今日も市民劇の稽古に自転車に乗って行ってきた。
一昨日の記事で、川崎絵都夫大先生の曲は、はたして「古の霊を呼び出す磁気を帯びているだろうか」と申し上げたことについて、いま少し補足しよう。

琵琶に、「さわり」というものがあることをご存知だろうか。わざとノイズを混ぜる仕掛けで、三味線にも受け継がれている。youTubeに三味線の「さわり」を説明している画像を見つけたので、まずそちらをご覧いただきたい。



フレットが低すぎる出来の悪いギターなど、弦をちょっと強く弾くと、本来触れてはいけない隣のフレットの金具に、弾いた弦が当たってジジーンというノイズが出ることがある。琵琶や三味線の「さわり」は、その「雑音」を意図的に出そうとする仕掛けなのである。

もういい加減に兵藤裕巳氏の著作『琵琶法師』から離れたい(あさやさんの罠から抜け出したい)のだが、なかなかそうはいかないらしい。兵藤氏は、薩摩琵琶を使った曲も作曲している武満徹氏のことを紹介している。
武満徹は、「薩摩琵琶などの盲僧(琵琶法師)系の琵琶におけるサワリの工夫を、『雑音(ノイズ)というものを媒体として自然世界に連なってゆく』ための積極的な方法」と位置づけているというのだ。
余談だが、山猫合奏団の白石准は、今度のしんゆり芸術祭で、ボクに南アフリカのサッカーW杯で話題になった応援グッズのブブゼラを吹かせようという魂胆を持っているらしい。白石准は、武満徹氏によって見出されて道が開けたピアニストである。もしかすると彼も武満氏のように「ノイズ」好きなのかもしれない。なんだかとってもそんな気がしてきた。
兵藤氏は更に言う。
「(サワリは)『自然世界』のざわめきに声をあたえる盲人芸能者たちの創造だったろう」

youTubeにはたくさんの琵琶の演奏がアップされている。第一人者である田原順子さんのものも数多くある。
(またもや余談だが、田原順子さんは、ふじたあさやさんも関昭三さんもよくご存知の方である。ボクのカミサンも、沖縄から東京に出てきた頃に、順子さんのご主人にはずいぶんとお世話になった。今回の市民劇でも、ボクの琵琶演奏指導を順子さんに頼むとかいうハナシもあるようなのだが、いったいどうなっているのだろう、ね、関さん。)
その田原さんの画像を貼り付けようかと思ったのだが、あえて数少ない男性、それも外国人の方のものにしてみた。そのほうが、きっと今日の記事の趣旨には合っている。



三つ目の余談。三味線の直接のルーツは沖縄の三線だという説もあるが、三線には「さわり」はない。沖縄の唄を、大和風のコブシを入れて唄うと「変だ」と言われる。ビブラートなどはもってのほかなのである。
「何もせず、ただまっすぐに歩くように唄う」
これが難しい。三味線と三線の違いについては、あらためていつか考えてみたいと思うのだが。

さて、ハナシを戻す。
同じ琵琶でも、雅楽琵琶には「さわり」はない。鳴る音は純音のみである。そこに穢れた異形の「もののけ」が入り込む余地はない。

川崎絵都夫先生の曲もまた、ざわめきを「ノイズ」として取り除いてしまった後の「純音」なのである。いくら耳を澄ましてみても、残念ながら異界からの風の音が聞こえてこない。おぞましい「もののけ」たちのうごめく声が、ボクの肌に触れないのである。ボクは、穢れた河原モノでありたいと願っているので、出来ることならば異界へと逃げ出したくなるのだ。

きっと、ステージングが始まれば、不本意なことが起き始めるに違いない。

「これは市民劇なんだから、市民劇なんだから……」

稽古場で、不機嫌な顔をしないようにしよう。そうでないと、またたくさんの敵を作ることになる。


【2月28日追記】
この日はM.A.P.琉球舞踊教室の日。やっと宇夫方女史が記事をアップしました。
 ⇒http://mapryukyubuyou.ti-da.net…
その記事で、ちょっと前(2008年10月5日)の画像が使われているのですが、そこに写っているお年寄りの男性は、誰あろう能楽界でこの方を知らなかったらモグリだという横道萬里雄さんなのです。
横道萬里雄さんとともに
実はその横道萬里雄さんが、宇夫方路が講師をしていた仙川の琉球舞踊教室にお忍びで習いに来ていらっしゃっていたことがあります。

琉球舞踊は体の使い方が日舞よりはるかに能や狂言に近い。そういうわけで、小生、高山正樹は、道行の所作を狂言経験者でもある宇夫方路からなんやかやと聞き出しているのですが、やはり能・狂言・琉舞それぞれ微妙に違うらしい。
 ⇒2008年10月5日の記事を読む
横道さんはすでに92、3歳におなりになっているはずです。お元気ならば御招待差し上げたいしたいところですが、どんなんだろう。そうだ、しばらくご無沙汰しているので御連絡してみよう。
関さん、市民劇の御招待券、出していただけませんかしらん。今度の芝居で、能の構造を採用したことをもし重要なこととお考えならば是非。