音楽家と落語家のコラボレーション、芸能花伝舎の「創遊シリーズ」Vol.4が、先の6月24日、東京文化会館小ホールにて上演され、山猫合奏団の大島さんが三笑亭夢丸さんと共演したことは、山猫合奏団のニュースとしてお伝えしました。今日、そのメンバーがM.A.P.の事務所に集結しました。
null
左から菅野恵子(ピアノ)、桃原健一(オーボエ)、内田英介(作曲)、そしてお馴染みの大島純(チェロ)の面々です。
桃原さんの苗字は「とうばる」と読みます。御両親が沖縄の宮古の方です。
夢丸師匠は本日はいらっしゃいませんでしたが、実は先月の25日においでいただいてお話させていただきました。

いよいよ二つ目のミステリーの謎解きです。

今後M.A.P.では、山猫合奏団に加えて、この音楽家と落語家のコラボレーションもプロデュースすることになったのです。本日は、その顔合わせでした。
「創遊シリーズ」では「大江戸楽落隊」というユニット名でしたが、そのまま使えるのかどうか。
公演は「三笑亭夢丸vs.大江戸……」というような名称で行うことになると思います。

「ゆめのかけら」がもう一つふえました。
高山正樹が「ゆめのかけら」について、こんなこと書いてました。
ミステリーのネタばらし。ふふっと笑って頂ければ幸い。
山猫合奏団と御同様に、なにとぞ「ごしいき」のほど、よろしくおねがいいたしやす。

追伸。
英介さんも桃原さんも菅野さんも、相当いじくりやすいキャラクターとお見受けいたしましたが、初日からあんまりふざけては申し訳ありませんので、その辺は今後のお楽しみということにいたしまして、本日はお後がよろしいようで・・・