東日本大震災から22日目……
三線教室の上地さんがメールで教えてくれたこの日の新聞記事。
null
写真に付されたコメントは……
「避難所で、三線の音に合わせて郷土の歌を披露する沖縄からきた自衛隊員たち(31日、宮城県南三陸町の県立志津川高校で)」とある。
たった、それだけの記事。

でも、この写真に写っている人たち、あんまりウチナーンチュぽくないんだよなあ。いったいどういう人たちなんだろう。なんで三線なんか持ってたんだろう。どうして三線弾いてる人まで歌詞カード見てるんだろう。
読売新聞か……

twitpicで、もっと鮮明な画像が見られますけど。
 ⇒http://twitpic.com/4gwbu6

産経ニュースのサイトでも、トリミング範囲が違うだけの全く同じ写真が使われていた。それによると、演奏したのは給水活動などに当たる陸上自衛隊第15旅団(那覇市)の隊員約35人で、「子どもたちに聞かせたいと隊員が三線を取り寄せたのがきっかけ」なんだってさ。

なんだかモヤモヤしている僕……

「自衛隊が嫌いなの?」
「いや、そういうことじゃなくて、なんかこのニュースの作られ方、胡散臭くない?」
「さあ、どういうこと?」
「わからないけど、なんだかさ、すべての情報が信じられないわけよ」
「体に悪そう……」
(※こんな会話、誰ともしていません。4月1日の、僕の捏造です。)