東北地方太平洋沖地震が発生するまで、あと4日……
実はこの記事、東日本大震災から一ヶ月以上経った4月14日に書いている。3月7日のことを思い出そうとしながら。
このM.A.P.after5というブログは、今のことを今書かない。ブログとしては、まったくもって反則である。記事を書いた実際の日はいつなのか、大地震が起きる前の日(3月10日)までに書いた記事については、アップした日付順のリストを作った。
 ⇒アップ順の記事リスト

そのリストによると、僕はこの日(3月7日)、2月15日の記事を書いていたらしい。
 ⇒「枡形城・落日の舞い」妄想演出ノート

その中で、僕は元暦2年7月9日に起こった大地震のことに触れている。そして、さらにこう書いた。

「源氏の後に権力を握った北条にとって、頼朝の死の原因は「平家の怨霊」であってくれる方がいい。そうすれば自分たちに責任はないと澄ましていられる。怨霊を鎮める役割は、盲目の琵琶法師に任せてある」

なんだかなあ……

今の僕の頭の中は、二重の過去の記憶と、現在と未来が交錯して、なかなか整理がつかないでいる。

だが、それについては此処ではこれ以上語るまい。この日(3月7日)は、もう少し分かっているような気がしていたのだ。今のこの記事には、3月7日のことだけを書けばいいのだ。

しかし、思い出さない。

この日、八王子へ山猫合奏団の合わせに行ったと、僕のスケジュールを管理する宇夫方女史の手帳にあるから、きっとそうなんだろう。白石准も3月7日のブログに、なんだかいろいろと書いているから、きっと宇夫方女史の手帳は間違いない。
 ⇒http://juninho.blog16.fc2.com/blog…

しかし、山猫合奏団の合わせと、「妄想演出ノート」を書いたのと、いったいどっちが先だったのか、ちっとも思い出せない。

この日あたりから、きっと僕の体内時計が狂い始めていたのである。
(この記事は、4月14日12時30分、高山正樹が記す)
次の記事へ