過去の投稿

あなたは現在 2010年10月 の投稿をご覧頂いています。

10月 9日土曜日: 身体メンテナンスゲーム

夢丸さんの独演会から戻って……

減塩しょうゆ。オニオンスライス。
null
鰹節はプリン体の含有率がものすごいんですけどね。それは気にしない。

メインディッシュは湯豆腐。
飲む酒はワイン。ワインはプリン体なし。一貫性なし? いいんです。ゲームだからね。

ただ夜遅いのが気にかかる。健康ゲームをやる時間じゃないよねえ。健康のためにはゲームをしちゃいけない時間だ。



夢丸師匠は晴れ男だというのに、今日は朝から雨である。
喜多見駅前も雨
東京文化会館の日も雨だった。角筈の公演の日も台風が近づいてきていたが、しかしその日は、開演時間には真っ青な空が広がった。さすがに晴れ男、夢丸師匠、完全復活と喜んだ。しかし……
null
20回続けてきた独演会だが、今回を最終の会にする、そう伺っていた。その最後の独演会を見とどけるために、雨の中、国立演芸場に行った。
null
お客様方に配られるプログラムには、今回を最終の会にするに至った事情などが、「ご挨拶」の中で綴られていた。
null
null

「突然」「癌細胞」「目の前が真黒」などなど、ただならぬ恐ろしい言葉が並んでいるが、手術も無事終わり、退院してから後もかなりの数の高座をこなしていらっしゃるのだから、文章は飄々としていて、もうゆっくりしろという神様の思し召し、後は好きな落語を好きなようにやりますと締めくくられている。

たくさんのお客様がお見えになっていた。
終演後続々と会場から出てくるお客さんたち
奏楽舎の面々(大島・桃原・宇夫方・高山)雁首そろえて楽屋に顔を出すことにした。
楽屋口から入ったところにあるお稲荷さんの神棚
楽屋の前では、たくさんの人が夢丸さんに会うために行列を作っていた。僕らはその行列がなくなるのを待った。

「お疲れ様でした」
「ああ、気楽に話せる連中が来た」
その師匠の言葉がうれしい。

定期の独演会は終わったのかもしれないが、夢丸師匠と我々との、気楽な「夢」のコラボは終わらない。どこまでやれるか、せいぜい楽しませていただこうと思っている。
「夢」の字
次の記事へ

» 続きを読む

昨夜の鳥力中央研究所で高田君に貰ったのがこれです。
韮と茄子と栗
高田君の御実家から送られた野菜のお裾分けです。
なーす!
茄子

くりー!
栗

にらー!
韮

アップ。にらー!
韮のアップ
しつこいですか? だって嬉しいじゃないですか。

茄子は醤油も塩もなしで焼いて……
焼き茄子

韮は豆腐と一緒に極薄味のお吸い物……
豆腐と韮のお吸い物
……と、おひたし。調味料は柑橘系のみ。
韮のお浸し

そして納豆ご飯。
納豆御飯
納豆はプリン体いっぱいなんですけどね。プリン体の含まれない食べ物なんて滅多にないのだから、問題は総量です。要は健康的に食べること。これ、健康ゲームの正しい戦略ですな。病気が発症してしまうとそうはいかなくなる。これも禁止あれも禁止、そうなると、弱い人間は、ゲームなんて言ってられなくなっちまうんだろうな。

で、こんな感じ。
今朝の御食事

そして食後のデザート。
蒸かしたての栗

ああ、おいしかった。高田君、ありがとう。

なんか、秋ですなあ。
だから健康ゲームのサブカテゴリを作成しました!
今日は夢丸さん最後の独演会です。

高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ