過去の投稿

あなたは現在 2011年11月 の投稿をご覧頂いています。

11月 8日火曜日: 美しさを基準にして

《8月22日(日)》
あの大震災から165日目……

【この日呟いたこと……】

11:54
原発推進への流れ。たいして考えもせず、面白おかしく菅直人批判を繰り返していた者たちも、やがて後悔するのだろうか。いや、しないな。やっぱり原発は必要だとか言い出すのだろう。たいして考えもせず、自分が間違っていたと認めたくないばかりに。

12:04
夏風邪だと思うのだが、喉の痛みがずっと消えない。周りにも数人。海外移住を決めた友は間違いなく被爆症状だというが、証明することは不可能。カントは神がいるかいないかは証明できないことだと「純粋理性批判」の中で論じた。反原発か否かが宗教戦争の様相を呈するのはきっとそういうことだ。




それでもカントは、その「実践理性批判」において神の存在を信じるべきだとしたのである。だがその範をもってしても、俄かに反原発か否かを決することなどできはしない。ただ僕は、カントが「純粋理性批判」と「実践理性批判」を結ぶものとして「判断力批判」を著したということを想っているのだ。論理から実践への道は、美的判断によってのみ開かれるということ。もう30年も前に読んだ哲学書。
null
 
今は無き尊敬する演出家加藤新吉氏とのやり取りをふと思い出した。
「高山さん、あなたは、花を美しいと感じたことがありますか」
「僕には、どうやら花の美しさを判断する能力が欠如しているようです」

でも今の僕は、自然の景観の中に突如建ち上がる原発の異様な姿は、美しさから対極にある存在だと判断しているのである。


《8月21日(土)》
あの大震災から164日目……
宇夫方女史は川崎市幸区の小倉神社のお祭りで踊っている。
琉球舞踊専用ブログの記事
M.A.P.after5には“川崎市”のカテゴリがあるのだから、こっちでも何か書かなければと思うのだけれど、さてどうしようかなと考えている。
《アーカイブ》
  ⇒雌花と小倉神社の夏祭り(2009年8月22日)
  ⇒琉球舞踊専用ブログの記事(2010年8月22日)
2010年の時は、M.A.P.after5の方には全く書かなかった。文字通り“後の祭り”。

【この日呟いたこと……】

16:54
一切塾など行かず高校と大学に入り、大学は3年の時にたった一社だけ受けた会社からあっさり内定を貰った息子と、一人京都で最低限の仕送りで学生生活を続ける娘。親がなくても子は育つ、というか、親があっても子は育つというか、誇りと、そして感謝。

17:00
親が子供を思う心なんて、そんなナイーブな話じゃない。様々な情報を自分なりに調べ、分析すればするほど、事態は切迫している。3月末に開いた家族会議を再び開こうか。そして西へ、南へ、の方策を本気で練ろうかと思うのだが、しかし……。僕には家族すら動かす力がないのだ。

17:27
雨に濡れバイクでバイトに向かう息子とすれ違う。内定を貰った息子に移住を勧めても、将来の生活と、彼女と、友達のために彼は拒否するだろう。わかった。何年か後、お前が結婚を考え、子供を作りたいと思った時、また相談しよう。だがそれまで、息子ともども移住できる力を持ち続けていられるかどうか。


そして“後の祭り”にならなければいいのだが……


文部科学省が公表している全国のモリタリングポストの放射能濃度一覧を見ることができるサイトがある。
 ⇒http://atmc.jp
最近ちっとも動きがなかったので、しばらく見に行くことはなかったのだが、久しぶりに覗いてみた。すると……
null
東京は新宿。
null
なるほど、一昨日のあの雨の夜か。
0.08μSv/h、数値としちゃァたいしたことはない。しかしやっぱり気持ちが悪い。そして、何度でもいうが公式に計っているのはγ線のみ、問題のα線とβ線は埒外。

ある程度予測できているはずなのに、政府(あるいは官僚?)は、事前に予報を発表することはしない。なぜなら、我々は国家のために統計的な死を背負わされた棄民だから。

一昨日のデータをいくら眺めていても“あとの祭り”である。


《8月20日(土)》
あの大震災から163日目……

【この日呟いたこと……】

※「携帯使いません」と契約書にサインしないと入れないレストランがあるらしい。
15:18
ボク、すごく好きかも。

15:22
公演が決まったところの担当の方から「山猫合唱団ですか」という電話が来ると、少し悲しくなります。

※届くかな、僕の呟きが先様に……。

売る側と買う側、店主とお客さんの微妙な関係。一見(いちげん)なら気にしないことなのだが。
具体的に語ろうとすると、実にナイーブで難しい。

あさのさんのところと……
null

コンケン・アイに行った。
null

ナイーブで難しい記事は後日に回そう。


《8月19日(金)》

雨だけど……
雨だから……

新宿の“かりゆし”へ。

null
混ぜる前のタコライス。
null
 ⇒混ぜた後のタコライスの記事へ

null null

この日のことは8月9日の記事8月13日の記事とを仕上げたら書きますが……

鈴木雄介が、こんなオモチャを持って来た。
null
小生が買わなかったガイガーカウンター。GM-10。
null

「雨だけど、どうなのさ……」

縦軸がCPM。横軸が時間。CPMとは“count per minute”、つまり、一分間に検知した放射線の数。ご覧のように毎分4だったり21だったり誤差は激しい。従って長い時間測って平均を出す。それに0.00833をかけるとμSv/hに換算できるらしい。しかしこれは、セシウム137の場合が120CPM≒1μSvであることを根拠にしている。

「で?」

だいたいこの機械がはたして放射線を100%検出しているのかどうか。そうじゃない安物の場合、性能によって割り増し補正して表示しているわけだが、それが正確であるかどうかがわからない。本来製品一個一個について補正しなければいけないのだが、まさかそんなことをやっているとは思えないし。

「だからさ、正しいとしてさ」

真ん中の青い線を見るとだな、おおよそ平均13.5CPMってところだから、13.5×0.00833で0.1μSvってところかな。

「それって割と高いんじゃないの?」

全部セシウム137だったらってことだからね。それにγ線やβ線の違いをどういうふうに補正してるんだかも分からないしねえ。ともかくだ、この程度なら気にするほどの空間線量ではないだろうってことだけは確からしい。それ以上のことは分かりません。それ以上のことを期待してもダメ。まずはこの程度で十分と思えば結構使える。この認識はけっこう重要だな。

※以上の会話はフィクションです。高山正樹がちょっと勉強して追記してみました。

null null
カチャーシー。
null
沖縄の血が騒ぐ?
null null
岩手の血でも踊る人はいる。
null
やっぱり僕は踊れなかったので、せめてこれくらいはと思って、ピースしてみた。
null
沖縄が恋しい。放射線を気にしなくて済む沖縄が……


《8月18日(木)~19日(金)》

【呟いたこと……】

あの大震災から161日目……

※“測ってガイガー!”というサイトに、ある場所の放射線量が報告された。
16:30
0.14μSv/h、息子が生まれた時に住んでいた場所だ。但しRADEX RD1503という機種が正確なのかどうか……


※菅直人応援ツイート発見。「菅直人は、震災以降、大変な激務だった。そして必死に国民へ脱原発を呼びかけても、周囲からは罵詈雑言ばかり。泊原発稼動は止めるために菅直人のフォローを」といった主旨。僕は思わずリツイートした。
16:44
福島県知事、東京でトップセールス。「風評被害」と「安全」の連呼と実食パフォーマンス。なぜ数値を言わないのか。食べる食品の全てが暫定基準値の半分だとしら、総量は恐ろしい数値に。自分で被曝量を管理しなければならない国になったんだよ。


あの大震災から162日目になった……

※川崎市中原区の平間公園内にあるゴミ置き場で毎時0.9マイクロシーベルトを記録。市はこの場所を15日から立入禁止に。
2:03
世界が呆けた日本人を軽蔑している。いっこうに喉の痛みが消えない。しかし僕には日本を棄てる力がない。


※ある人のツイートをRTした。こんな主旨の呟き。「最近のぼくのTwitterを読んで、暗い気持ちになりたくないから反原発のことばかり書くなという人がいる。しかし、事態は僕らが考えているレベルを遥かに超えている気配だ」

※泊3号機の営業運転開始を北海道知事が容認、地元町村も同意した。実は4月に政府がある規則を作ったのである。「原発で発電しなければ、金は出さない」
2:31
「原発で発電しても、金は出さない」という規則作ったらどうなるんだろう。

※補足:そうなればきっと泊3号機は動かないだろう。つまり、原発の稼動容認は民意なんかではない。北海道民は恥ずかしくないのか。

※上杉隆がこんなことを言ったらしい。「放射性物質は外部放出してないと東電は言ってるけど、福一カメラ見てたら夜中に水蒸気出してる、あれベントじゃないの?」
8:29
川下り転覆事故の責任を声高に叫び続けるTV。


※「今朝から線量上がってるみたい。何かあったのか。神奈川だけでなく茨城も東京も」とか、「今日の雨は危ない!東京・神奈川・茨城・埼玉の環境放射線数値が、雨の降り始めとともに跳ね上がっている」とか……
14:44
あっちからもこっちからも線量上昇の情報。GSでバイト中の息子に電話。「雨に濡れちゃったか?」「そりゃあ……」「若いんだから……気をつけろ」「わかった」。しかし、何をどう気をつけろと言えばいいのか。


※ヒタヒタと、目に見えない「何か」に取り囲まれていくような恐怖。ただ、この現実感の欠如は、深夜のB級ホラー映画のようだ。しかし、眠れぬ夜が明けても逃れられずにいる。
こんな時はきっと、一昨日のように、この薄暗い書斎から脱出して、実際に放射能の雨に打たれてしまえば開放されるに違いないのだ。殆どの人々がそうであるように。
書斎に閉じ籠る僕の目には、街を闊歩する全ての人々が、刹那主義者に映るのである。



何日ぶりかの事務所。
ゴーヤーの葉が……
null
去年は、こんなに早く、こんなことなんかにならなかったのに……


早く、街へ出よう。雨だけれど。いや、雨だからかな……


《8月17日(水)》
あの大震災から160日目……

【この日呟いたこと……】

9:07
どうしても言わずにはいられない気分。日本はロシア・中国以下。自由な国民がいてこの状態だから、北朝鮮よりも悪いかもしれない。今、日本で起こっていることを知りながら黙っている人々とは、いったい何者なのか。

9:17
昨日、自由奔放に生きてきた親戚のスーパー爺さんの通夜でした。死に至った直接の原因は誤飲性肺炎。繋がれた管を片っ端からはずしてアッという間に逝ってしまった。90歳代とは思えぬ強力な筋肉でどうしようもなかった。一方オヤジは、何本もの管を受け入れて静かに生き続けている。

9:49
「僕がやりたいことは政治ではない」~芝居をやろうと思った僕の原点を見つめ直しています。時の施政者がおそれるトリックスター。ずいぶん遠いなあ……。まずは政治を政治の外側からの眼で相対化すること……。つまんないなあ、なんか違う。

10:00
親戚のスーパー爺さんは親戚中から「しょうがない奴だ」と言われていた。そんなスーパー爺さんが真面目でいい人を絵に書いたような僕のオヤジを一番尊敬していた。一方僕のオヤジは、スーパー爺さんのことが大好きで、あんなふうに生きたいといつも言っていた。

10:32
沖縄からの情報。本日の琉球新報に山猫合奏団の記事が載っていたらしい。さあ来年の沖縄公演のために動き出そう。そして現代のチョンダラーを目指してみるか。

すると、ツイッターでその記事を紹介してくださった方がいた。
null

なんとこの方は、シーサーズの持田明美さんの古くからのお知り合いだった。全く不思議な縁である。

15:08
100歩譲って原発が安全である可能性があるとしても、決定的なことが言えず、日本中、世界中でたくさんの人が必死に考えているという現状の中で、北海道の一知事が再稼動を決めてしまう。狂気だ。その狂気すら止められない日本。



あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、でも、こうして並べてみると、結局原発から始まって原発で終わって、なんだか嫌になってきた。

だから、というわけでもないけれど、ちょいとこれから験直しに出掛けるとしよう。

高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ