たきどぅんにと思っていたお土産の行き先は、“ぎま”になりました。
そのお土産とは、これです。
null
三笑亭夢丸師匠からおすそ分けしていただいたシロイカ(剣先烏賊)。文化会館の本番なのに、わざわざ持ってきてくださったのです。
null
夢丸さんは釣りが相当お好きらしい。師匠が最後までレギュラー出演していたTV番組は釣り番組でした。そんな関係で、釣り仲間も多く、そういう方々から色々な釣果が届く。時には御家族だけではとても食べきれない程の量。うらやましい限りです。このイカもそうしたお届けモノのおすそ分け、うれしいです。師匠、今後もひとつよろしく。

“ぎま”のすぐソバにはコンケン・アイがあります。シロイカといえばコンケン・アイ、コンケン・アイのオヤジさんにさばいてもらうのが一番かなとも思ったのですが、うちのイカ食えよと言われそうで、確かに自前のイカを持ち込んじゃあ申し訳ない、そこで“ぎま”のママに電話をしたのです。

「イカ、さばける?」
「だいじょぶよー」

“ぎま”は基本的にはカラオケスナックですからね、ちょっと照明が暗めなのでなかなかおいしそうに写すのは難しいのですが、まあまあですかね。
null
ゲソです。こっちの方がちょっとうまく撮れたかな。
null
画像は今一ですが、味はコンケン・アイに負けませんでした。
夢丸師匠、ごちそうさまでした。
本日のイカした(イカれた)連中。
null

《追伸》
我々が“ぎま”に来るのはいつもたいがい遅い時間。そのせいか、あんまりお食事をしているお客様はお見かけしないのですが、もともとママは居酒屋をやっていたので、お味はなかなかのものなんですよ。