過去の投稿

あなたは現在 2010年4月 の投稿をご覧頂いています。

4月29日木曜日: チェロ置いてきたのね

大島君、4月22日の合わせでは、チェロの箱を開けませんでしたが……
この日はチェロ担がずにチェロ置いて稽古場へ。
null
煌々とスポットライトを浴びていますが、Official_Blogに掲載するのはちょっと憚られる画像なので、そういう場合はこちらM.A.P.after5にて。

大丈夫です。まだ笑っている余裕があるのだから。


大雨です。
そんな中、宇夫方隆士御夫妻がわざわざ事務所まで足を運んでくださいました。
null
隆士さんはやることが早いのです。引っ越すと決めたら、もうアッという間なのです。娘の「ちょっと待って」なんて右から左。
今日も事務所に御挨拶にいらっしゃるということでしたが、大雨警報発令。ご無理なさらないようにと思ったのですが、年寄りはせっかちなのだとか、予定を先延ばしする方が「御無理」なのです。
東京で会社を経営していた方、その決断と行動のスタイル、よく理解できるなあ。そんな人が、沖縄で生活できていたのが不思議?

ちなみに、白石准氏が、隆士さんの素敵なデザインで、ずーっと遊び続けています。
 ⇒山猫合奏団 Virtual Landscape
今までPCなど触ったことのない御夫妻、このページをご覧になって、目を丸くしていらっしゃいました。

もちろんしんゆり芸術祭でも、宇夫方隆士デザインのイラストが入ったグッズの販売をいたします。
 ⇒白石准の関連ブログ


(父、隆士の携帯電話で撮った写真でお送りします。)

沖縄を引きあげる両親の為に、井上真喜ちゃんが送別会を開いてくれました。場所は両親の家の近くにある“みぃーむーん食堂”。引越し屋さんが荷物を取りに来た後の最後の食事。

両親と、井上真喜ちゃんと、それから沖縄タイムスの真久田巧さんと又吉健次郎さんと、たった5人の小さな小さな食事会。
null
null
 ⇒朗読会にも皆さん来てくださいました。
真久田さんは、あの最後のコラムを書いたあと、文化事業部へ異動されたそうです。

みぃーむーん食堂はちっちゃなお店だから、5人ですっかり貸切です。店長の呉屋くんがこの日のためだけの特別メニューを作ってくれたらしい。
null
解像度のよくない携帯のカメラだから読めないかもしれませんが、「宇夫方様達のための特別な晩ごはん」と書いてあるのです。
最後に、真久田さんが八重山民謡を歌ってくださったと聞きました。
null
何を歌ってくださったのだろう。とっても長い歌。会の最後にお客様を送り出す時に歌う歌で、お客様がすっかり帰るまでず~っと歌うのだそうです。だから長いんですって。

皆さま、長い間父と仲良くしてくださって、本当にありがとうございました。
(宇夫方路)


4月11日日曜日: 龍谷寺へ

朝10時。パソコン持って龍谷寺。
null
地図の仕事やりながら、お稽古見学です。
(宇夫方路)
 ⇒山猫合奏団のBlogへ

高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ