«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»
《10月7日(金)-1》

鈴木雄介から、こんなツイートを見つけたぞというメールが来た。
「原発関連でおバカ発言を連発している経営学者の池田信夫は『熊楠KUMAGUSU』撮影当時 NHKの社員で担当者だった うざかったんで打ち合わせで殴った事がある 改めて当時の俺を褒めてあげたい」
呟きの主は、映画監督の山本政志氏。6月30日、下北沢でお見かけした智内さんのお知り合いである。
 ⇒なんでもない下北沢の夜
M.A.P.after5でも、いつの間にか“池田信夫”のことを何度か取り上げてしまった。ウンコを踏んづけてしまったようなものである。
おっと失礼、M.A.P.after5のポリシーに反する発言であった。しかし、3.11以来、少しばかりハッキリとモノを主張しないと、きっと後で後悔すると思い始めたのである。だから、ツイッターでの突発的な無遠慮な呟きも、M.A.P.after5に転記することにしたのだ。
大震災から211日目の午前2時である。

【この日呟いたこと……】

※ミュージシャン鈴木慶一氏が入院した哲っちゃんについてツイートしていた……
「心配です。私の生涯初レコーディングは“されど私の人生”でした」
そこで僕はメンションとやらを送ってみた。
2:13
先日のライブで、哲っちゃん、皆さん体に気をつけてって言ってました。僕は「ちょっと太ったんじゃない、ダメだよ」って言われた。札幌まで見舞いに行こうかなあ、と。 @keiichi_suzuki


※いったい何時に眠ったのだろう。いったいいつ起きたのだろう。いつのまにか出掛けなければいけない時間が近づいてくる。フォローしている沖縄関連の呟き……
「基本的に沖縄の方言は「ア、イ、ウ」の3母音で構成されています」
まただ、と思いつつまた「メンション」してみた。
2:13
「沖縄の言葉は音素が少ない」と勘違いされがちですね。でも実際には少ないが「エ」も「オ」もあるし「エー」「オー」はたくさん。「声門破裂音」や「ディ」や「ファ」、音韻は日本語よりずっと豊かです。@okinawa2go



ツイッターなどというものに関わっていると、ほとんど眠っているような状態なのに、世界のいたる場所、全ての人間と繋がっていると勘違いすることがあるらしい。極めて危険である。早く、ここから離れよう……


《9月19日(月)》
大震災から193日目……
null
null
かわいいこいつは放射線とは無関係です。これはほぼ間違いない。つまり去年も一昨年も、同じような実が生りましたから。

【この日呟いたこと……】
8:04
九月十九日 あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです。 あした、めんど なさいばんしますから、おいで んなさい。とびどぐもたないでくなさい。山猫拝

原点に戻ろう……
原点は懐かしく、そして楽しきこと……


【今日の宇夫方路】

null
 ⇒琉球舞踊専用ブログ記事へ

その後……
null

報告は宇夫方さんから後日。


【今日の高山正樹】
null
娘の(と、勝手にそういうことにした)横澤有紀から「S席とA席でどちらがよろしいでしょうか?」とメールが来たから「普通でいいよん」と返信した。そしたら「できるならば早めに来て並んでくださった方がいい、A席は一番後ろなってしまうとうわわわってなってしまいます」ということなので、少し早めに行って、ちょっと危なさそうなおじさんたちの列の後ろに並んだ。
すると後ろから声がする。「こ、こ、ここ、こ、ここは、と、とと、当日券のれ、れ、列ですか、か」
そこで僕は「さあ、知らん」とつれない返事をしてみたのだった。
続く……
null

智内さんが哲っちゃんと新宿で会うというので、向かった。
哲っちゃんは僕の顔を見るなり「太ったね、だめだよ」と言った。
null

続く……


《8月6日(土)-3》
FM世田谷“せたがやじーん”以来のラジオ生本番でした。

すいません、ちょっと先を急いでいるので。とりあえず画像だけ。
パーソナリティーの高橋進さんと記念撮影。
null
 ⇒高橋進さんのブログ記事
null

後日、諸々必ずお話しします。


《8月4日(木)-4》
ここは北谷アメリカンビレッジ。返還された米軍基地の跡地。
null
訪れたのは“AKARA”
null
この中に“ボクネン美術館”がある。
中に入る前に、建物の姿などを撮影しておこうと思った。雨が降ってこないうちに。
null
と、沖縄市のコリンザの100円ショップで買った帽子が強風に煽られて……
null
ああ……

null

報告は後日しますよ、智内さん。
null


《9月22日(木)-3》
下北沢、Cafe & Bar “lete(レテ)”
一昨々日、哲ちゃんに会ったときは、来なくていいって言っていた。
「ソロだからさ、まだ完璧じゃないんだ」
哲ちゃんらしい。行こうと決めた。
7時半開場だから、てっきり8時開始だと思っていた。7時半頃会場に着いたら、哲ちゃんが表にいた。
「8時半スタートだよ」
「え、なんだ」
「まだ早いよ。智内とリックはたぶんその辺で飲んでるよ。俺、ちょっとその辺ブラブラしてくるよ」
「オレもそうしよう」

null
15、6人も入れば一杯である。当然僕はちゃんと入場料を払って座ったのだが、関係者扱いの智内さんとリックは、結局入れなかった。つまり、予想外(?)に有料のお客さんで満杯になったということ。智内さんとリックは、表でウロウロしている。
ウロウロしている智内好文 ウロウロしているリック・タナカ

今日は、お客さん、いっぱい来てくれて…
友達、3人来てるんですが……
null
中に入れなくて、だから…
気分がいいので……
アンコール、もう一曲…

そうして歌ったのが、与論小唄(十九の春)だった。

今日はこれだけ。
後日、もう少し、いろいろと。

それから、リック・タナカのサブカテゴリも作った。


10月 8日土曜日: 深夜の線量計比較実験

午前0時を回って大震災から196日目になった。
リックも、酔っ払いの智内さんも寝たし……。
そこで、深夜の研究、鈴木雄介所有のガイガーカウンターと我が“DoseRAE2”の比較測定実験第二弾。
前回は8月28日だった。
 ⇒http://lince.jp/hito/gensiryoku/koosatu…
結果は 0.12μSv/h(14CPM)vs.0.06μSv だった。

null
平均17CPMってことにして……
17×0.00833=0.14μSv か。
一方……
null
0.08μSv ねえ。

まあ、セシウム137に合わせた0.00833という換算係数が適切なのかどうか。雄介宅に存在する放射性物質がセシウム137なのか、ということばかりじゃなくて、ガイガーカウンターのこの機種のこの機械に適切な数値なのかもよく判らず、さらに毎回毎回の計測の差も大きいし、一方の我が機種だって、ガイガーカウンターではなくシンチレーションなのだが、「それってどんな仕組みなの」と聞かれても、「勉強中」としか答えられないわけで。

つまりさ、8月28日の喜多見の事務所に較べれば、今晩のこの部屋の線量は少しばかり高そうだが、まあ健康には殆ど影響なさそう、でもどうなんだろうねえ、ってことぐらいは言えますけど、ってなもんだ。

さて、いったいどこまでわかるようになるんだろうか、ということでこんなサブカテゴリを作った。
 ⇒[subcate.原子力のお勉強]

もう、4時だぜ、おい……

ちょっと寝て、起きて、食って、出掛けた。
《9月22日(木)-1》
喜多見、M.A.P.事務所入り口外の今日の線量。
null


9月16日金曜日: 中川五郎 in 阿佐ヶ谷

《9月16日(金)-3》
慌てて明日の告知をして、そして阿佐ヶ谷へ……
null

智内さんからのお誘いで……
既に酔っている智内好文氏

中川五郎ちゃんのライブに……
null

行ってきた。
null null

“メッセージソング”というレッテルを貼るのはどうかとは思うけれど、しかし……

ただ、ライブ終了後、「いや最高、ほら、初めて見て、びっくりして固まっちゃってる人もいるよ」と、中川五郎氏に大きな声で話し掛けたおっさんには閉口した。

言いたいことの詳細は後日。

» 続きを読む

《7月13日(水)-2》

チケット……
null

Yae……
null null
本名、藤本八恵。お登紀さんの娘。
客席は……
null

「静かに、眠ってもいいですか」

もの売りリック……
null

浦安の、それでも明るい……
null

智内さんがいれば一軒では終わらない。
null

全て後日、書く。


6月30日木曜日: なんでもない下北沢の夜

《6月30日(木)の夜》
もちろん特に意味はない。特に意味なく飲んだハナシをブログに書くのは、智内さんの様子をこのブログでチェックしている方が意外に多いらしく、その御期待に答えようというどうでもいいサービス精神からである。

下北沢の“今成”へ。
初めての“今成”は、⇒1月28日の記事
2回目の“今成”は、⇒4月8日の記事
こりゃ、どうでもいいリンクだな。

あっちの席に座った外人さんの集団。
null
お金持ちの外国人はみんな逃げ出したらしい。鈴木雄介氏情報によると、例の草薙君が深夜裸になった公園、そこは昼間日本在住外国人ママたちが子供を連れて交流する場所だった。それが震災以来すっかり消え失せたのだとか。

「ということは、あの連中は金持ってないんだな」
「ありゃオーストラリア人だ」
「どうしてわかるの」
「オーストラリア人ってあんな雰囲気でしょう」
「いやドイツ人だ」
「じゃあ頭に逆卍の刺青?」

いやはやまったくもって不謹慎なことをくっちゃべりながら飲んでいる。無責任なものである。だーれも自分の発言を信じちゃいないが、といって100%ウソというわけでもない。オーストラリア人とかドイツ人とかの、共感する一種の感覚を楽しんでいる。飲み屋の会話なんて所詮そんなもんである。こういう類の会話にたとえ大切な真実が含まれているとしても、それをツイッターなんかで呟いてはいけない。ブログに書くなんてもってのほかである。

トイレに貼ってあった映画のポスター。
null
“Three☆Points”只今上映中!

「おもしろいの?」
「さて」
「いい映画なの?」
「知らない」
「なんでそんなのブログにのっけるの?」
「だからさ、監督の山本政志さんがさ、智内さんの知り合いなのさ」

今成の2階。智内さん(左)と山本政志監督(真ん中の眼鏡の人)御一行。
null

さらに僕や雄介氏の古い友人のS氏が、智内さんと知り合いであったことが判明。飲みながら電話してみたりして。

「次、行きましょ、次」

この店のあっちのテーブルには美女(?暗くて不明)3人。
null
こっちは3人で超170歳。
null

後は後日報告。
null null

もうすぐ2011年の半分が終わる。今日は東日本大震災から112日目のうちに帰るんだ。区切りはちゃんとつけなくちゃ。明日から夏なのだから。

ところが……

» 続きを読む

6月30日木曜日: 気持ちに羽が生えた

東日本大震災から112日目。

《6月30日(木)の朝》
久しぶりに自宅へ戻った。
すると、親父が風呂に入っている最中だった。

要介護5の老人が風呂に入るためには、何人もの人の手がいる。
在宅入浴サービス 家の中へ

久しぶりの書斎……
久しぶりの書斎
いつまでこの恵まれた状況を確保しておけるのだろうか。

仕事のこと。
原発のこと。

久しぶりだ、薬を飲んだのも。
薬ふたつぶ

あしたからのこと、考えている。
不思議に、ほんとうに久しぶりに、楽しいのである。

どうやら気持ちに羽が生えている。

人生こそが最大のミステリー。

※ここまでは久しぶりにリアルタイムで書いたブログです。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»
高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ