過去の投稿

あなたは現在 2010年12月 の投稿をご覧頂いています。

12月25日土曜日: おとなしく寝る

昼間はちゃんと健康ゲームしているのですが、夜がどうもね。
飲み過ぎかな、少し身体の調子が崩れてきているみたい。

21日は自宅から喜多見の事務所まで歩いて、夜は市民劇の読み合わせ、溝の口まで走ったのですが、その筋肉痛が4日も経って今日出てきたりして。

そういえば21日からずっと毎日深酒だ。

酒を飲むと甘いものがいらなくなる、それは酒で糖分を摂取しているからだって聞いたことがあるけど、ホントのところはどうなんでしょう。
じゃあ逆に甘いもの食べれば酒が飲みたくなくなるのかなあなんて、事務所にあった沖縄のお土産に手を出しました。
いーもん いーもんを割ると……
事務所から稲田堤の自宅まで歩いて帰って、書斎で仕事でもと思ったのですが、なんだか頭が回りません。紅芋のお菓子を食べて、糖分補給したのになあ。

今日は腹筋と腕立て伏せでもやって、おとなしく寝るか……


結果は白でした。

一週間前の尿検査で、大きな細胞が発見されました。大きな細胞はガン細胞である可能性が高いらしい。そこで細胞診と相成りました。神経質になるのは、腎臓癌に完治はなく、術後何年経っても転移する可能性があるためです。だから定期健診が欠かせない……

しかし、CTやレントゲンでの被爆が新たな発ガンのリスクを高める。問題は検診を受けないで手遅れになる確率と、検診の被爆で不治の癌になる確率の数値比較によって適正な検診の周期を決めるということになるのですが、これが医者によって見解がまちまち。要するにわかんないわけです。

さらにその確率がどうであれ、検査には本質的な問題がある。見つからずにいつのまにか直る癌なんていくらでもあるわけで、放っておけば死ぬまで静かにしていたであろう癌細胞を、わざわざ検査して見つけて出し、命を奪うまでの癌に成長させてしまうということも往々にしてあるのです。

ただね、と、主治医は言われました。
「死ぬ時に後悔するのだけは避けたいですよね」
ボチボチ取り返しのつかない年齢になってきました。「後悔しない」は、物事を判断するのにいいキーワードかもしれません。

喜多見に戻って、お昼はコンケン・アイで食べました。

「オカマ」と「青年座の制作」に続くM.A.P.的就職支援第3弾です。
職人さん美集中
これがコンケン・アイのオヤジさんの本業です。
若い人は、まだまだいくらでも取り返しがつくのだから、なんでもやればいい。「オカマ」も「芝居の制作」も「建設業の見習」も、いい経験になると思うけどなあ。

おや、看板に象が……
コンケン・アイの看板に書かれた象の絵
そこで、こんな記事を書きました。
 ⇒井の頭自然文化園で拾った埋め草

私事ではございますが、一部の方々にご心配をお掛けしましたこと、謹んでお詫び申し上げます。

» 続きを読む

《12月1日(水)》
ああ、今年ももう12月。

午前9時。宇夫方路女史からメール。
成城ホール
成城ホールにて抽選中。
はたして、いかがなることやら。

午前9時30分。当選おめでとう!
2011年6月4日(土)を押さえることが出来ました。

10月27日の記事で、今後のブログの公開方法についてややこしい説明をしました。その続きです。まあ、どうでもいいような話で、申しわけありません。たかがブログ、されどブログ。
過去のことを書いた記事(「主な記事の一覧」印の付いた記事)のうち、10月中にアップしたものについて、記事に書かれた出来事が実際に起こった日に移動してアップし直しました。やっぱりややこしくてどうでもいいハナシ。

それから、小沢城址を歩いた10月31日の記事を書き始めたのですが、半分くらい書いたところで時間切れ。仕方ないから記事を分けることにして、書いたところまで先行アップ。

午後5時45分。あわてて出発。自転車で事務所に向かう。これもまた健康ゲーム。
今晩は7時から、狛江の公民館で三線の自主稽古だよん。

» 続きを読む

高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ