«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 | 14 || Next»

10月31日日曜日: 小沢城址を歩いた

《10月31日その2》
宇夫方路女史が上野で宣伝活動をしている頃、僕は自宅のそばにある小沢城址あたりを歩いていました。
デジカメは路さんが上野に持っていってしまったので、携帯で撮影した画像でご勘弁。
小沢城址の道 小沢城址の階段 小沢城址の林
もちろん、こういうところがあることは知っていました。何度か散歩したこともあります。でも、ここにどんな歴史があるのかなんてことには、ちっとも興味がありませんでした。
現地にある遊歩道の地図の一部分です。
null
この地図の上のほうにも遊歩道は続いているのですが、今日は大よそこの範囲をウロウロしていました。上というのは読売ランドの方角。南向きの案内板なので、上は南です。でも地図屋としては南北逆さまなのは気持ち悪い。

川崎市がこんな地図を出しています。
null
こっちはちゃんと北が上です。
ちょいと拡大。
null

ところで、なんで今日ここを歩くことになったのか。それは枡形城主の稲毛三郎重成の息子である小沢次郎重政が小沢城の主だったから。
 ⇒関連記事「“枡形城 落日の舞い”があるらしい」

枡形城址も小沢城址も、川崎市の西北の丘陵にありました。小沢城が建てられたのは平安の末期、稲毛三郎重成の築城とも、その子小沢小太郎(重政の別名)の築城とも伝わっています。鎌倉時代、多摩川の南の東西に連なるこの丘陵は、東や北から鎌倉へ向かう交通の要衝で、軍事的にも極めて重要な場所、度々合戦の舞台ともなりました……
なんてことを、ちょっと勉強してみようかなという日なのです。

小沢城址の碑
いずれカメラを持って再訪しましょう。その時にはもう少し詳しく説明できるように勉強しておきます。といってもネットで「小沢城址」で検索すればいっぱい出てきます。“M.A.P.after5”ならではのネタを探さなくちゃね。

みなさんいらっしゃらないので、一足先に薬師堂へ向かうことにしました。
道標
薬師堂は我が家のすぐそばなのです。


本記事は新ブログへ移行しました。
 ⇒新ブログへ

null
null
島豆腐の冷やっこ
ゴーヤーチャンプルー
ゴーヤーチャンプルーのアップ
null
null
null
null
null
あうんのシーサーの説明
神楽殿では里神楽が厳かに行われていた。
null
八雲神詠。天照大神の弟、須佐乃男命(素戔鳴尊)が大蛇を退治する物語。

喜多見の氷川神社は、天平12年(740)に建てられたと伝えられる。祭神は素戔鳴尊、配祀神は天照大神と稲田姫命。古くは多摩の川岸にあったというが、延文年間(1356~1360)、暴れ川と呼ばれた多摩川の洪水で古文書などが流失し、創建の頃の史実は定かではない。
永禄13年(1570)、江戸頼忠が社殿を修復。その孫、喜多見勝忠が神領五石二斗を寄進、三代将軍家光から10石2斗を賜る。
その後、喜多見重政が貞享3年(1686)に2万石の大名になって立藩、喜多見藩主となる。今の東京都の範囲で、江戸時代に大名がいたのは、ここ喜多見だけなのである。

…と、偉そうに書いているが、この日まで何も知らなかった。

時代はローカルだなどと言い、沖縄の文化を学べば大和が分かるなどといい、喜多見情報というカテゴリを作ったはいいが、居酒屋情報に終始し、京都のカテゴリに至っては私的な事情があるとはいえ、あたかも日本において沖縄に対抗しうる文化は京都にしかないといわんばかり、いやはや我ながら呆れている。喜多見で活動していながら、この町を見ようともせず、その古の歴史など少しも興味がなかった。

当たり前のことだが、日本中いたるところに生活があり、そこに住む人々が営々と繋いできたその歴史に、重い軽いの区別などあろうはずもない。

佐藤優さんが、大太鼓や神輿の説明をしてくださった。
null
中真水才も、宇夫方路も、感心して聞いている。しかし、きっと水才くんは家族の住む沖縄の歴史を知らず、路女史は生まれた盛岡の文化を学んではいない。得てして、そんなものなのかもしれない。

金ピカの神輿
「いったいこれ、いくらするんだろう」
「こら!」
「商人だけが世界をひとつにする可能性を持っているのだ」

こんなふうに、まぜっかえさないといられない性癖なのだ。大和魂とは程遠い。

しかし、それにしても不思議ではないか。川崎の市民劇「枡形城・落日の舞い」があるらしいと知ったのは昨日のことなのだ。

喜多見勝忠の祖先である江戸氏は、桓武平氏秩父氏の末裔であった!
……なんて言ったって何のことやら分からない。また悪い癖。と同時に、結末の分からない新しい連載小説の始まりである。

佐藤さんと初めて出会った“ばりき屋”で一杯やることになった。
佐藤優さん
佐藤さんのかわいいメル友(左)と、宇夫方路。
null
「犯罪ですよね」と佐藤さんの息子のヒデ君(右)。
null
その左で、楽しそうに今日の神輿のことを語り合っているのは、佐藤さんとメル友のお父さん。

さて、神輿のこと、たくさんご教授いただいた。しかしそれについては、あまりにも付け焼刃なので、ここでお話することは控えよう。また来年。
そういえば、去年も喜多見のお祭りの記事があるけれど、しょぼい内容だったなあ。
 ⇒去年の10月4日(日曜日)の記事

そうして乾杯、一本締めで、長い一日が終わった。
null
お見苦しい何かが見えましたなら、今日はお祭り故、どうかお許しのほどを。

10月17日は終わったが、夜はまだ終わらないんだよねえ。



川崎の市民劇「枡形城 落日の舞い」なるものがあるらしい。
本番は来年5月、かわさき芸術祭の中でやるらしい。

その出演者とスタッフを募集していたらしい。
そのオーディションが、溝の口の大山街道ふるさと館というところであるらしい。

大山街道ふるさと館

枡形城か。僕の家の近くだ。源頼朝が鎌倉に幕府を開いた頃のこと。北条政子の妹。郷土史か……。

オーディションの最初の一組だけ見学して、もう時間がないので、会釈をして会場を出た。
南武線で立川へ向かう。

時代はローカルだ、喜多見の居酒屋情報発信、“FMつやま”でラジオ番組、沖縄のことを学ぼう、そんなふうに毎日を過ごしていた。だが、足元のこと、何にも知らない。町内会のゴミ拾いだって、参加なんかしたことがない。反省をしたわけではないのだが、でも、車窓から、ボーっと武蔵野の丘を眺めていた。

いかんいかん、「紅い手」を読まなければ。今日の本番、あと数時間後。どう読むか、まだ何も決めていないのだから……。


Yusuke氏から、例の河原で秋刀魚のバーベキューをやると聞いていました。サンマは鳥研で食べたばかりだし、色々告知もしなければならないし、行かれないかなと思っていたのですが、作業の区切りがついたので、深川江戸資料館立川での怪談噺の朗読会、落語がらみのチラシを2種類持って宣伝がてら、ちょいと多摩川っぺりまでチャリンコを走らせることにしました。

着いた時には既にサンマは店じまい、そこでYusuke氏が撮影した画像を拝借。
null
【Yusuke氏の世界配信(1)】
 ⇒http://www.bcphotoshare.com/photos/…
次は芋煮らしい。これもゆーすけが撮影。
null
油ベトベトの肉を焼くなんてことはしないバーベキュー。みんな、いい歳になったということですなあ。

横一線。
null
よくもまあ同じようなサイズが集まったもんだ。
こっちもだいたい似通ったサイズ?
null
※真ん中は時々ちょこっと登場するテンコさんです。

サイズが違うのはこの人。
null
では、本邦Web初公開。
そんじょそこいらのどんな男より太いカワダの鎖骨。
null
ちなみにカワダさんは、落語家さんのおかみさんです。
※実は彼女、山猫合奏団の神楽坂田中寺公演の記事の、どれかの画像に写っています。駒場の皆様お探しあれ。

皆さんのお顔を撮影して、僕はとっとと事務所に戻って仕事する予定だったのですが……
null
ついつい居座ってしまいました。
※ここから先は、再び鈴木雄介氏の画像を使用。
null
酔っ払い?とんでもない。自転車で来ているのですから。大人は暴飲暴食などせず、社会のルールを守るものです。
null
左の方はテンコの良き旦那様。良き父親でもあるとお見受けしました。そして、もうすぐ良きおじいちゃんになる。娘がどこの大学を受験したのかも知らなかったような、右のダメ親父とはエライ違い。しょうがないよね、そんな生き方、選んでしまったのだから。

みんなそれぞれの人生。
null
くれぐれも健康に留意して、ゆっくりと楽しく生きることが一番。でも僕はどこまで行けるか、もう少し急いで走ってみます。
【Yusuke氏の世界配信(2)】
 ⇒http://www.bcphotoshare.com/photos/…

» 続きを読む

5月 8日土曜日: お休みしたんだ

たまっている書きかけの記事を、なんとか始末をつけようと思ったのですが、誘われるとね、ノコノコと出掛けていくのです。要するに、半ば仕事のブログから、逃げたいのです。でも、そのノコノコ出掛けていった事をブログの記事にするのですから、なんとも変なはなし。

登戸近くの多摩川河川敷で酒盛りしよっと。東京側は馬鹿面した若者だらけだから、大人は川崎側にしましょ。
で、こんな様子。
null
おー、例の瓶詰め泡盛ね。
null
 ⇒YUSUKE氏の世界配信その1

さあ、やりましょやりましょ……
null

FEEL SO DOG というサイトがあるんですけどね。今日はお休みなんだからさ、そういうハナシはヤメにしてさ、ミステリーということで。
凸平くんたちが合流。トッペイはカバンの中です。
null null
うまくみんな写んねえなあ。
null null
もっと、左か…
null null
ダメだ、こりゃ。
null
 ⇒YUSUKE氏の世界配信その2

午前中はあんなにいい天気だったのに。
なんか、寒くなってきた。
null

文字通り、「河岸(かし)変えよ」だね。どっか、トッペイを受け入れてくれる店はねえか、というわけで、酒菜へ。あそこなら、表で飲めるからね。

しかし、表で飲むならおんなじじゃない?
null
いやいや、スーさんに頼めばなんとかなるのさ、きっと……

ジゃーン! キムチ鍋。ほらね。
null
ちなみにメニューにはありません。
でもトッペイは、あったかい鍋は食えないので、やっぱりカバンの中でした。
null
トッペイを見たければ、下記へ。
 ⇒http://homepage.mac.com/gorakudo…

アート市を片付けて、急いで川崎へ向かう。
毎年開催されているはいさいフェスタの最終日。
null
同じ川崎市なんだから、“しんゆり芸術祭”と“はいさいフェスタ”、協力して出来ないのかななんて思ったりして。

クラブチッタにライブを観にいった。

《第一部》
新良幸人、普天間かおり、彩風、川畑アキラ
《第二部》嘉手苅林昌追善公演
「白雲ぬ如に…」DVD発売記念コンサート
知名定男、大城美佐子、松田弘一、饒辺愛子、よなは徹

客席には、先日の金城さんの沖縄料理を食べる会で三線を弾いてくださった松尾慎吾さんもいらっしゃった。
なんてったって、三線の世界じゃあ嘉手苅林昌は神様だから。

ライブを堪能して……
null
駅前で、大槻さんとちょいと飲んで帰りました。
(あれ、大槻さんのこと、まだ紹介してませんでしたっけ?)

» 続きを読む


“川崎・しんゆり芸術祭2010「アルテリッカ」しんゆり”
    山猫合奏団「セロ弾きのゴーシュ」

その本番の日。
 ⇒山猫合奏団Official_Blog

音響は今年も阿部真心さん。
null
お腹、大きいですか?

照明つけてリハ。
null
間もなく…
null

本番はカメラが4台入って撮影しました。編集された映像があがってくるのは6月の初め頃でしょうか。本番の模様はその後に御紹介したいと思っています。今しばらくお待ちくださいませ。

終演後、CDが飛ぶように売れました。うれしい限りです。

M.A.P.ゆかりの方々も、たくさん御来場くださいました。ありがとうございました。

そして打ち上げへ。でもまだお昼過ぎです。こんな時間から飲める店なんてない。“中む”の中村さんに無理言って、貸切でお店を開けてもらいました。感謝です。
でも今日の公演に彼女と来てくれた石垣仁くんはお休み。公演後、どっかへ遊びに行ったんだって。その代わり、中村さんの素敵な奥さまがお手伝い。
null
感謝感謝です。
まずはモズクともずくの茶碗蒸しから。
null
茶碗蒸しなんて、いつ食べたかなあ。おいしかった。

龍前照明の田嶋くん(左上)も参加。他の連中は他の現場のバラシに行ったんだって。
null
なんだかあんまり盛り上がっていないかのように見えますが、そんなことはありません。それは背後の明るさの所為ですな。
null
役者の大島さん、お疲れ様でした。芝居の出来は如何?

タコライス来たよ~ん。
null
ドラさんがマゼマゼして取り分けてます。
null

白石准がGuys and Dollsで競演した稲垣護さん(右)も来てくださいました。
null
稲垣さんの白石准評は……、ナイショ。
そういえば、宇夫方路さんと白石准氏の画像がないねえ。みっちゃんの方は世話役で写真を撮る係だったから分かるけど、准ちゃんはなぜ? はああ、わりと早めに壊れてたからね。いつものことか。
あ、ありました。
null
だって、じっとしてないんだもん。
もう一枚発見。
null

山猫合奏団の公演を見たあと、日本民藝館へ行っていた西岡さんが、お友達と一緒に合流してくれました。
null
お友達の旧姓は向山さんとおっしゃるのですが、実は向山さん、宇夫方路が執心鐘入でも御一緒した野原千鶴先生の御子息のお嫁さんだったのです。
もう、びっくり。

この頃、白石准は路上で大の字になっていたのでした。

» 続きを読む

アート市の傍では時々大道芸なんかやっていたりするのです。
null

沖縄から西岡美幸さんがやって来ました!
null
西岡さんコーナー完成。
null

今頃告知してどうするんだという感じですが……
null

西岡さんとお客様。
null
右の男性は、全国のこうした展示販売会を見て回っていらっしゃる方で、知る人ぞ知る有名人(?)らしい。
校長先生という名前の犬を飼っているんで、いつしかご自身が校長先生と呼ばれるようになったとか。その校長先生が私達の売り場に90点の高評価を与えてくださいました。アート市にお店を出していた他の方のお話によると、この校長先生が90点つけることなんて滅多にないらしい。たいがいは50点くらい。ありがたいことです。

着物の生地を使ったオリジナルの服。これは何点?
null

null
明日の4日は山猫合奏団の公演のためお休みしますが、連休最後の5日にはまたお店を出しますので、是非とも皆様お越しくださいませ。

夕方から、明日の本番のための仕込みです。
「西岡さん、仕込みに一緒に行く?」
「え? シコミ?」
そうだよね、舞台業界の常識は非常識。仕込みというのは大道具とか照明などの舞台準備のことです。ちなみに片付けは「バラシ」

歩いて2分。昭和音楽大学北校舎第1スタジオでは、すでに龍前照明の皆様がシコミ中でありました。
null
(西岡さんが携帯で撮影した画像です。)
素敵な照明になりそうだなあ。楽しみです。坂本さんに感謝。みんなに感謝。
なんだかね、自分がプロデュースする舞台の照明を、龍前さんのみんなが仕込んでいる、とっても不思議なのです。ホントはね、涙が出てくるような感覚なのです。なかなか説明し難いのですが。
一杯やりたかったのですが、明日は11時開演だしね、それから新井吉一さんの調律もあるし。新井さん、お久しぶりです。去年のしんゆり以来ですね。
調律する新井吉一氏
 ⇒山猫合奏団Official_Blog記事
あ、西岡さんだ!
null
この日、西岡さんは小道具係となったのでした。
null
いよいよ明日、東京近郊での小道具デビューです。

西岡さん小道具係デビューのお祝い?
成城のはずれにある“びっくり寿司”へ。
おなかいっぱい。
null null


川崎市の多摩市民会館大ホールで、藤の会の西原佐代子さんの教師免許披露公演がありました。
null
でも、パンフレットの表紙には西原佐代子さんの名前はありません。藤の会の会主の新崎恵子先生のお名前だけ。つまり藤の会の関東支部開設のお披露目という感じなんですね。
チラシのほうには西原さんのお名前がちゃんと載っていました。
null
後援も協賛もたくさん。あー、私の場合はどうなるのでしょう。色々考えなければいけないことがたくさんあるなあ。

西原佐代子さんは仲嶺舞踊小道具店のみどりさんの妹さんなのです。
関りえ子琉舞研究所の佐藤美智子さんが仲嶺小道具店のみどりさんとご親戚だということは以前ご紹介しましたが、ということはつまり、西原佐代子さんは佐藤美智子さんのご親戚ということですね。
うーん、ボチボチ人間関係相関図を作らないといけませんねえ。
 ⇒SPYSEE“宇夫方路
その佐藤さんもいらっしゃっていました。
null null

会場に来ていらした流舞協会の先生方と記念撮影です。
null
左から野原先生、山崎先生(野原先生のお弟子さん)、川口会長、私、関先生
東京琉球舞踊協会の川口喜代子会長は、私と山崎さんが、どっちがどっちだか分からなくなるのだそうです。そんなに似てるかなあ。
それではと、会長にちゃんと覚えてもらうために、ふたりで一緒に写真を撮りました。
null
今度会長にお会いした時、必ずこの写真をお渡ししなければ!

山川夏子さん発見。
null
なっちゃん、確か一昨日の沖縄語を話す会で、「明日は着物を着ていく!」と張り切っていたはず。それなのに、なんだスーツじゃないのさ。
朝から張り切っていたんだけれど、一人で着れなくて断念したんだって。今度、着せてあげるから、持っておいで!
(宇夫方路)

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 | 14 || Next»
高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ