この日、喜多見の駅前ではフリーマーケットが行われていました。
null

そいつを横目に見ながら、目黒のへ。目的地は“やさしい予感”というギャラリー。
何をしに行ったのかは山猫合奏団のブログを見てください。
http://lince.jp/lince/…

ここでご紹介するのは、そのギャラリーの二階で開催されていた“Sun-心”という沖縄写真展のこと。
古後(こご)雅さん、KYOKOさん、五味正伸さんの3人展です。
null

サブタイトルに「沖縄~OKINAWA~おきなわ」とあります。
そして「古後雅~C.W.KYOKO~ごみまさのぶ」とも。
なるほど、なかなか深いのかもしれない。
「Sun心」は三線とも掛けているのかな。

古後さんと五味さんです。
null

残念ながらこの日KYOKOさんはいらっしゃいませんでしたので、置いてあった名刺でご勘弁。
KYOKOさんの名刺

この日出会えたのも何かのご縁、お三方の写真について、そのうちにあらためてご紹介できることになればいいなあなどと空想しているのですが、今日は五味さんの撮影された一枚の写真を見ていただきたいのです。
null
これがイソヒヨドリの正しい姿なのです。
中城で撮影した、メタボイソヒヨドリを再掲しますのでご覧あれ。
太ったイソヒヨドリ
その日の記事を読む

一緒に五味さんの写真を眺めていた白石准がとなりでポツリ。
「これ、ゴーシュのカッコウみたいだ」
ほほう、なるほど、山猫合奏団のセロ弾きのゴーシュで使う小道具のカッコーは、灰色ならぬ青色。さらに中城のメタボのやつの方がさらに似ているではないか。
カッコウの小道具も再掲しちゃえ。
カッコーの人形
その日の記事も読む

ミステリーの兆し…