昼過ぎから昭和音大で5月1日の公演の打ち合わせ。
“アルテリッカしんゆり2011”の音楽部門のプロデューサーである熊谷仁士さんが、まるで山猫合奏団ののマネージャーみたいな雰囲気で同席してくださった。熊谷さんは元東京交響楽団の副楽団長という方。なんだか申し訳ないやら有難いやら、不思議な感じなのである。
null

山猫合奏団の単独チラシ。

絵と題字は今回も宇夫方隆士氏にお願いしたが、それに金色の丸(まるで月のようだ)を追加したのは熊谷仁士さんのアイデアである。とてもいい感じ。


夕方から、今日も事務所で練習だった。
null
[subcate.山猫合奏団]

東日本大震災から40日目、相変わらず余震が続いているけれど……
null
この次の記事へ