本番前の記事

台風はどっかへ行ったみたいだ。
雨男の大島君に晴れ男の夢丸師匠が勝ったのです。
null

つのはずコンサートVol.58 ~落語と音楽のコラボレーション~

まずは出囃子を恭しく演奏する東京奏楽舎。
null null
左から……
ピアノ:菅野恵子
チェロ:大島純
オーボエ:桃原健一

三笑亭夢丸“親子酒”
null

では反響板の裏からの画像集を交えながら。
null null null

今日はお色直しがあります。
舞台袖に鏡を設えて、着替えの準備は万端です。
null
後半のコラボでは、師匠は黒い着物を着ます。
男性陣のタキシードに合わせたんだって。

休憩を挟んで、組曲“かがみ”のコンサート。
一曲ごとに夢丸さんMCが入ります。
null
夢丸師匠の出入りのタイミングを測って照明を切り替える高山正樹。
null

そうして、いよいよ“かがみ”の本編です。
null

新宿で高座を終えて駆けつけた三笑亭朝夢さんが、師匠の噺にジッと耳を傾けていました。(右は宇夫方路。)
null
朝夢さんは第一回夢丸新江戸噺の受賞者なのです。その後出版社を脱サラして夢丸師匠の弟子となりました。新江戸噺に応募したのも、落語家になりたかったから、受賞すればその道が開けると考えてのことだったと聞きました。朝夢さんの夢を現実に変える力はすごいですね。

磨かれたスタインウェイは、まるで鏡のよう……
null

さて、公演の良し悪しはお客様方が決めてくださること。総合プロデューサーは沈黙です。
ああ、それにしても、自分が出演する方がずっと楽。この感覚はなかなか説明しがたいものがあります。きっと演出家とも違う、もう少し不純物の多い雑多な感じ。

ウメちゃん。今日はありがとう。
null
次は役者で来るさ。
重要なことは、そうなるのだという意思だよね。