いよいよ完成。
手作りの詩画集から、126篇を選んで……

詩画集『幻影』

大城立裕氏が帯を……

詩画集『幻影』の帯

又吉健次郎氏が琉歌と一文を……

又吉健次郎氏の一文

そして宇夫方隆士氏本人が思い出を……

宇夫方隆士氏の一文「琉舞の会」

少し残念なこと。
帯を付けると、宇夫方隆士の字が半分隠れて、まるで大城立裕先生の著作みたいに見えること。
又吉健次郎さんの一文の、「金細工」に「かんぜーく」とルビを振ってしまったこと。
それもこれも、どうか三名の「おじい」に免じて、お許しくださいませ。
三人の「おじい」が出会った日のこと

(※また、琉球大学農学部名誉教授の上里健次先生が、2007年に浦添市美術館で開催された宇夫方隆士詩画展にお寄せくださった文章「キソウテンガイ」も掲載しています。)

出版社は、なんと株式会社M.A.P.
定価、税込み2,100円。

購入ご希望の方はお問い合わせフォームから……

M.A.P.販売サイトでも、間もなく販売開始の予定。
amazonと、楽天市場沖縄mapは検討中……