三笑亭夢丸さんとコラボするユニットの名前が「東京奏楽舎」に決定しました。

江戸後期から明治初期、落語が普及し、そしてクラシック音楽が日本に入ってくる時期を意識した命名です。つまり「東京奏楽舎」の「東京」は今の東京ではなく、東京府をイメージしています。
また、メンバーも活動も、今ある形を固定したものとは考えていません。「東京奏楽舎」という入れ物に、何を注入できるのか、様々な可能性を模索していくつもりです。

なお、コンサート名称は「新江戸噺、三笑亭夢丸with東京奏楽舎」の予定です。

null
みなさん、終電近い時間まで、お疲れ様でした。
なお、夢丸vs奏楽舎というカテゴリーを作りました。

宇夫方路は、明日朝早く沖縄へ出発します。新しい可能性を求めて。