でもカツの方はなんとも。衣がべちゃべちゃというのが頂けません。

“出町ふたば”という和菓子屋さん。相当有名なお店らしい。
null
豆餅が有名。
null
うまいけどね、他のお店との違いがよく分からない。
月を見つけた。そういえば、近頃月を見た覚えが無いなあ。
null
何の意味もないのだけれど、月を撮ってみた。
null
晩飯は、気に入った今出川の“わびすけ”で。
null
明日、早めに帰ることにする。