«Prev || 1 | 2 || Next»
《9月28日(水)》
大震災から202日目……

【この日呟いたこと……】

10:32
かじゃでぃふう練習中。だからよく分かるのだが(こんなこと呟きたくはないのだが)、沖縄から帰ってきてから始まった喉のいがらっぽさがまだ消えない。もう50日以上。書斎の線量0.12μSv/h。

17:54
日本人はみんな、シュレーディンガーの猫になりました。この思考実験の成果は、50年後、貴重なデータとなるでしょう。


シュレーディンガーの猫はM.A.P.after5三度目の登場。
 ⇒【自転車が作った京都御所の轍の心理学的考察】
 ⇒【京都出町幸神社(さいのかみのやしろ)の猿】



ここ数日、相変わらず線量の高い自宅の書斎に篭って、ずっと放射能に関する情報の整理をしていた。原発推進とレッテルを貼られた専門家の提示するデータ、反原発派が危険の根拠とする資料、相反する情報。細切れの事実をたくさん拾い集めていると、だんだんと全体がおぼろげに見えてきたりする。まだ三合目といったところだが、続けるしかない。

しかし、原発事故から200日を越えてようやく三合目では、真実を見渡せた時には既に時遅しなんてことにもなりかねないのではあるが。

あらためて思う。正確なデータを小出しにする東電と保安院と官僚と(当初は政府ではなかったような、今は同じ穴の狢だが)に、ここに至ってますます憤りを憶えている。

今日は“沖縄語を話す会”があるので数日ぶりに事務所へ。だからリハビリのため、朝方ちょっと三線をいじくったりしてみたのだ。

事務所入り口外のスペースに置いたテーブルの上に、黄色くなってきたゴーヤーがみっつ乗っかっていた。
null
なんだ、もう少し早く採ればよかったのに。そして写真でも写してくれればよかったのに。連続性の中で考える、それがM.A.P.after5の基本方針。それには、途切れないことも重要なんだ、なんてね、わけのわからないブログのこと、誰も聞いちゃあくれない。というより、書斎に引きこもっていて、そんなこと言えるわけもない。

喜多見地区会館へ。
 ⇒第39回ゆんたくぬくゎい(喜多見で沖縄語を話す会)の記事
8月24日に1階の部屋のソファーの上で調べた時は0.1μSv/hあったのだが、今日は2階の部屋のテーブルの上。
null
0.05μSv/h、何かが言えるわけもなく。

勉強を終えて、事務所に戻る。五日ぶりに事務所の線量を測る。
null
変わらず。

null null null

null

“コンケンアイ”と“ぎま”のことは後日書く。まだアップしていない記事を順番に。

孤独な連続性の中で。


《8月9日(火)》
大震災から152日目……

null

齢50代半ばにしてライブハウス初出演!
この日のことは、後日ゆっくり書きますが、取り急ぎ(ってもう遅いか)画像を何枚か先行アップ。

null

記念撮影です。
null null

 ⇒三線教室専用ブログ記事
 ⇒琉舞教室専用ブログ記事

【追記(9月9日)】
8月8日とこの日の9日、文部科学省が発表した新宿のモリタリングポストの放射線量の数値は、両日とも0.058μSv/hで、それより前や後の日の数値と較べて全く変化がない。
しかし、それからひと月経った本日9月9日、東京都下水道局は、8月15日から16日にかけて、各地の下水処理施設で採取された汚泥に含まれるヨウ素131の濃度が上がったという事実を発表した。いったいこれは何を意味するのか。

小生の自宅の近くにある川崎稲田公園の汚泥の高い放射線量を最初に発見した方が、9月9日のツイッターで次のように呟かれた。
「当方が川崎で8/8-9にマスク表面から半減期の短い物質(特にβは5月頃の3倍量)を検出した事実と符合します」

以後、各地でヨウ素131が検出され続けている。子供の甲状腺への影響が懸念されるヨウ素131は、ウラン235の核分裂反応で生じ、半減期が約8日と短い。それが検出され続けているということは、どうやら福島第1原発の再臨界が頻発している可能性が極めて高いということらしいのだ。
(※但し東京電力の広報部は、原発敷地内でモニターしている値から判断して新たに放射性物質を排出した事実はないとコメントしたというのだが、さて。)

ヨウ素131は崩壊してキセノン131mに変わる。その際に放射線を出す。問題はそれがβ崩壊なので、モリタリングポストの数値には表れず、小生が所有するDoseRAE2でも検出されないということである。

ヨウ素131はとかく野菜などへの付着が言われるが、降ってくる時に吸い込むことも避けたい。子供の土遊びも心配だ。ともかく、風向きによってはマスクは必須ということか。

しかしよく分からない。キセノン131mはさらにキセノン131にγ崩壊する。半減期はおよそ12日。その飛距離の長いγ線を、なぜモリタリングポストもDoseRAE2も検出しないのだろうか。
ああ、自分で調べるのはなかなか大変なのである。

しかしこの日、マスクしてなかったんだよなあ。



何がどうしてこうなったのか、さっぱり分からないのですが……
なんと明日、M.A.P.の琉球舞踊教室と三線教室のメンバーが、新宿のライブハウスに出演してしまうのです。およそライブハウスなどとは無縁のおばさんたちが踊り、いい年こいたおっさんたちが三線弾いて歌うという、小生が主催者ならば絶対に避けたい出し物。おそろしい暴挙ですなあ。

で、どんな催しなのかというと……
null

Resonance CreatioN企画イベント
アーティストのおもちゃばこ
2011/8/9(Tue)
新宿HEAD POWER
OPEN 17:30 / START 18:00
前売1500円 当日2000円 (ドリンク代別)
http://rcn-company.com/Top.htm

ふーん……
いったいどんなイベントなのか、さて、出演する我々にもよく分かりませんが、要するに、狛江の公民館の発表会以来、人前で踊っちゃって弾いちゃって歌っちゃう快感に目覚めちゃって、もう後先考えずに呼ばれればどこへでも行くM.A.P.カルチャーのメンバーなのであります。

宇夫方路は、大きいところは国立劇場、新宿コマや三越劇場、小劇場なら新宿サンモール、渋谷ジャンジャン、池袋ルピリエと、あっちこっち老舗劇場出演経験豊富ながら、ライブハウスは初体験、3000ステージを越える舞台に立った高山正樹も同様。頼りにするのは、ライブハウス百戦練磨、悶絶華族城'の“おじょう”こと久美ちゃんです。


久美ちゃんは“スナックぎま”の看板娘なのですが、近頃何かとお店以外の場所で会うことが増えたので、和情久美のカテゴリを作っちゃいました。

では皆様、明日新宿のHEAD POWERにて、お会いしましょう!
null


東日本大震災から69日目……
【この日呟いたこと】
8:01
只今朝飯。あさりのお吸い物。「これどこ産?」「愛知だったかな、なんで?」「ふーん…」。世間でいう「風評被害」の極私的風景……


そうしたらmixiにコメントが……
「あさりのお吸い物飲みた~い。 いいな… ご飯作ってくれる人いて 」
だからおいらは……
「呟いた意図に反して、そう来るか……」とコメントで返しておいた。

昼過ぎ、荷物が多いというので、宇夫方路を空港まで迎えに行く。

平田オリザが、ソウルで妙なことを言ったらしい。だから、また呟き始めることになった。

17:38
平田オリザ、大丈夫か。低濃度とも言ったらしい。いい加減な発言でないことを祈る。

17:43
たとえ友達を失っても、原発に拘り続けよう。民藝と馬鹿にすることなかれ。77歳の今野鶏三さんに敬意を表す。


夜は三線教室。
おじょうコト久美ちゃんとぎまのママ。
null
おじょうのファンの皆様、そしてスナック“ぎま”のお客様の方々、おふたり、がんばってますよ。

三線教室が終わると、久美ちゃんとママは急いで帰る。いつもの光景。お店があるからね。お店があるのに来てくれることが嬉しい。

そして残った僕らは、持田先生と打ち合わせが残っているということを名目にして、一杯やりにいくことにした。それは別途記事にて。

《4月28日(木)~29日(金)》

null null null null null null null null

null null null

東日本大震災から50日目になった……

後日、書く。


《3月13日(日)》
東北地方太平洋沖地震発生の翌々日……
悩んだ末に参加を決めた“つどいコンサート”。
null
 ⇒琉球舞踊教室専用ブログ

null
心から感謝したい人たちがいる。

この記事を、素直に書くことのできる日が来ることを願っている。



※引き続き1月15日です。
《2011年1月14日26時45分》
「夜の酒は控えない」と決めた健康ゲームだが、行き詰まりの気配。やはり今年からは「酒」も事業仕分けの対象にしないとダメかな、と考えていたのだが……。
「まあ、お年始だから仕方ないな。」
null
今年はいったいどんな年になるのかな。
12日に会った時も何も聞かなかった。
今日も同じ。あのこと
null
僕の裏ブログ「社長とは呼ばないで」のURLは「mugon」です。
 ⇒http://lince.jp/mugon/

和情久美ちゃん、3月の発表会は、せいぜい楽しみましょう。プロのステージの華やかさとは比べものにならないけれど。
null
間もなく、午前3時。


コンケン・アイを出て……
※12月25日です。
《2010年12月24日26時》
左に曲がらずに、ひょいと右へ。
そこはスナック“ぎま”
たいして書くことはないんですけどね。よく憶えてないし。
null
ピンボケだらけの画像見て、思い出したらなんか書きます。

【年明けて、松もあけて、1月20日に追伸】
結局、思い出さないのです。
最初は静かに飲んでいたようなのですが……
null
やがて……
中真水才熱唱
どうやらピンクレディーらしい。
ピンクレディーらしい
前になり……
null
後ろになり……
null
おじさん、楽しそう……
記憶にございません。
null
夢の中……
null

他にも一杯画像があるんですけどね、もう無茶苦茶で、皆様にお見せするような代物ではなく……

なお、あんちゃんは独身。すごく素敵な人です。誰かいい人いませんか。
あんちゃんと高山正樹と和情久美

» 続きを読む

※まもなく12月18日です……
《12月17日(金)27時30分》
市川海老蔵の私生活には全く興味はないが、海老蔵の芸は頗るいい。テレビのワイドショーなんかで流される印象と、役者で舞台に立っている姿が、これほど違う有名人を他に知らない。たった一度観ただけの観客を、まるでずっと歌舞伎ファンであったかのような気にさせる、そんな魅力のある芸なのだ。

これから僕が書くことは、極めていい加減な戯言なので、一切信じないで頂きたい。

ある人から聞いた話。海老蔵が負った怪我は、あのビートたけしより酷かった。ビートたけしは、外側から手術したので顔面に後遺症が残ってしまったが、今回の海老蔵は、顔をめくって内側から手術を施した。大変高度な技術で、その費用は8,000万円であったとか。誰がその治療費を負担したのかは知らないが、あの海老蔵の芸のためなら、そのくらいの金、松竹も簡単に出すだろう。海老蔵の芸は、それに見合う以上の客を呼ぶ。

今回の事件があって、例えば、海老蔵と裏社会との黒い関係が暴かれることになろうとも、そんなこととは全く無関係に海老蔵の芸に魅せられている人がたくさんいるに違いない。どうやら元暴走族側は、そこがちっとも分かっていない。彼らが出し惜しみしている情報に興味を持っているのは、舞台での海老蔵を観た事のないミーハーたちだけである。それほど海老蔵の芸は圧倒的なのである。

僕は、海老蔵の出演する歌舞伎のチケットが手に入ったら、万難を排して観にいく。しかし、諸事情で歌舞伎の招待券を入手するルートが無くなってしまったから、きっと歌舞伎とは再び縁遠くなりそうで残念だ。あは……。

しかし、なんでこんなに“有名”な舞台のチケットって高いのだろう。まったく儲からない無名の芝居をやっている連中には高嶺の花だ。芝居に志す若者たちが歌舞伎を観にいけないという状況。我々の山猫合奏団や東京奏楽舎の、一生懸命抑えた安いチケットだって、なかなか彼らには買ってもらえない。

途端に話が私的になるが、それなりに金を持っていそうな友達がこぞって僕の舞台を観に来てくれるのかというと、それもない。彼らは我々のチケットの何倍もするような“有名”な舞台の方なら観にいくのである。我々のやっているものは、2,800円の価値しかないんでしょとでも言いたげに。

話はすっかり変わるけれど、美味いものを食うにも金がかかる。我々が喜多見情報で紹介しているお店だって、お金のない若者が通える店ではない。
学生や若い役者のタマゴならそれも致し方ない。早く稼げるようになれってなもんだが、いい大人たちが、大手居酒屋チェーン店や、激安居酒屋の、合成調味料まみれのレトルトメニューで満足している姿は、なんとも悲しくなる。だからなのか、若い連中も、美味いものに頓着しなくなる。やがて、美味いものがどういうものか、それがわからないということも平気になる。それが役者なら、芝居の厚みを獲得するひとつのルートを失っているのだが、彼らにその自覚もない。

とはいえ、どこか遠い産地から札束の力で収奪した食材を、高い輸送費をかけて手元に届けさせ、いいところだけ使ってあとは捨ててしまうような阿呆な料理人の「高級作品」に、舌鼓を打って満足するような成功者が信頼できる舌を持っているなどというつもりも更々ないのだ。彼らは彼らで、大切な何かが見えなくなっている。

要するに、あちこちで断絶している、そんな気がしてならないのである。

だから今日は、「社長とは呼ばないで」との断絶を僕は埋めてみたのだ。時々企てる個人的なリハビリである。

いい加減な戯言はまだ続く。どうか読み飛ばしていただきたい。

海老蔵なんかどうでもいいのである。実は海老蔵より気になるのが、鬼塚ちひろである。「男がいないとダメ」みたいな女性、好きだなあ。それにしても何であんな男に引っかかるんだろうなあ。彼女が落ち込んでいる時に、あの男じゃなくて、僕がソバにいりゃあよかった。
てなことを言ってはみたが、僕は鬼塚ちひろがどういう人間なのか、どんな傾向の歌を歌っているのか、殆ど何も知らないのである。ただ、家のPCの中にあった「私とワルツを」という曲を聞いて、たいそう気に入ったというだけのこと。

鳥研を出たら、何故か最近話題になっている鬼塚ちひろにエールを送りたくなって、どうするのかというと、「私とワルツを」を歌ってみたくなって、“ぎま”に行くことにしたのだった。

しかし歌えるわけがないのである。なにしろ1、2度しかまともに聞いたことがないのだから。

よし、練習して、歌えるようになろうときめたのであった。久美ちゃん、しばらく待ってなさい。

» 続きを読む

《12月10日から11日にかけて》
コンケン・アイを出て、グダグダ言ってる白石准を連れて、みんなで喜多見の駅まで歩きました。
「ここどこ、なんで僕、歩いてるの」
「だから、タクシーなんか乗らないで、健康のために歩いた方がいいでしょ、あんたのために歩いてるの」

喜多見から後は楠定憲さんにお任せして……
※その後、こんなだったらしい。
 ⇒白石准の自白

ちょっと届けるものがあって、再びコンケン・アイ方面に戻りました。行き先はコンケン・アイのお隣さんのスナック“ぎま”。ほんのちょっとだけ飲んで帰るつもりだったのですが……

最近少し地味になってきた「おじょう」?
null
そういえば彼女のことをM.A.P.after5では「おじょう」と呼んできましたが、ほんとはちょっと違うんです。彼女は「おじょう」というバンドのリードボーカルの和情久美。この「おじょう」というバンドは全て苗字が「おじょう」だからややこしい。「織晴」に「乙条」に「烏成」、みんな「おじょう」。久美ちゃんの「和情」も「おじょう」。というわけで、これからは久美ちゃんにすることに決めました。

「スナックで、お客さんと歌うことに抵抗ないの」
「このお店じゃなければやめてたかもしれない」

この久美ちゃんの言葉は、ママにもお客さんにもうれしい言葉だよね、あんちゃん。
久美ちゃんとデュエットするあんちゃん
しかしなかなかCDの売れない時代、「おじょう」も来年は新しい展開があるらしい。だから久美ちゃんは久美ちゃんにしました。

“ぎま”のママは沖縄久米島出身。毎年、地元から泡盛が送られてきたのだそうで。ああ、うらやましい。
美ら蛍 
泡波もそうだったけれど、この美ら蛍もを久米島の米島(よねしま)酒造が造った泡盛で門外不出の銘柄といわれているものなのです(といっても、今はネットで買えるんだけれど)。
こういうネットワークがウチナンチュの間にはあるんですね。日本酒とか焼酎にもあるのかな。

その美ら蛍を、なんと頂いてしまった!
null
今日は飲みませんよ。持って帰って、しばらく瓶熟成させようっと。

あれ、今日も浅野さんが来ています。
みえちゃんと浅野さんたち。
お連れはだあれ?
浅野さんと高山正樹
お隣の材木屋さんのあんちゃんと一緒に。
高山正樹とあんちゃん
もう一枚!
宇夫方路とあんちゃん
上は最後に撮影した画像。画像プロパティの記録によると撮影時間は12月11日の午前2時6分でした。
本日、山猫合奏団の合わせだというのに……



«Prev || 1 | 2 || Next»
高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ