«Prev || 1 || Next»

3月 2日火曜日: 裏ニンジンの日

3月2日、裏ニンジンの日
今日は裏ニンジンの日です。
糸満市では2月3日がニンジンの日。今日はその反対。
(この「今日は何の日沖縄篇」は旧暦の1月1日から始めたので2月3日は旧暦ではまだ去年。ということで、今さっき2月3日の記事に「ニンジンの日」のことを追加しました。)
糸満市では2月3日(ニンジンの日)から今日の3月2日(裏ニンジンの日)まで、毎年さまざまなイベントを行っています。
上原、ニンジン食ってるか?
【第5報】
高山正樹に頼まれて、「沖縄金細工」の資料DVDを受けとるために、真喜ちゃんとA&Wで会いました。
3月20日に、また真喜ちゃん、舞台でクェーナをやるそうです。今回はかなり面白いらしい。ちょうどそのころ玉城さんの焼物の窯出しがあるはず。もしかしたら見に来れるかも。
 ⇒前回のクェーナと「クェーナ」についての薀蓄

今日の井上真喜ちゃんと、クェーナのチラシと、高山正樹が楽しみにしているDVDの写真を送ります。
null null

今回の旅の報告は以上で終わり。明日はやく飛行機乗って東京へ戻ります。
(宇夫方路でした)

DVD、楽しみだなあ。でも忙しい。じっくり見て、ご報告できるのはいつかなあ。ああ、時間が欲しい……


3月 1日月曜日: ジュールクニチー

旧暦1月16日、十六日祭(ジュールクニチー)
久米村:ポーポー(沖縄のお菓子)などを持って墓参りをする。
首里:墓参り。一年間に不幸のあった家ではミージュールクニチあるいはミーサという。
那覇:前の年に亡くなった家族の冥福を祈る。
天久:ミーサ。那覇に同じ。
小禄:ミーサー。那覇に同じ。昔は三年間毎年続けた。

【第4報】
私の教師免許取得のお披露目公演を、M.A.P.の地元、狛江のエコルマホールにて、又吉健次郎さんにメンテナンスして頂いた、高山正樹の義理の妹さんにお借りしたジーファーを挿して、11月3日の文化の日にやりまーす!

 ⇒お披露目公演のジーファーを頼もうと工房またよしに行った日
 ⇒高山正樹氏の奥方の実家で見つかったジーファー
 ⇒又吉健次郎さんがメンテナンスしているところ
 ⇒メンテナンスされて戻ってきたジーファー

あー、ついに発表しちゃった。有言実行、もう、後戻りはできません。正式な告知はもう少し先にしましょう。それまでに、やらなければいけないことがたくさんあります。でも、まずは稽古稽古ひたすら稽古です。
null
2代目家元伊波正江先生と11月の御相談をするために、今日は稽古時間よりもすこし早めに稽古場に伺いました。

今日は旧暦の16日。そうなんです。ジュールクニチー。初代家元の喜納初子先生の門下、喜利の会会主の西村利江子先生のお母様が去年の暮れに突然お亡くなりになったということで、正江先生と一緒に拝みに行ってきました。利江子先生は、私と同時に教師免許を頂いた西村綾乃さんのお母さまです。
お線香を上げた後、ひとりひとりにお膳が出ました。
null
先生にお許しを頂いてデジカメでパチリ。

夜、稽古に来たみなさんも、それぞれあちこち拝みに行ってきたそうです。これがジュールクニチーなんですね。


OKINAWAN BAR 100

【第3報】
夜、西岡美幸さんから連絡が入りました。
Bar土の前で待ち合わせて、石川真生さんの展覧会を一緒に見て、ハーブティーを飲んで。
その後、恩納村から那覇まで車を飛ばして出てきてくれた演劇学校時代からの親友のルミと合流。安里にあるルミの知り合いの店でDinner。
null

そのあと、近くの“バーボンクラブ”へ。
null
ここは、那覇で一番カウンターが長いバー(15メートル)tなのだそうです。
null
すごくたくさんの種類のお酒。その数600種以上。せっかくだからカクテルを、と思いましたが、何を頼んでよいのやらちっとも決められません。
それならと、マスターにイメージで選んでもらおうという西岡さんの提案。以前にも西岡さん、何人かの友達とバーに行って、やっぱりそれぞれのイメージで作ってもらったところ、他の人はみんなおしゃれで素敵なカクテルだったのに、西岡さんだけなぜかピンクでかわいい感じの飲み物がきてショックを受けたのだそうです。さて、今日はどんなカクテルが出来上がるのかなあ。
ルミは車なので、ジュースを頼んで静観です。
そして…
null null
西岡さんはノンアルコールの「シンデレラ」、私はインアルコールで(なんで?)「グレープフルーツクーラー」。さっぱりしてとてもおいしい。西岡さんも今日は大満足。
国際通りのはずれにあるステキなバーで、女3人のカクテル・パーティーでした。

 
旧暦1月15日
久米村では霊前にトーヌカシーイリチー(おからの油いため)とお粥を供えたそうである。

【第1報】
那覇空港に到着した宇夫方路から届いた画像。
ランふたつ。
null null

人気ブログランキングへ
(35位)
これまでかな。


【第2報】
国立劇場おきなわで「伝承者研修発表会」がありました。
null null

沖縄県の指定無形文化財である琉球舞踊には「保持者」に認定された方と「伝承者」に認定された方がいます。今日はその伝承者の方々が、日頃の研鑽の成果を発表する会です。
null

喜納の会の家元、伊波正江先生も伝承者に認定されていて、今日は瓦屋節を踊られました。

先生方の踊りは大変勉強になります。
でも、昨夜は午前2時過ぎまで事務所で仕事、2時間くらい寝て沖縄へ出発。移動中は寝たけれど、やっぱり眠い。そんな状態で、短いことばを数十秒かけてゆっくりと踊るような静かな古典を、何曲も続けて鑑賞するというのは、もうかなり厳しくて、ちょくちょく気が遠くなりました(笑)。
でも、もちろん正江先生の踊りは、目を見開いて、気が遠くなることもなく、最初から最後までしっかり見せていただきました。ほんとです!
(宇夫方路)
旅の続きへ


【高山正樹による追記】
「保持者」と「伝承者」って、どのくらい違うのでしょう。
以前の公演についての論評ですが、ある時の新聞に、こんな記事を見つけました。

伝承者それぞれが力量を示したが、唱えや所作に緊張や稽古(けいこ)不足を感じさせる表現もあった。子役も含め、舞台経験を積めばもっと良くなるという伸びしろを感じただけに、今後も伝承者としての自覚を持ち、保持者から多くを学び取ってほしい。

伊波正江先生は宇夫方路の先生の先生、つまり大先生で、二代目家元なんですよねえ。それでも「継承者」、厳しいものですねえ。

ところで、昨年の9月に「琉球舞踊」が、沖縄では「組踊」以来37年ぶりに「重要無形文化財」に指定されました。自治体による「無形文化財」の指定は数多くありますが、「重要」と称されるのは国指定以外にはありません。
(「重要無形文化財」の指定基準は2月12日に書いた記事を参照してください。)
国の「重要無形文化財」の指定には、「各個認定」「総合認定」「保持団体認定」の3種類があります。
「各個認定」は個人に対する認定で、いわゆる「人間国宝」がこれに当ります。「保持団体認定」は団体に対する認定です。
さて「琉球舞踊」ですが、これはもう一つの種類の「総合認定」でした。「組踊」も同じ「総合認定」です。
「総合認定」とはその技量を持つ人たち(各舞踊家)をそれぞれ保持者として認定するのですが、その総合体(琉球舞踊)が認められることが前提です。(「総合認定」の場合では、保持者として認定された方々を「人間国宝」と呼ぶことは一般的にはありません。)

昨年の「琉球舞踊」重要無形文化財指定(総合認定)で国から保持者として認定された方々は次の39名です。

大城政子さん(舞踊:琉舞寿乃会家元)
宮城幸子さん(舞踊:真踊流代表)
島袋光晴さん(舞踊:島袋本流紫の会宗家)
谷田(金城)嘉子さん(舞踊:玉城流扇寿会家元:東京都在住)
志田房子さん(舞踊:琉球舞踊重踊流宗家)
宮城能鳳さん(舞踊:宮城本流鳳乃会家元)
親泊久玄さん(舞踊:親泊本流親扇会二代目家元)
眞境名直子さん(舞踊:宗家真境名本流眞薫会眞薫直の会会主:大分県生まれ)
玉城節子さん(舞踊:玉城流翔節会家元)
金城美枝子さん(舞踊:玉城流扇寿会家元:名古屋市在住)
玉城秀子さん(舞踊:玉城流玉扇会二代目家元)
喜納幸子さん(舞踊:真踊流佳喜の会会主)
又吉靜枝さん(舞踊:玉城流いずみ会家元)
佐藤太圭子さん(舞踊:琉球舞踊太圭流家元)
島袋正雄さん(野村流三線:2000年「各個認定」人間国宝)
玉城政文さん(野村流三線)
松田健八さん(野村流三線)
大城助吉さん(安冨祖流三線:安冨祖流絃声会会長)
新垣万善さん(野村流三線:大阪府生まれ)
照喜名朝一さん(安冨祖流三線:朝一会会主:2000年「各個認定」人間国宝)
城間徳太郎さん(野村流三線:2005年「各個認定」人間国宝)
平良盛勇さん(野村流三線)
金城武信さん(安冨祖流三線)
知花清秀さん(野村流三線)
西江喜春さん(三線)
玉城正治さん(安冨祖流三線:安冨祖流絃声会会長)
喜瀬愼仁さん(三線)
宮城正子さん(箏曲)
宮城文さん(箏曲)
又吉清子さん(箏曲)
高良時江さん(箏曲)
東江朝子さん(箏曲)
上地尚子さん(箏曲)
上原綾子さん(箏曲)
屋嘉比清さん(胡弓:大阪府生まれ)
嘉数世勲さん(笛)
大湾清之さん(笛)
喜舎場盛勝さん(太鼓)
宇座嘉憲さん(太鼓)

コンクールも「最高賞」まで。その先「教師」「師範」「会主」、さらに家元になってもまだ継承者。県指定の保持者と国指定の保持者の違いは門外漢には全く分かりませんが、少なくとも人数はずっと県指定の方のほうが多いようです。さらにその中から、個人としての孤高の芸を獲得した人が現れたとき、三線や焼物の金城次郎さんのような人間国宝が生まれるということなのでしょうか。
ここまで来ると、このヒエラルキーを決めるものは、全く別の要因という気もしてきますが、いずれにしろ、大和の全くの素人が論評することではなさそうです。自重します。

それにしても、世田谷区よりちょっと多いくらいの人口の沖縄県なのに、琉球舞踊の世界はすごいですなあ。宇夫方路女史、教師免状を頂いたとはいえ、まだまだヒヨッコということですね。

«Prev || 1 || Next»
高山正樹 Masaki Takayama
人気ブログランキングへ