«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»
《9月9日(金)》
大震災から183日目……
null
昨日の朝、見落とした子供。
null
しゃぼん玉飛んだ、屋根まで飛んだ、屋根まで飛んで、壊れて消えた……

null

川崎の新百合ヶ丘へ。
待っている間に、駅前にて。
null

切れたもの、繋げるために……。
null
null
たとえこのまま消えてしまったとしても、魅力的なミステリー。

なんでもいいから、時々写真撮って送りなさい。それで、父は安心するのだから。
食べるもの、気をつけるんだよ。

そうして、一枚の画像が届いた。
今日の鴨川。「鴨川デルタ」と一言だけ注釈がついていた。
null


【この日呟いたこと……】

17:22
「死の町」発言がなんで不穏当なの?この国、狂ってきたらしい。

17:37
国が決めた暫定基準値を安全とするか否かは個人で判断すべきもの。数値を示さず、ND(不検出)なんて誤魔化す現状で、福島を応援しよう的な販売促進企画には首を傾げるが、そこで買うも買わぬも個人の勝手。しかし抗議した人たちを「心無い」と評したフジTVのニュースのコメントは酷かった。

17:48
何年も前からスーパーに勤めていた友達が賞味期限や産地偽装は業界の常識だと言っていた。息子は、あるスーパーを抱える会社に就職内定したのだが、会社の人から同じことを言われたという。「でも、うちは絶対にやらないって言っていた」という。全てさらけ出さなければ、再生なんかきっとない。

18:00
では本題です。来年、琉球新報社主催の琉球古典芸能コンクール三線の部の新人賞に挑戦することにしました!あー、言っちゃった!僕、安冨祖流です。課題曲は伊野波節。しぇんしぇいは新城亘先生、あー、ほんとに言っちゃった。知ーらねっと。

18:07
なんだか自分の呟きに自己嫌悪。やっぱり140字って、苦手なようです。

22:16
懸命に勉強し、自ら考え、何が分かり何が分からないのかが見えてくると、確固たる覚悟が生まれます。それは芝居も三線も原発も同じことだという気がしてきました。今日、ふじたあさや・新城亘両先輩と話をしてそう思ったのです。ふたりとも原発の話なんかしなかったけどね。




【おまけ】
null
特に意味はなし。



去年の5月にお借りしたチェロ
今日、ようやくお返しにあがりました。

藤井つとむ さま。
null
長い間、ほんとうにありがとうございました。

これがカテゴリー「デクノボー」の最後の記事になるのかどうかはミステリー……

人気ブログランキングへ
(現在32位、ちっとも変わらず)


9月 7日月曜日: まったりと三線

ちょっと気が抜けて、まったりと三線を爪弾いたり…
null

すでに、次の挑戦を考えているのです。
少しゆっくりしなよってか…

それでも、ぼちぼち過去の記事をいくつかアップしました。
M.A.P.カルチャー琉球舞踊教室(8/22)
雌花が咲いたら受粉の手伝い(8/26)



8月21日金曜日: 大切なのは挑戦すること

三笑亭夢丸師匠から、10月の独演会のご案内が届きました。
null
【第19回三笑亭夢丸独演会】
日時:平成21年10月3日(土)18:30開演
場所:国立演芸場
木戸:2,000円
夢丸師匠は中入り前に“おかふい”を、そして最後に第9回夢丸新江戸噺優秀賞受賞作品“身替り首”を口演されます。

師匠に教わったこと、それは挑戦すること。
奏楽舎のカテゴリーも顕在です。
えーと…、ん、まだ言わない。

さて、挑戦といえば石鹸、「森の和(もりのなごみ)スペシャル」…
http://lince.jp/hito/morinonagomi…
…という話でしたが、楽天市場への登場は少し先になりそうです。というのは…、あー、言いたい、言いたいけど、やっぱり言わない。ただ今、挑戦中、とだけ。

というわけで、「旧・森の和石鹸スペシャル」を、まず取り急ぎM.A.P.after5の読者だけに販売のご案内をいたします。
null
1個400円です。
いずれM.A.P.販売サイトで売り出す予定ですが、大好評なので販売サイトに出品する前に売り切れてしまうかもしれません。ご購入ご希望の方は、お早めにお問い合わせフォームなどからご連絡ください。
(11月4日、「旧・森の和石鹸スペシャル」の販売を終了しました。お買い求めくだいました方々、ありがとうございました。新しい石鹸も、宜しくお願いします。)

《おまけ2個》
ひとつ。今日のゴーヤー
null
ゴーヤー作りも挑戦です。
明日のゴーヤーへ

ふたつ。宇夫方路女史は、明日の本番に向けて稽古中。
稽古場から届いた画像。エイサーで使う太鼓「パーランクー」
パーランクー
ちなみに、パーランクーは元来久米村独特のものだったらしい。つまり、現代のエイサーは、比較的新しい芸能だということか。

「新しい伝統芸能」…
沖縄のキーワードのひとつです。

明日、宇夫方路の新しい挑戦を告知します。


M.A.P.の事務所は狛江市にあります。
狛江市は絵手紙発祥の地。
小池恭子さんが紙漉工房“紙芳”の葉書を使って、絵手紙を三通も書いてくださいました。
一通は小池さんが日本農業新聞に隔週で書いていらっしゃるコラムに。
null
「墨や絵の具ののりもよく、筆が引っかかる感触もあって描きやすかった」と紹介されています。

後の二通が事務所に届きました。
null null
(上が月桃の繊維を含んだ紙。下が芭蕉。)

全国の絵手紙ファンの皆様、是非一度、沖縄の紙を使ってみてくださいませ。
楽天市場沖縄map紙漉工房“紙芳”「はがき」
(現在は夏に作る月桃の繊維を含んだ葉書のみの販売です。その他の紙は秋までお待ちください。自然には抗えません。)

《関連記事》
http://lince.jp/hito/etegami…(小池恭子さんのこと)
http://lince.jp/hito/kamitokami…(絵手紙のミステリー)


8月 5日水曜日: 日々挑戦…

午前中、神宮前へ。
ポット出版。
責任販売制。興味深い試み。
null

日々勉強。
日々挑戦。

null

売る努力をしない本屋。
怠惰なのは誰…?

日々、妄想…?

もうひとつ。
南の、100万人の
閉鎖市場。

これ以上のことは
いずれ
「社長とは呼ばないで」にて。


月に2回の“沖縄語を話す会”に、今日もお邪魔しました。
國吉眞正さんと船津好明さんから、とてもたくさんの貴重なものを頂いたりお預かりしたり。
null

ひとつひとつについて、お話したいことがたくさんあるのですが、相変わらずやらなければならないことが山積みで、すぐにご報告というわけにはいきそうにありません。
落ち着いて、
ウチナーグチ講座のように、ぼちぼちとご披露していこうと思っています。

たくさんのお土産は「お宝」でもあり「宿題」でもあり、それらをカバンいっぱいに詰め込んで、大崎から吉祥寺に向かいます。

吉祥寺は、今、沖縄の町といってもいいほど、沖縄の方たちが多く住んでいたり、沖縄の居酒屋がたくさんあったりするらしいのですが、でも今日は時間が無いので、街をゆっくり見る暇も無く、まっすぐに前進座劇場へ。

急ぎ足。自然と斉藤哲夫の懐かしき歌を、心の中で口ずさんでいます。

♪きちじょーじからー みなみへおりてー…
♪ちきちきちーきちじょーじー、ちきちきちーきち きちきちきちじょーじー……

劇団コーロ。“ハンナのかばん”
null
ユダヤ人少女ハンナ・ブレイディのかばんには、ホロコーストの真実が詰まっている。
ユダヤをめぐる現況は、そう単純ではありません。でも、「今、何故ホロコーストなのか」、そんなありがちな質問をする気もありません。ただ、歴史に学ぶことが、対立を持続するためにあるのだったら、歴史など忘れ去ってしまったほうがいい。

僕は、島尾敏雄氏が1972年に書いた「大城立裕氏芥川賞受賞の事」という文章の一節を思い出していました。
(1972年ということは、斉藤哲夫「吉祥寺」の前年ですね…)

「彼(大城立裕)の目がひとつではなく、いわば複眼の構造を持っているということだ。小説の表現の世界で期待できるのは、この複眼の構造ではないだろうか。(中略)つまり『カクテル・パーティー』に登場するそれぞれの人物は、それぞれが被害者であると同時に加害者でもある条件を背負っている。作者が、そのところに目を据えている姿勢を、私ははっきりと読みとり、そのことに読後の充実を味わうことができた」

今ユダヤの人々は、ホロコーストの経験を、未来へ向けて、どのような精神的遺産として位置づけていこうとしているのでしょうか。
そして“ハンナのかばん”を演じる俳優の皆さんたちは、ハンナのかばんの中身に、どのような関心を寄せているのでしょうか。さらには、それはどれほど切実な関心なのでしょうか。できることならば、この舞台が終った後も、ずっともち続ける関心であって欲しいと願うのですが、しかし役者とは因果なもので、次々と新しい興味に乗り換えることができなければ、どうもやっていけない職業でもあるようです。

島尾敏雄氏は、さらにこう述べています。

「(大城立裕氏が)『沖縄のもっている荷の重さ」と書いた琉球弧を、文学的な複眼の構造で見た場合、それは言い知れぬ豊饒な母体として写ってくるのを私は払いのけることができない。しかし(中略)その母体を享受することのできる者が、限られていることも、どうしようもないことに思う。でも大城氏の場合は明らかにそれを手に入れている。琉球弧は内発的な表現力を生み出す母体として彼の前に横たわっている。彼はただ手をのばしてつかみとりさえすればいいのだ。
私は琉球弧の中の奄美に十二年も住んできたが、その条件が私の内面にわかちがたくはたらくところまで、まだたどりつけないでいる。ひとつのかすかなのぞみは、奄美の土着の世界への尽きない関心を失っていないことだ。」


劇中、白石准ちゃんが生演奏でピアノを弾いたのです。そのことを語ろうと思っていたのですが、それを語るならもっと適任の方々がいるように思うので、僕は遠慮することにしましょう。
http://juninho.blog…

終演後の、御主人様が去ったあとのピアノ…
null

朝から何も食べていなかったので、有名な“いせや”へ。
劇団あとむの面々。
null
楠さんと、織田さんと、大女優改め天才の…
やーめた、また名前変わるかもしれないから、今度会ったとき名前変わってなかったら紹介するね、今ちゃん。

(ちなみに、youTubeの斉藤哲夫「吉祥寺」に“いせや”が出てきます。)



カテゴリ: mystery
花柳紀寿郎は、女優の修行のためにと日本舞踊をはじめました。
1961年、作曲家、間宮芳生、劇作家、ふじたあさや、声楽家、故友竹生則、創作舞踊家、関矢幸雄らと共に“土の会”を結成。
1962年には、東京の草月会館で、寺山修二の「犬神」に出演します。

私が、先生の内弟子になったのは28年前。
観客を喜ばせるために、いつもでも、どんな場所でも真剣で、生半可なことは絶対許してくれませんでした。先生は何時もいつも表現のことばかり考えていました。昔、今はもう亡くなられたおばあちゃん(先生のお母さん)が、「紀子(先生の本名)はいつも日本舞踊の話ばかりするけれど、他の人はそれじゃあ疲れちゃうよ」とおっしゃっていらしたことを思い出します。
先生と出会ってから、もう30年以上も経ちましたが、昨夜の先生は、相変わらず舞台の話や踊りの話で尽きることはありませんでした。それとも、久しぶりに私が訪ねたからなのかもしれません。

朝はゆっくりの起床。小泉君が丹精込めて作ったおいしいお米、ふっくら炊きあがったご飯は、なによりの御馳走です。
朝、誓子ちゃんが言っていました。
「私はね、みっち(ここではみんな私のことをそう呼ぶのです)たちが、お母さんから違う、違う、違う、違う・・・・って怒られながら稽古していたのを見て育ったから、それが普通なんだと思っていたけれど、今の人は違う、違う!って言われると、すぐ出来ませんっていなくなっちゃうんだよね。」
「違う」と怒ってくれる人がいるということは、とても有難いことです。きちんと怒ること、きちんと怒られることは、とても大切なことだと思うのです。

東京へ戻る電車には、まだちょっと間があります。
null null
なおりん号(なおえつ茶屋ではレンタサイクルもやっていて、1日100円です)で、直江津港の近くの橋までサイクリング。
null
ここは安寿と厨子王が母親と別れ別れになったところなんだそうです。
橋の欄干には…
片側に安寿と厨子王が山椒大夫に連れ去られる場面。
null

反対側には老いた母親と厨子王が再会する場面が刻まれてありました。
null

慌ただしい再会でしたが、また一緒に何かやろうね!と先生と約束をして、自転車をお店に返して、もう電車の時間が迫っていたので、二階にいた誓子ちゃんには、階下から携帯電話でさよならをして、急いで駅に向かいました。
null
(直江津の駅舎は船を形どっているのです。)
切符を買っていたら、後ろから「みっち!」と呼ぶ声。振り返ると、そこには誓子ちゃんが立っていました。
null
私にさよならをいうために、松葉杖を突いて追いかけてきてくれたのです。
生来頑張り屋の誓子ちゃんは、若い頃、仕事に根を詰め過ぎて体を酷使したために、突然リウマチになってしまったのです。それからは痛みとの戦い、ひどいときは寝たきりで、死にかけたこともありました。

今でも具合の悪いときは、2階から降りるのに半日かかるという体です。なのに今日は、がんばってがんばって、私を追いかけてきてくれたのです。
健康な私が、病気の誓子ちゃんに、持って帰れないくらい一杯の元気をもらったのです。
持って帰れない分は、誓子ちゃんに預けておくね。そして、近いうちに、直江津で先生ときっと何か一緒にやるから、その時まで、ちゃんと預かっておいてね。
null
(宇夫方路)

【おまけ】
誓子ちゃんのサイトです。
http://casa.ukulelesty…

それから、高山正樹氏が、かつてこんなことを書いていました。よろしければ、そちらも読んでみてください。
http://lince.jp/mugon…


7月 1日水曜日: 耳勉強法・山猫解決法

昭文社の本社の前を通り過ぎて、オトバンクの社長、上田渉さんとお会いしました。
http://itnp.net/category_betsu…
若くて、優秀で、腰が低くて。
どこかの誰かにない物を、全て持っていらっしゃいます。

オーディオブックのポータルサイト“FeBe”を運営。
http://www.febe.jp/

山猫合奏団のiTunes問題。
http://lince.jp/lince/kenji…
その一つの出口が、すぐそこまで来ています。

上田さんは、こんな本をお書きになりました。
新刊本「脳が良くなる耳勉強法」
「脳が良くなる耳勉強法」

買って読んでみよう。
それとも、オーディオブックになるまで待とうかなあ。

買うならこちらで……



6月 7日日曜日: 虎狩(音の暴力)

null
ああ、肩に力が…
猫たちは飛んで逃げた。
null

俺は、ドレミファを弾いても「虎狩」になるらしい。
この後、猫の食欲が落ちました。


«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»
高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ