過去の投稿

あなたは現在 2011年1月 の投稿をご覧頂いています。

1月 9日日曜日: ムーチーを食べました


《高山正樹》
午後の今頃になって、昨日自転車で転んであちこちぶつけたところが痛くなってきました。もう仕事やめて帰ろうっと。だいたい今日は日曜なんだしね。
でも、性懲りも無く、自転車乗って帰るのです。

途中、多摩川に掛かる橋から、多摩の横山を撮影してみたのですが、曇っているのか靄っているのか、よく写りませんでした。
null

《宇夫方路》
今日は関りえ子琉球舞踊研究所の稽古始め。
関先生がムーチーを持ってきました。
null
ムーチーはカーサ(月桃の葉)に包んで蒸します。
「昔はもっと大きかったよね~」と、ウチナーンチュの皆さん。
最近は大きな葉っぱが少なくなってきて、それにつれてムーチーも小さくなっているそうです。
ムーチーの日には少し早いですが、稽古前にみんなで頂きました。
null
※みんなが小さくならなくてもいいでしょうに……(高山)

伊計島にはこのカーサムーチーの風習がないのだそうです。伊計島は沖縄本島中部勝連半島の東にあるいくつかの島のひとつで、本島から見て一番奥にある島です。今でこそ「海中道路」が島々を繋いで、伊計島も本島と車で行き来できますが、昔はもちろん船でなければ渡れませんでした。そのため、カーサムーチーの風習が伝わらなかったんだそうです。ひとつ手前の島ではあるのにね、と伊計島出身の関優子さんが言ってました。

石川市(現うるま市)出身の佐藤さんは、小さい頃遠くに見えた伊計島は、てっきり無人島だと思っていたのだそうです。

《高山正樹》
「ムーチーの日」は旧暦の12月8日です。去年は1月22日がそれにあたっていました。その日の記事に「鬼餅」のことを詳しく書いてあるので、どうか読んでくださいね。
 ⇒R-16的「【鬼餅】のはなし

その他にもムーチー関連の記事はいくつかあります。
 ⇒沖縄通信no.3
 ⇒月桃の使い道
 ⇒金城さんが作ったムーチー
※ムーチーのカテゴリ、作ったほうがいいのかなあ……

昨年、“この日何の日沖縄篇”というカテゴリを作って、一年間で主な沖縄の行事を全部紹介しようと企んだのですが、後半息切れしてしまいました。今年あらためて仕切り直ししようと思っているのですが、今年の旧暦の1月1日は2月3日です。それまでにどうしようか考えることにします。

ともかく沖縄のムーチーの日は、新暦の年が開けてから行われ、さらに大和の餅のイメージもあって、僕なんかずっと正月の風物詩みたいに思っていました。でもムーチーは「師走(シワーシ)ムーチー」ともいうように、本来は年の暮れの行事なのです。

さて今年の(というか去年かな)旧暦12月8日は1月11日、つまりあさってです。さてその日に昨年の「この日何の日沖縄篇」の締めに「ムーチーの日」のことを書くかどうか、只今思案中です。


《1月9日(日)》
このブログが、居酒屋情報になるのは避けたいが、喜多見情報を充実させることに異論は無い。
前から気になっていたお店“らりゅぬ”だが、ついに、まずはランチでM.A.P.after5初御目見え。
らりゅぬ
(とりあえず画像を数枚……)
手作りパン 豚 鹿 鹿はレアーで
このブログはなんてったってM.A.P.after5である。単なるお料理紹介で終わらせるわけにはいかないのだ。だから、まず嫌がるオーナーシェフを無理やり登場させるところからスタートである。
“らりゅぬ”のマスター
(記事は後日ゆっくりと書く。)


高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ