過去の投稿

あなたは現在 2011年7月 の投稿をご覧頂いています。

7月 1日金曜日: 女ふたりの打ち上げ

《7月1日(金)-5》
《宇夫方路の報告》
久しぶりに田中きとみさんと会いました。

6月4日の公演で使用した衣装の費用などの清算をしながら、軽く打ち上げをしましょうということになったのです。きとみさんは明日の朝が早くて寝不足になるとつらいからということで、私の仕事が終わってすぐ始められるように喜多見まで来てもらって、さっと飲んでお開きにそましょうという予定だったのですが。

鳥力中央研究所に行ったら、まだ炭を起こしているところ、こんな早い時間に来たのは初めて。焼きものの準備ができるまで、まずはビールとから揚げを頼んで「おつかれさま」の乾杯をしました。

今の関りえ子琉舞研究所のメンバーの中では、きとみさんと私が一番の古顔。でも、考えてみたら二人だけで飲んだのは初めてかもしれません。

炭が起きれば焼き鳥や焼き野菜を頼み、お酒はキープしてあった一升瓶の泡盛。6月の公演のこと、稽古のこと、踊りのこと、8月のイベントのこと、話しが尽きなくなりました。

と、「どうぞ」と味噌汁が出てきました。
null
おやまあ、もう11時近い。6時前にお店に入ったんですから、もう5時間も居座っていたわけね。
null

たくさん食べるわけでもなく、キープしてあったお酒をひたすら飲んでしゃべって、あんまりいいお客じゃなかったですね。高田君ごめんなさいね。

でも、とってもいい打ち上げになりました。


7月 1日金曜日: (備忘録暫定記事)

《7月1日(金)-4》

宮台真司ボットより。
「ヒトの寿命は短い。だからモノが刻む歴史が一回的に感じられる。
私たちはそこに、人生の時間ないしヒトの尺度の中では、二度と繰り返しを見ることがないモノの歴史を見出す。入れ替え不能なのはヒトでなく、むしろモノなのだ。」

相変わらず分からない文章……。

僕も少し、ややこしい話をしてみたいと思う。

でも後日。

null

7月 1日金曜日: 2011年7月1日その3

《7月1日(金)-3》

喜多見の新しいお店でお昼。
null

宇夫方路の注文~
“プロヴァンス風ゴロゴロ野菜のラタトゥイユ”
null
“ノルウェーサーモンのポワレ、ラビゴットソースで”
null
“クレーム・フロマージュ”
null

高山正樹の注文~
“スパイスを効かせた塩漬け豚とキャロット・ラペのサラダ”
null
“仔羊のソテー、黒オリーブのタップナードソースで”
null
“桃のグランテとパイナップルのマリネ”
null

前菜とメインディッシュとデザートは組み合わせ自由。
つまり宇夫方路と高山正樹は全く好みが合わないということ。

感想は後日。


6月16日にゴーヤーの種から顔を出した芽がだいぶ伸びてきた。
null
かわいい2009年に実ったゴーヤーの孫からも芽が出た。
null

今日は7月1日なのだ。だから今年も頑張って育ててみることにした。そして、まずは小さなプラスチックの鉢に植えてみた。
null

去年の7月1日には、もう花がたくさん咲いていたっけ。そして、あの正体不明の連中が現れた日だ。
 ⇒2010年7月1日:正体不明の生き物が生まれた日
だから、なんだか今年のゴーヤーが不憫で仕方がない。「ごめんな」なんて声を掛けてみたりして。

今年の栽培日記のカテゴリを作ることにした。

我が家の三匹の猫に加えて、またひとつ、東京から逃げ出すことを妨げる足かせを作っちまった。
ちゃんと食べられるゴーヤーが実ってくれるだろうか。そのころ我が家と会社とこの国は、いったいどうなっているんだろう。
 ⇒2011年最初のゴーヤー栽培記の記事


東日本大震災から113日目。

「現代思想」の5月号。
null
ツイッターの「宮台真司ボット」で「党派的なヘタレ左翼雑誌」と揶揄されている。
「うしろめたかったりイケてなさに打ちひしがれたりする大学教員が、仲間はずれが嫌で『弱者の味方』自己イメージを交換して、左翼的コミュニケーションの接続を自己目的化する」
……ということらしい。

それを知った上で。

柄谷行人「地震と日本」より……
「ゆえに、世界資本主義は二、三〇年のうちに存続することができなくなるだろう。しかし、資本主義の終りは、人間の生活の終りではない。資本主義的な経済成長や競争がない状態でも、人は生きていける。というよりも、そのときに初めて、人は真に「生きる」ことができる。もちろん、資本主義経済がは簡単に終るわけではない。それに抵抗して、諸大国は資源や市場をめぐって争うだろう。しかし、私は、日本人は二度とそのような道を選ぶべきではないと考える。今度の地震がなければ、日本人は「大国」を目指して空しいあがきをしただろうが、もはやそんなことを考えられないし、考えるべきでもない。地震がもたらしたものは、日本の破壊ではなく、新生である。おそらく、人は廃墟の上でしか、新たな道に踏み込む勇気を得られないのだ。」
(For this reason, global capitalism will no doubt become unsustainable in 20 or 30 years. The end of capitalism, however, is not the end of human life. Even without capitalist economic development or competition, people are able to live. Or rather, it is only then that people will, for the first time, truly be able to live. Of course, the capitalist economy will not simply come to an end. Resisting such an outcome, the great powers will no doubt continue to fight over natural resources and markets. Yet I believe that the Japanese should never again choose such a path. Without the recent earthquake, Japan would no doubt have continued its hollow struggle for great power status, but such a dream is now unthinkable and should be abandoned. It is not Japan's demise that the earthquake has produced, but rather the possibility of its rebirth. It may be that only amid the ruins can people gain the courage to stride down a new path.)

(※なんで英文を併記したのか。もともとこの論文がアメリカの新聞のエッセイ用に書かれたからということもあるのだが、それだけが理由ではない。それはまたいずれ別途記事で。)

きっと、今日7月1日は、株式会社M.A.P.にとって特別な日だ。しかし何がどう特別なのか、はっきりしない。色々と変わった。でもそれを言うつもりは今のところない。問題は具体的な事象の陰に隠れている本質的な変化なのだが、どうもそれを説明するのが難しい。だからそれを匂わすような話題をいくつか並べて見ようと思っている。

浜岡原発が止まった影響がトコロテン式に関西に及び、関西電力も節電をと言い出した。大阪の橋下知事が原発の必要性をいうための脅しだと怒った。そして在阪の2.000社に向けて「事業活動に影響を及ぼすような節電はお願いしない」というメールを送ったという。

【そこで呟いてみた……】
12:57
電力会社の陰謀による節電は拒否だが、事業活動に影響を及ぼすような節電こそ日本に必要な根源的転換。その意味では橋本知事も所詮同じ穴の狢か?


なんとも関心しない呟きである。「事業活動に影響を及ぼすような節電こそ日本に必要な根源的転換」という言い方が全くなってない。なんのことだかさっぱりわからない。「同じ穴の狢」もダメだ。「同じ穴」ってどんな「穴」なのか。このどうしようもない呟きは、流れてきたツイートの返信として呟いてみたものだが、当然こんな僕の「呟き」に反応があるわけもない。

「実験結果報告:社会的に無名の輩が、ツイッターというシステムを使ってややこしい思いを伝えることは困難である」

何を言ってるんだか。

今日から、事務所の冷房をやめる。どこまでやれるものだか、これも実験である。幸い十数台あるPCだが、よほど状況が変わらない限り、今後は20%程度の稼働率。つまり3~4台しか使わない。作業する人もそんなもの。数ヶ月前のように十数人がすし詰めでPC使って仕事をしていればこうはいかない。「事業活動に影響を及ぼすような節電こそ~」と簡単に呟いて平気なのは、こういう事情があったからである。もしもM.A.P.の業務実態が昨年度と比べて何の変化もなかったとしたら、「日本に必要な根源的転換」なんて能天気なことを簡単に言えたかどうか、しかしその事は考えないことにした。個人事業を会社にした時からずっと、実はこの状態を目指していたのではなかったか。いや「そうだった」と思い込むことにした。

僕は“M.A.P.after5”と同時に“社長とは呼ばないで”というブログを立ち上げたのである。
 ⇒社長とは呼ばないで「公開して後悔して、分裂して」

この会社の状況変化は、誰の所為でもなく、この僕が希望したものなのだ。今日、そう、決めたのである。

これから、2011年7月1日の記事を別途にいくつか書く。が、どうやらいっぺんには書き切れそうにない。だから、これから何度も2011年7月1日に立ち返って、いくつかの記事は追記しては再投稿することになるだろう。


《6月30日25時》
飲み足りなくて……
null null

小腹が空いて……
null

後日書きますが……

新しく“花水木”のカテゴリを作りました。
 ⇒[subcate.花水木]
“ムッシュとマンマ”のカテゴリを作ったことだし、ならばと“JINとかおる”のカテゴリも作っちゃいました。
 ⇒[subcate.JINとかおる]
そして、“JinDanceFactory”と“MIRROR_BALL”と新しい“花水木”を“JINとかおる”の子カテゴリにしました。

いったい何をチマチマとくだらないことをやっているのかなんて言わないでください。色々と整理をして、全てのシステムを変えようと目論んでいるということなのですから。


高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ