早大オープン講座「沖縄学」の後、早稲田で飲んできたのに……
健康ゲーム中なのに……
もうすぐ今日が終わる時間だというのに……

要するに、ちょっと食い足りない感じで、もう少しお腹を落ち着かせてやらないと安らかに眠れそうもないのです。で、喜多見における減塩対応の居酒屋開拓がまだまだ不十分なので、減塩対応第一号の鳥研にやってきたのです。ちょうど一週間ぶりです。というわけで、鳥研は月1回までという戒めを、やっぱりあっさり破ってしまいました。
塩、無しです。
焼いた鳥肉 つくね
それで十分旨い。というより、ある程度減塩に慣れると、塩降った肉よりはるかに旨いのです。
今日も炭水化物はちくわぶ少し。
ちくわぶ

世の中、不思議な符合というものがあるようで。
松下直仁君たち
左の彼は喜多見在住の松下直仁君。なんと早稲田の大学院生且つ沖縄の久米島出身。久米島は高山正樹の義父の故郷です。もうびっくりですね。右の青年は名古屋から遊びに来た宮崎出身の中島新君で松下君の高校の同級生です。真ん中の背の高い男性はお店のアルバイト。今日は若い女の子はいませんでした。
松下君とはどこかでまたバッタリ会いそうですね。

今までの鳥研訪問記を思い起こしてみると、他のお客様が帰って最後残ると、色々おいしいことがあったなあ。高田君の実家で作ったお米を貰ったり、賄いのうどんを頂いたり、そういえば記事には書いていないけれど、高田君の故郷の尾道ラーメンを貰ったり。皆さん、ダメですよ、そんなこと期待して居座ったりしては。たまたまのタイミングの問題なんですから。
そして今日も……
でも、それは明日の朝の話題。