«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»
【サンディエゴからの第五報】
(日本時間28日午後1時30分・現地時間27日午後9時30分)

ヒロさんのもう一軒のお店、チョップスティックスに行って夕飯を食べました。
null
ジョセフ君も一緒。
null
赤い靴を履いたまま、セーラー服の羽島実優さんも一緒です。
null
餃子、てんぷら、焼そば、巻き鮨など、とてもおいしく頂きました。

お店の前で記念撮影。私が撮りました。
null
二枚目はジョセフくんが代わって撮ってくれました。
null

みんなはこれから数日間観光ですが、私は明日の朝早く日本に向けて帰ります。
ご紹介できなかった画像などはあらためて。

» 続きを読む

6月 2日水曜日: 鳥研の2階で三線を弾く

今日の三線教室のことは、夏子さんに任せてっと……
 ⇒第2回三線教室
三線教室開設までの経緯は、このM.A.P.after5で報告してきたわけですが……
 ⇒[subcate.三線教室]
今後はティーダブログのほうに引き継ぎます。
 ⇒三線教室のティーダブログ

こちらはもっぱら裏話。

それにしてもねえ、すぐにも新人賞かと思ったんですけどね。今日、持田さんに全否定されちゃったもんね。手首使っちゃダメ、はじいちゃダメ、音が大きすぎる……
なんともはやストイックな楽器だねえ。

さて問題です。ここはどこでしょう。
null
答え。鳥力中央研究所の二階です。ビールケースの上に板置いて。なんだかさ、学生時代、下宿で飲んでるような……
null
でも、焼き鳥はいつもと同じ。旨い。
null

YUSUKE氏、濁った精神を清めてみると、後光さえ差してくる?
null null
鳥研のNewStuff。
お住まいは池袋。
終電がなくなるので、我々より先に店を出られました。



湖城三線店から届いた三線です。
null
真壁(まかびー)型。材料は沖縄産のゆし木です。
なにそれ? という方は下記記事を是非お読みください。
 ⇒http://lince.jp/hito/update/sansin…

この三線は、M.A.P.三線教室(はいさい狛江三線サークル?)のお仲間である大野さんからご注文いただいたものです。お値段ですか? 今はまだナイショ。でもリーズナブルですよ。
null
ティーガーは“しおん”さんが先日のアート市に出してくださっていたものです。大野さん、実に渋い選択をされましたねえ。この三線を弾くときっと名人に見えますよ。三線に負けずに練習しましょうね。

M.A.P.では、間もなく湖城三線店の三線のネット販売開始の予定です。それまで待てないという方はご一報を。

「ところで、大野さん、ゴーヤー育てませんか?」
というわけで、最初のお嫁入り先が決まりました。
null
がんばって育ててみてね。

さらにお嫁入り先募集中。
null
最初の種

苗の方はこんなに大きくなりました。
null
最初の苗

あさってのゴーヤーの芽へ

M.A.P.三線教室(仮称)の第一回が無事終わりました。
お稽古の様子は、いずれ夏っちゃんがティーダブログの方でアップしてくれるらしいので、こちらではちょいと変化球。

今日は「安波節」のお勉強。
null
古典で最初に習う曲の定番。2時間半、あっという間の時間でした。
初日の稽古を終えて家に帰り、インターネットで色々な人が奏でる「安波節」の動画を見てみました。するとどれもこれも、今日習った「安波節」とは違う。その時、古典のこと、安冨祖流のことが、ほんの少しですが、おぼろげながら薄ぼんやりと見えたような気がしたのです。(きっと100%勘違い)
そして、安冨祖流の古典を学ぶのはきっと面白いだろうという予感は確信に変わったのでした。(120%の思い込み)

ななしん屋のママが言ってたっけ。
「何もしちゃいけないのよ」
それから、はじめてお会いした日の亘先生。
「一本の細い道を踏み外すことなくまっすぐに歩いて行く」
そして先日の亘先生。
「ちょっとやってできちゃう人よりも、なかなかできない人の方がいい」
どれもこれも名言であります。

でありながら、沖縄の居酒屋で、三線の早弾きして若い女の子にモテたいというスケベ親父の目標も認めてくれる大らかさ。「なだそうそう」だってやっちゃうさ。

null null

2010年版、本日のゴーヤー
null
三線を聞かせたらでっかくなるかなあ……
植え替えたゴーヤーへ


M.A.P.三線教室発会記念「はいさい三線の宴」が大盛況のうちに終わりました。
それに合わせて、山川夏子さんが自主的にブログを立ち上げてくれました。
 ⇒http://haisaikomaesanshin.ti-da.net…
やることが早い。つまり、「三線教室」はafter5というブログからは卒業ってことかな。「おきなわおーでぃおぶっく」「楽天市場」に続いて三つ目の卒業です。
 ⇒おきなわおーでぃおぶっく情報
 ⇒沖縄mapのつぶやき
というわけで、「三線の宴」の模様は夏っちゃんが新しいブログ「はいさい狛江三線サークル」で報告してくれることを期待して、こちらではM.A.P.after5的情報のみのお知らせです。

やっぱり「かぎやで風」からですね。
null
※真ん中の方は川崎仙子(かわさき・のりこ)先生です。
書けば「かぎやで風」、読めば「かじゃでぃふう」、ですよね國吉先生。
null
國吉眞正さんも皆さんに混じって自己紹介をしてくださいました。
“ぎま”のママと、おじょうも来てくれました。
null
真剣なお顔で演奏を聞いている……
宇夫方隆士さんが、裏方に徹して、こんなにたくさんのお料理を作ってくださいました。
null
おなじみのYusuke夫妻です。
null
後ろに写っている変なおっさんは高山正樹、山猫合奏団のメンバーです。
おじょうとママ、再び。
null
おじょうはプロ歌手。その歌声はM.A.P.after5の【あっち】【こっち】で聞くことができます。

國吉眞正さんと大城洋子さんは、実は旧知の間柄なのです。
null

その他のお客様の中にも、今後after5的なお付き合いに発展しそうな方々がいらっしゃいますが、そうなった時には、あらためてブログ掲載のお許しを頂いてご紹介できればと思っています。

二次会は歩いて5分、“中む”でやりました。
null

null
もちろん、新城亘先生とは、三線教室だけのお付き合いではなさそうなので、別カテゴリーが用意されているのです。

夏っちゃんの記事を見てから、もしかすると追記するかもしれません。とりあえず、“M.A.P.after 5”的には、このくらいにしておきましょうね。

» 続きを読む

既にお知らせしているM.A.P.三線教室がいよいよスタートです。
まずは発会記念「はいさい三線の宴」
日時:5月12日(水)19:00~21:00(受付開始は18:30)
場所:狛江中央公民館 第4会議室
  (小田急線狛江駅徒歩5分、狛江市役所の隣)
会費:3,000円
(※三線をお持ちの方はご持参ください)
●新城亘先生のお話「沖縄三線音楽の受容」  ⇒[subcate.新城亘]
●川崎仙子先生(三線教師)、持田明美先生(三線・胡弓教師)のご紹介
祝儀舞踊〈かぎやで風〉(宇夫方路)
●三線斉唱<恩納節><辺野喜節>  
●懇親会(※軽食、ビール、お茶などをご用意いたします。)
三線教室に参加する予定のない方も大歓迎です。

チラシを作ってアルテリッカ・アート市で配布。
null

» 続きを読む

4月20日火曜日: 緊急告知“虎のあしび”

4月21日のご案内、日付を変えて再投稿!
M.A.P.三線教室で新城亘御大の代稽古をしてくださる持田明美先生から、「古巣の吉祥寺マンダラ2で久々にライブをやるよ」というお知らせを頂きました。「豪華ゲストによる多彩な唄や踊り」もあるらしい。

4月21日(水)
「虎のあしび」
吉祥寺 Manda-La2
武蔵野市吉祥寺南町2-8-6地下1階
Tel:0422-42-1579
開場:18時30分 開演:19時
料金:2000円+ドリンク

《ゲスト》
企画1:チンドン漫談でおくる大正演歌
大熊ワタル&こぐれみわぞう(シカラムータ)&河村博司(元ソウルフラワーユニオン)
  
企画2:世界の民謡をシャウトする!
うつみようこ(元ソウルフラワーユニオン)
  
企画3:熊倉直樹の島太鼓が炸裂!
宮薗あき子 マタハリボーイズと八重山を踊る


null

ああ、東京にいたら行けるのに。残念。


いよいよM.A.P.安冨祖流三線教室がスタートします!

安冨祖流は、声楽譜を使用せずに師匠との対面指導伝承をしてきました。東京近辺では安冨祖流の教室はほとんどありません。

この度、その安冨祖流の三線教室をM.A.P.が主催して狛江で開設することになりました。新城亘先生をお迎えして、月に一回のペースで教室を開きます。
※新城先生のご都合が悪い場合は、持田明美先生の代稽古になります。

第1回目は5月12日(水)19時から。でも、この第1回は稽古ではなく…
教室開設記念セレモニー&宴会
という感じ。
亘先生、持田先生その他ゲストの方々の歌あり(?)、宇夫方路の踊りあり(?)で盛り上がりたいと思います。

その日は教室に通われる方ばかりではなく
誰でもいらっしゃいというM.A.P.的懇親会
にしたいと思います。(もちろん今後の稽古日についても、新城先生が泥っぱらう前に、教室参加を考えていらっしゃる皆様とはそっと御相談して最終決定したいと思います。今のところ、水曜日の夜か日曜日の昼間を検討しています。)
そして実質稽古はじめの第2回は、今のところ5月16日(日)の13時からを予定しています。
授業料は1回2,000円~3,000円を予定。集まる人数によって決めたいと思います。
※なお、懇親会の詳細は只今検討中で参加費としていくらかご負担していただく予定です。決まり次第、お知らせいたします。

亘先生(左)と初めて会った日の画像。初めてでこの乗り!
null

指導:新城 亘
null
 安冨祖流三線 師範
 石垣島生まれ。41歳でNTTを退社して、沖縄県立芸大に入学。博士号取得。
 通称、三線博士。
 琉球大・沖縄県立芸大・早稲田大等で、沖縄音楽の講座を担当。

代稽古:持田明美
null
 安冨祖流三線、安冨祖流胡弓 教師
 「シーサーズ」のメンバー。
 沖永良部島へ通いながら、地元の唄者からシマウタを学んでいる。

持田先生と初めて会った日の画像。
null

現在、沖縄の三線の流派はたくさんあり、乱立の様相を呈していますが、1983年刊行の『沖縄大百科事典』には次のように書かれています。
「流派は〈湛水流〉〈野村流〉〈安冨祖流〉がおもで、開祖の個性と技巧の妙をそれぞれ異にしている」

» 続きを読む

昨年暮れの第1回に続き……
金城さんの沖縄料理を食べる会Part 2

今回はPushPullのスペースを借りて開催しました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。金城さんのお料理、堪能して頂けましたでしょうか。

いつものごとく、記事は、後日追記しますが…

取り急ぎ料理を撮影した画像を一枚…
null
…と、いいますか、あんまりよろしい画像がないのです。
ピンボケばっかりで…
null

皆様のお手元に画像等ございましたら、お送りくださいますようお願いいたします。

コメントも、記事が出来上がるのを待たずに、記憶のまだ定かなうちにお寄せくださいませ。皆様のコメントが、また新しき仲間を呼ぶことでしょう!

…っつっても、なかなかコメントしてくれない方が多くてねえ、まあ、そこがまたいいんですけどね。控えめというわけではなく(そんなやついねえってか?)、ブログにコメントなんかしんきくさいよって感じ、個人的にはとっても好き。でも、対外的にはちょっと淋しい……?

4月5日、トミヒサさんから届いた画像。その中から珠玉の一枚を先行公開。
豚の着ぐるみ。
null
追記…4月21日
間もなく3週間になろうとするのに、今更追記とはなんとも間の抜けたハナシですが、M.A.P.after5ではいつものこと。どうかお許しください。
何で小生高山正樹、こんなピンクの豚の着ぐるみを着ているかというと、皆様にあらかじめお知らせしていた通り、本日のサブタイトルは『花見の宴』、着衣のどこかにピンク色をというお願いを、自ら責任もって実践したのであります。
わー(私)はわー(豚:声門破裂音)です、ってなもんだ。
そして、豚の後ろで不思議なものを眺めるかのように見上げている天使のような少年は、この日急遽私達のために三線を弾いてくださった金城さんの三線の先生、松尾慎吾さんのお子さん、みそら君であります。
null null
慎吾さんはみそら君が生まれるとき、分娩室で三線弾いて「童神」を歌った。すると、みそら君は泣き止んだ。なんて感動的な情景でしょう。松尾慎吾さんのご紹介はあらためて追記します。(って、いつだ?)

追記…5月21日
前回の追記からもう一か月、こいつはいけません。いい加減誰も読んじゃあくれない記事になっちまった。でも、始末はつけないとね。
ともかく主役を紹介していないのがまずい。Yusukeさん、画像をお借りしますね。
タミーこと金城さんです。
null
人指し指がなんともいいですなあ。
グツグツ……
null
テカテカ……
null
うまそ……

手伝う人、片野さん。
null null
食べる人、日高さん。

産地直送のそばも用意されてます。
null

まだお預けの感じ?
でも、みそら君と日高さんは食べてますな。
null

美味い料理があればあとは旨い酒。
まずは予定通り基本の泡盛“やまかわ”から。
null
W山川。
null
一応“花の宴”なので、“さくらいちばん” これも予定通り。
null
それから黒糖酒2本。
沖永良部の“昇龍”と奄美の“菊乃露”
null null
そして、今比較的入手しやすい泡盛で、最も曲者はこの“白百合”
null
泥くせー。しかし、なれると病みつきになる。

宴もたけなわ。いよいよ松尾慎吾さんの登場です。
null
松尾さんはライブ活動の他、色々なところで三線を教えていらっしゃいます。近いところでは仙川のカルチャーセンター。宇夫方路が琉球舞踊を教えていたカルチャーセンターです。松尾慎吾さんが教えているのは民謡が中心らしい。一方、M.A.P.主催の三線教室は安富祖流の古典。仲良くしましょ。
※松尾さんの沖縄には2種類の[i]と[u]があるのだというはなし。M.A.P.音韻講座的話題で興味深い。高山正樹の研究課題になりそう。
インターネットであっちこっち松尾さんの記事を探していたら、この日の松尾さんのBlog発見。
 ⇒http://matsuoshingo.blog…
コメントしちゃおっと。

山猫合奏団、チェリストの大島君も参加してくれました。
null
川岸さんもいます。國吉先生もいらっしゃいました。水才君も来てくれた。
null
もちろんトミヒサさんも。
やっぱり最後はカチャーシー。
null
鍋も踊ってる?
null
最後はぐちゃぐちゃ。(左の方で、食ってるやついるし……)
null
松尾慎吾さま、本日はほんとうにありがとうございました。

» 続きを読む

3月17日水曜日: いろいろな始まりの予感

本日の出来事です。

【お昼】
「金城さんの沖縄料理を食べる会」のため、PushPallのSpaceに設置されている水周りと料理器具の下見に金城さんと行きました。ついでにランチを食べました。
null
金城さんの沖縄料理を食べる会については、明日、ブログで告知する予定です。

【午後一】
いよいよMAP主催の三線教室がスタートです。新城亘先生傘下の教室ということで、ようやく始められることになりました。
以前ちょっとご紹介した持田明美さんと大御所(?)新城亘さんです。
null
持田さんは本家の沖縄語を話す会で、ずいぶんとウチナーグチを勉強されたのだそうです。國吉眞正さんのこともよくご存知でした。人前できちんと歌うためには、ウチナーグチの勉強は不可欠。M.A.P.の三線教室は「喜多見で沖縄語を話す会」と色々な交流をもってやっていこうと思っています。そのへんが他にはない私たちの「ウリ」ではないでしょうか。定期的に開催する予定(?)の「金城さんの沖縄料理を食べる会」も、そんな交流の一つだと思うのです。
三線教室に関しては、近々発表いたします。
そして、満を持して「三線(サンシン」のサブカテゴリーを作成しました。

【after_5】
事務所にお客様がいらっしゃいました。
20年くらい前、国際通りの久高民藝で買った琉球ガラスの鉢を、高山正樹が書斎の押入れの奥から探し出して持ってきました。
null
これって、再生ガラスなのかなあ。

今まで琉球ガラスにはあまり興味がなかったのだけれど、今日お客様とお話して、少し調べてみようかなと思い始めました。
さて、「琉球ガラス」というのサブカテゴリーをつくるまでいくのかどうか、今のところ生まれたばかりのミステリーで、先がまだよく見えません。
(お客様のYさんにも「金城さんの沖縄料理を食べる会」の御案内をしました。来てくだされば楽しいのになあ。)

【夜】
色々と決まったので、飲みたくなりました。お腹もすいたので今日は鳥研へ。
お通しとキャベツで始まって……
null null
たまごかけご飯で〆。
お店にチラシを貼ってもらいました。
null

【深夜】
スナック“ぎま”に行きました。そして三線教室のこと、沖縄語を話す会のことなどをお知らせしました。
お店をやめたら、沖縄へ帰って暮らすんだというママ、本当はいろいろな会に出て行きたくて仕方がないのです。だけどお店があるからなかなかそれができない。でも、とりあえず無理をして、私たちの三線教室に顔を出してくださることになりそうです。
きっと、すぐにもスナック“ぎま”のサブカテゴリーを作らなければならなくなりそうですね。

常連のお客様を囲んでの記念撮影。
null
皆さん気のいい方々ばかりです。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»
高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ