《12月1日から2日にかけて》
三線の自主稽古を終えて、“中む食堂”へ行った。
まずは最近恒例の料理の撮影から。
前回の記事で「何サラダだっけ」といってたサラダは“中むサラダ”。
中むサラダ
ライトに気を取られて肝心のゴーヤーを外してしまった。失敗。

塩ソーキとソーミンチャンプルー。
塩ソーキ ソーミンチャンプルー
今までみたいに黄色っぽくないのは成功。でもちょいとピンボケ。ダメだな。

ミミガー。
ミミガー
これは比較的うまく撮れたね。それよりもなによりも美味しかった。

こっから先は面倒くさくなってもう料理は撮影中止。
今後、喜多見居酒屋情報については、一度上手く撮影できたメニューは、もう撮影しないことにした。でも今回合格した画像はミミガーだけだな。

ともかく今日の“中む”は話題満載!
まずはどうでもいいような話から。
石垣仁は相変わらず辛いもので遊んでいる。ハバネロを食わせようするのだ。しかし、これあんまり辛くないのである。
ハバネロ
ところが、種が曲者なのである。
ハバネロの種
やっぱりどうでもいい話だな。

石垣仁は、沖縄ではピーナッツは瓶詰めが定番だという。
null
「これを見ると東京の沖縄人は泣いて喜びますよ」
真偽は不明。石垣仁の言うことを信じると、時々ひどい目に会う。

今日は水曜日の所為か空いている。石垣仁は西表出身だが、学生時代は石垣で過ごした。ややこしい。その頃からの友達が来ていた。
null
石垣仁よりは信用がおけそうである。
null
かの幻の泡盛“泡波”については、今まで何度か話題にしてきた。要するに元来“泡波”は親族が飲むためだけに作られている酒なので、基本的には出回るものではない。偽者もあるとかないとかなので、なんともいえないのだが、特別に美味い酒だというわけではないというのが定説。で、石垣仁なんかに言わせると……、あぶないからやめた。で、石垣仁の友達の彼は、どうやら泡波を作っている方と繋がっているようで、彼の元には毎年2本ばかり送られてくるらしい。で……、ってこれ以上はここでは喋れない。

なんだよ、話題満載のはずが、使える話がねえのか。

本日のメンバー。写ってないのは琉球舞踊の先生の宇夫方路と西表島の石垣仁だが、今日の“中む”はほぼこれで全員。みんな沖縄関係者。後ろの席にお顔がちょっと見えますが、ちょっと飲んですぐお帰りになっちゃいました。
null
左から2番目が沖縄出身の総合格闘家、エリヤさんで、3番目がM.A.P.三線教室で一緒に習っている狛江高校出身の上地さん。ご両親が沖縄の方。
本日のメインイベントはエリヤ氏なので、その前にセミファイナル、上地さんの話から。
上地さんの前の三線の先生は、この“中む食堂”にも……、だめだ、この話もできねえや。もう参ったなあ。
よし、では上地さんの取って置きの話。今話題の尖閣諸島を実効支配していたのは日本であるという根拠のひとつのに上げられる昭和15年の大日本航空の魚釣島不時着事件で、乗客を救助するために現地へ急行した八重山警察署長の高嶺世太氏は、上地さんの妹のご主人の叔父さんだったらしい。この件は、なかなか難しい問題なので、メインイベントの後の「続き」で書こう。

では本日のメインイベント。坂口道場の松田恵理也、改めエリヤ。1977年5月11日生。1996年全沖縄空手道選手権大会準優勝。プロ戦績は下記サイトへ。
 ⇒http://www.pancrase.co.jp/data/prfl2/matsuda…
石垣仁の友達はマゾらしい。
null
「絞めて絞めて……、ああ、死ぬ……」
null
でも、確かになあ、プロの絞め技を体験するなんて滅多にできるもんじゃないもんなあ。僕も……、やっぱりやめておこう。
この2ショット、エリヤ君の素敵な人柄がよくあらわれてるでしょ。

彼は中真水才のオヤジさんのジムで一時期練習していたんだって。色んなところで繋がるなあ。
今日は店に出ていない中村君へのエリヤ氏からの助言は「練習あるのみ」だってさ。

エリヤ君の話もなかなか面白かった。尊敬していた前田日明のこと、最強だと思っていたプロレスのこと。ああダメだ。これも喋れないや。ただ、あんな投げられ方して体が壊れないプロレスは、やっぱりすごいんだって。

優しくて力持ち。
null
いっぺんにファンになった。
null


僕はtwitterでこんなことを書きました。
 ⇒http://twitter.com/gajumui/status/26044567850
それからね、僕の書斎にはこんな本もあります。
null null
1972年に出版された本です。エリヤ君が生まれる5年前ですね。京都大学の教授であった井上清氏の著作で、尖閣諸島は歴史的に見て中国領であると論じています。井上氏は、いわゆる「ネトウヨ」といわれる人たちから、売国奴のように言われている学者です。いや、ネットばかりではないでしょう。異論を全く紹介せずに日本側の主張を盲目的に正しいと伝えるメディアによって、今の一般的な日本人の殆どがこの問題については中国が100%間違っていると単純に思わされているみたいだから。国益だけで物事を判断する如何わしさを考えて欲しいのです。国益は「正しさ」を保障するものではないという当たり前のことが否定されたら、戦争なんかなくなるはずがない。

僕は色々な人の著作を読んだわけではありません。客観的資料の分析などもしてはいません。したがって、井上清氏の著作が、正しいとか間違っているとかいうことは全くできません。また、この著作に対して、別の歴史的根拠を挙げて反駁している人たちもいて、その意見も聞くに値するものに思われます。

ただ、僕は皆さんに伝えたいと思うことがあります。いずれにしても、話はそう簡単ではないということ。歴史をどこで切り取り、何をクローズアップするかで、結論は全く違ってきてしまう。また、日本国とは別の歴史を持つ沖縄のことをこの問題に絡めると、さらに複雑になります。
最近テレビのコメンテーターが、あっさりと中国を切って捨てるのを見たりすると、やっぱり僕は危ないと思わざるを得ないのです。

例えばです。上地さんの親戚である高嶺世太氏のお名前は下記のサイトの最後の方に出てきます。
 ⇒http://akebonokikaku.hp.infoseek…
この論文は、井上氏とは逆に、尖閣諸島が日本の領土であることの正当性を証明しようとしているものなのですが、これを読んでも、やはり尖閣諸島問題は簡単に白黒つけることのできるようなことではないということが、却って見えてくるのです。

因みに、上地さんは「内地」のことを「日本」と呼びます。そういうたびにゴメンナサイと付け加えるのですが。沖縄は日本ではない、自分は「沖縄人」だと認識していらっしゃるのです。

我々は、歴史の複雑さを学び、それに耐えて思考しなければなりません。その上で、中国や北朝鮮の単純さを批判すべきなのです。白か黒かでは、同じ穴の狢にしかならない。

何度でも言います。中国が正しい国だなどとは、口が裂けても言うつもりはありません。しかし、日本だってそう威張れたものではないということなのです。アメリカはもちろんイギリスも同じです。余談ですが、パレスチナ問題の原因は、イスラエルよりもむしろ英国にある。

会社のブログにこんなことを書くべきではないのかもしれません。一部の人からは左がかっているとか言われるのでしょうか。僕は、ただただ、リベラルでありたいと思っているのです。
(文責:高山正樹)