«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
《10月18日(火)》
大震災から222日目……
昨日の朝、宮崎のホテルで見たNHKの朝の番組。全国からいくつかの家庭を選んで、一週間の食事の放射線量を測ったがさてその結果は、といった内容。なんだかどうしても納得がいかなくて、一日明けて呟いた。

【そして……】

11:23
例のNHKあさイチ、ホントは呟きたくないのだが…単体の商品などを測定する場合、定量限界(下限)以下をNDとするのはある意味致し方ない面もあるだろうが、3週間3食計21食調べたのなら検出限界と誤差を示した上で数値を公表すべきではなかったか。
11:25
番組の中で0.3Bqくらい検出できると言っていた。その検出限界10倍の3Bqが定量限界でそれ以下を0としたのでは?須賀川で出たセシウム134が3.66Bq/kgが最小だったというデータともピッタリ。僕、素人です。間違い指摘してください。

11:38
あさイチ追伸。例えばセシウム134と137が毎食2Bqづつ検出されていたとしてもどっちも定量限界以下だから0+0。一日だと12Bq。しかし0。2週間で252Bqも0。これでも間違いではないってことですよねえ。僕、素人です。間違っていたら指摘してください。


「定量限界」ってなんだみたいな話は、このご時勢、ちょっとネット検索すればいくらでも丁寧に分かりやすく説明してくれるサイトがあるだろうからそちらにお任せするとして、問題の一日12Bqが高いのか低いのか、それは意見の分かれるところ。ただ0.3Bqを検出できると言ってしまったら、見ている人は0は少なくとも0.3Bq以下だと思ってしまう。まだそれならいいほうで、ボソっと言っただけの「0.3Bq」を聞き逃した人にとっては0は0だ。こういうことをやられると、根本的にこの検査、信用置けるのかとなってしまうわけで。まあ、この点についても、ネットはずいぶんと賑っているので、どうぞそちらで。

しばらく空けていた書斎。その間に家人が掃除してくれたので、少しは線量が低くなるかと思ったがちっとも変わらず、やっぱり0.10から0.12くらい。線量計、宮崎便の機内で使って、壊れちまったのかと心配したがそうでもないらしい。
気まぐれにベランダに出て測ってみた。
null null null
よくわからん。それでも測り続けるよ、出来るだけさ。

もうひとつ昨日のこと。帰りの飛行機に乗る前に、沖縄タイムスの真久田さんから電話があった。東京に出張、明日(つまり今日の18日)そっち(つまり喜多見)に行く。ブログ(M.A.P.after5)に乗ってる酒菜というお店に連れていけという。

ボチボチ時間、書斎を出て喜多見に向かう。

null

鉢呂経産相辞任の記事のこと、自由報道協会のこと、沖縄タイムス本社の受付のこと、三線コンクールの新人賞課題曲の伊野波節のこと、新しい三線音楽のこと、前近代が残る沖縄が今日本で果たすべき役割のこと、全て後日ご報告する。暫し。


《10月5日(水)~6日(木)》
大震災から209日~210日目……

【この日呟いたこと……】
17:02
しかし、東京はいつまで航空機モニタリングの結果を出さないつもりなんだ。神奈川はその後だよなあ。東京より先はおかしいもんなあ。やっぱりさ、こんな状態で安心してる奴の気が知れない。嫌な予感がする。杞憂であることを願う。


M.A.P.三線教室で、エイサーの曲を練習することになった。チョンダラーの歌に触発された僕個人としては願ったり叶ったり。しかしエイサーの曲というものがあるわけだはなく、たくさんの曲がエイサーに使われているということらしい。少しばかり甘く考えいたようである。いったい何曲くらい覚えれば、エイサーを深く楽しめるようになるのか。

『沖縄大百科事典』より。
エイサー:(沖縄の)盆踊。旧暦7月15日の盆の夜、各戸でウークイ(精霊送り)をすませたころ、それぞれの村落の神アシャギ(村々において神を招請して祭祀を行う場所)の庭に集まり、円陣舞踊を奉納し、そのあと各戸を巡回する。エイサーは在来のエサオモロという集団舞踊に念仏形式が加わったものとみられ、はやしことばの<エイサー>から来ている呼称。本来は(中略)村の大切な宗教行事、旧盆に欠かせない魂祭として演じられた。三味線、太鼓・踊子が行列をつくり道行きの歌をうたいながら、辻々や各戸を巡回する。必ず継親念仏などの念仏歌を冒頭にうたい、祖霊の供養をおこなう。そのご<スーリー東><久高万寿主><ダンク節>など、各地の民謡歌を選んで全体的構成をとっている。(後略)

実際にどんな稽古をしたかは三線教室の専用ブログに任せるとして、練習が終わったら一杯やるのが恒例っぽくなってきた。それも持田明美、鈴木雄介両人がいればということなのだろうけれど。

今日は酒菜へ。
null
豚足には手をつけなかった。
昨日の今日、真剣に健康ゲーム再開を誓ったのに。
null

少し先を急いでいるので、ここから先はやっぱり後日。
null null
店を出たのは午前1時半であった。


《8月28日(日)》
大震災から171日目……
今日、目に付いた雌花。
null
雄花が、まだひとつも咲いていないというのに。
null
僕には分からない不思議。でも、きっと意味のないことじゃない。

12時17分。今日の事務所の空間放射線量。
null
0.06μSv/h、特に変化なし。
鈴木雄介所有のガイガーカウンターと比較研究。
null
だんだん上昇傾向だけど、こんなのは誤差の範疇。おおよそ14CPMだから、えーと、0.00833をかけて0.12μSv/hか。まあ、だからどうだというほどの数値ではないが、我がDoseRAE2の2倍とは。さて、いったいこの違いはなんなのだろう。不正確な機種同士の誤差なのか。
DoseRAE2はα線やβ線を検知しない。もしかすると、GM-10が拾ったα線やβ線が高い表示の原因なのだろうか。α線やβ線は外部被曝としては無視して構わないが、それなら0.00833をかけてシーベルトに換算する数式を、α線やβ線が存在する状況で使うことは間違いだということになる。あるいは、α線やβ線を出す放射線物質が、この部屋の中に漂っていたり、そこかしこに落ちていることの表れだとしたら、それは気持ちいいものじゃない。
しかし、今日はここまで。この材料と今の知識ではギブアップ、致し方なしである。

そもそもこの程度の機種で低線量を正確に測れることはできないらしい。しかし、だからといって諦めることはない。不正確な計測ということを念頭に入れながら、このオモチャを駆使して表示される数値をなんとか解釈して、そこから具体的に考え続けること。もはや、政府発表がオモチャの数値より信じられるという状況ではないのだから、それは絶対に意味があることだと信じている。

今日は三線教室の日。いよいよ。それについては三線専用ブログで。
 ⇒http://haisaikomaesanshin.ti-da.net/e3577002.html

以下後日執筆。
線量の画像だけアップ。
null

null


7月21日木曜日: after 三線教室

《7月20日~21日》
三線教室の後……

“はん家”
null null

二軒目は“酒菜”
null

後日書く。


東日本大震災から118日目……

最初に出るボテッとした葉っぱが双葉で、本当の葉っぱのことはなんていうんだっけ?
null
小学校の理科で勉強したこと、なーんにもおぼえていないような。
放射能のことなんか、なーんにも知らずに健気に伸びる植物たち。やっぱり原発は恐ろしく傲慢なシステムだと思う。

どうぞ、幼稚な感性だと笑いなさい。

null

夕方、あの九州男児でB型の松本龍氏のことだが、実は「名古屋議定書」の立役者であるというようなことを知った。他にもいい評判が結構ある。もちろん、黒いハナシもあるわけだが。

【そこで呟いた……】
10:25
一応さ、こんな話もあるということ。毒入りカレー事件も、羽賀研二も、きっと、その他にも一杯いっぱい……


僕も全く知らなかったのだが、あの毒入りカレー事件も羽賀研二の件も、その有罪判決には色々と問題点があるらしいのである。特に「毒入りカレー」の方は、問題を追求し告発している市民団体もあって、その資料を読ませて頂いたが、その内容に愕然とした。もちろん真実は分からない。しかし当時あれだけ騒いで容疑者を徹底的に叩いたメディアが、新しい見解について一切報道しないというのは、やっぱりどうにもおかしい。親方日の丸の日本人ばかりなのだ。官僚もメディアもダメという状況の中で、「正しい政治家」を選ぶ能力は、今の日本人には無い。

「もう、日本を見捨てて、どこかの国へ移り住むことが、正しい選択なのかもしれない」
「しかし、それは簡単じゃない。足りないもの、捨てることのできないもの。少し、年を取り過ぎてしまった」
「せめて子供たちは、すくすくと伸びる力のあるうちに、と思うのだが……」

夜は三線の稽古である。
 ⇒三線教室専用ブログ
「僕の三線の腕前は、ワケあって、すくすく伸びる気配なし」
「ワケありのおとなには進歩なんかないな、きっと」
「しかたねえ、こんなときは飲むに限る」

null

【追伸(8月19日)】
その「ワケ」とは“チョンダラーの歌”を、キジムナーフェスタのエンターテーメントとしていかに仕上げるかということ、それがどうやら頭から離れそうもないってこと。ともかく、アイデアはひねり出してもろくなことはない。湧き上がって来るのを待つのみ。三線も、もう少し上手ければ、稽古しながらフッと考えが思いつくってこともあるんだろうが、ここまで今の状態だといっぱいいっぱいだから、きっと脳みそにそんな余裕は生まれそうもない。
しょうがねえや、もう一軒行こう。


6月 9日木曜日: 玄羽さんの送別会

《6月8日(水)~9日(木)》
東日本大震災から90日目から91日目。
5月23日の沖縄語を話す会に初めていらっしゃった玄羽さんですが、それからまだ一ヶ月ちょっとだというのに、広島に転勤ということで、もうお別れということになってしまいました。
null

玄羽さんはこれからたびたびM.A.P.after5に登場するという確信があったのですが、いやはや残念であります。
玄羽さんのことは後日たっぷりと追記することにしましょう。
null

酒菜で送別会です。
null
しかし、たとえ玄羽さんが広島へ行かれたとしても、どうもこのままでは終わりそうにない。
とりあえず、玄羽さんが広島へ発つ前に、もう一度会えることになりました。

しゃもじのたーにーに電話する玄羽さん。
null
え?しゃもじのなんだって?

おっと間もなく終電です。では、今度は新宿で……
null

もう一軒。
null
後日追記ご報告予定。

新生M.A.P.未来に向けての出発です。

玉城流喜納の会 関東支部
宇夫方路初公演
をぅどぅい・うた・しまくとぅば・ひやみかち!
東日本大震災被災地支援チャリティー公演

いよいよ明日です!
皆様のお越しをお待ち申し上げています。


null 宇夫方路 

日時:2011年6月4日(土) 昼の部 2時開演 夜の部 6時開演
   (※いずれも開場は30分前)
会場:成城ホール
料金:前売り3,000円 当日3,500円

出演:宇夫方 路
    玉城流喜納の会
    喜利の会
    喜琉の会
    玉城流喜納の会関東支部関りえ子琉球舞踊研究所
    M.A.P.琉球舞踊教室
    厚木カルチャー琉球舞踊
解説:新城 亘(知る人ぞ知る三線博士)
特別出演(チェロ演奏):大島 純(山猫合奏団・東京奏楽舎)

【地謡】
歌・三線:野村流古典音楽保存会 水谷亮介・野村香司
      安冨祖流弦聲会 西村 勉・川崎仙子・持田明美・平沢千秋
筝:琉球筝曲興陽会関東支部 山崎千鶴
笛:沖縄横笛協会 宮良政子
胡弓:安冨祖流弦聲会 持田明美
太鼓:光史流太鼓保存会 具志 忍

【スタッフ】
構成:関りえ子
舞踊監修:伊波正江
うちなーぐち指導:國吉眞正(喜多見で沖縄語を話す会)
舞台監督:池尾秀雄(加藤事務所)
照明:坂本義美(龍前正夫舞台照明研究所)
音響:渡邉禎史
着付・結髪:玉城流喜納の会・玉木流からじ結い喜瀬教室東京支部

総合プロデュース:高山正樹
制作:(株)M.A.P.

※当日、ロビーにて、又吉健次郎氏が製作したジーファー(かんざし)と房指輪を展示いたします。
 

※またM.A.P.が楽天市場などで扱っている沖縄関連商品なども販売いたします。
 ⇒楽天市場沖縄map

主催:をぅどぅい・うた・しまくとぅば・ひやみかち!公演実行委員会
後援:沖縄コンベンションビューロー
    琉球新報社
    沖縄タイムス
    岩手日報
    沖縄芸能連盟
    東京沖縄県人会
    東京琉球舞踊協会
    (株)厚木カルチャー
協力:玉城流喜納の会

なお、本公演はたくさんのM.A.P.縁の方々の御協力・御支援に支えられて実現できることになりました。皆様には深く深く感謝申し上げます。

M.A.P.after5情報には御協力頂いた方々のカテゴリがたくさんあります。よろしければどうぞそれらの記事をお読みくださいませ。
 ⇒[subcate.龍前照明]
 ⇒[subcate.新城亘]
 ⇒[subcate.山猫合奏団]
 ⇒[subcate.東京奏楽舎]
 ⇒[subcate.喜多見で沖縄語を話す会]
《プログラムにメッセージを頂いた方のカテゴリ》
 ⇒[subcate.大城立裕]
 ⇒[subcate.又吉健次郎]
 ⇒[subcate.ふじたあさや]
《プログラムに広告を頂いたお店のカテゴリ》
 ⇒[subcate.魯園菜館]
 ⇒[subcate.スナックぎま]
 ⇒[subcate.酒菜]
 ⇒[subcate.中む食堂]
 ⇒[subcate.鳥力中央研究所]
 ⇒[subcate.忠兵衛]
 ⇒[subcate.ななしん屋]

なお、カテゴリのない皆様やお店については、あらためて別途記事にてご紹介していく予定です。
皆様、ありがとうございました。

間もなく、幕が開きます。

» 続きを読む

5月25日水曜日: 成城ホールでリハ

東日本大震災から76日目……
事務所で“東京にゃいと倶楽部”の録音。本日のゲストは稲垣護さん。ああ、山猫合奏団のブログ、最近ちっともアップしてないなあ。色々と告知することがあるのだが……。
ともかく、手一杯なのです。

収録を終えて、6月4日の公演のため、本番と同じ成城ホールを借りての場当たりを行いました。
ほんとうは、琉球舞踊専用ブログでお伝えしたいのですが、担当の宇夫方路が本番を控えてそれどころではなく……
null null

総合プロデューサーという立場だから、客席でゆっくりお手並み拝見といきたいところだったのですが、そうもいかず。きったねえ格好してったからいけなかったのかな。ネクタイと背広?俺には無理だ。

さあ、この形、覚えてね。
null
いない人には伝えておいてね。
null

【追伸】
やっと琉球舞踊教室の専用ブログに、ちょこっとですけで記事を書いたようです。
 ⇒http://mapryukyubuyou.ti-da…
9時57分。退館3分前。
null
お疲れさまでした……


一杯、やるか……

» 続きを読む

4月15日金曜日: 夜行性だから自粛しない

《4月15日(金)-2》
東日本大震災から36日目の夜……
どうやら夜行性のようで。
自粛なんかしません。

3軒行きました。
一軒目。
null
「沖縄料理“中む食堂”が各界著名人の舌をうならす一流シェフ稲津好太郎さんをゲストに向かえスペシャルコラボレーション!!」
ふーん……
稲津好太郎シェフ null

null
普段の“中む”では見慣れぬ食材。

コラボなんておこがましい?
null
いつもと違って、この日は殊勝に助手に徹する石垣仁であった。

この日の“中む”のことは後日、もう少し追記する。

ともかく、確かにおいしかったのだけれど、なにぶん本日のメンバーにはちょいと似合わなかったみたい。後から後から似合ったお客様が押しかけるので、似合わない我々は制限時間の2時間を待たずに席を明け渡すことにした。

似合った店を求めて狛江放浪。
そして二軒目。
null
見よ、このバラバラなメンバー、このバラバラな感じ。
null
絶対イタリアンなんてダメでしょうという組み合わせ。水才くんに何かを耳打ちしているのは日高さんです。

でもね、意外に(と言っては失礼ですが)おいしかった。狛江駅前の“留園”という中華料理店です。

しかし、ワイン、紹興酒ときて、ちょっと飲み足りない感じ。
そこで三軒目。
null
喜多見に戻って“酒菜”へ。やっぱり、泡盛だねえ。

» 続きを読む

4月 6日水曜日: 琵琶と三線の稽古

《4月6日(水)》
東日本大震災から27日目……
昼から、2回目の琵琶の稽古。
僕のパートナー。
null null

夜は事務所で三線の稽古。
null null
 ⇒この日の三線教室の専用ブログ

そして“酒菜”へ。

すべて後日書く。


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ