白石准ファンにはお馴染みの八王子の龍谷寺、その本堂で、毎年この時期に行われる「観月の夕べ」コンサートに行きました。
今年でもう6回目です。
(ちなみに今年の7月27日、龍谷寺の両輪閣にて“注文の多い料理店”を演奏しました。⇒記事を読む

開場前からお客さんがどんどん詰めかけます。
null

プログラムです。

中国の楽器が奏でる調べに、心がとっても癒されました。
第二部の朗読劇「蜘蛛の糸」では、方丈さんがお釈迦様になり切って語られました。でもシャイでいらっしゃるので、チラシにはお名前が掲載されていません。

終演後、古箏の姜小青さんを囲んでの記念撮影。

左から、姜さんの追っかけさん1、M.A.P.の影の代表(宇夫方路)、姜小貴さん(美しい)、方丈さん(語り、お疲れ様でした)、姜さんの追っかけさん2、そして方丈さんの奥様です。

null
このユニットのリーダー、王霄峰さん(蜘蛛の糸でカンダタを演じました)と。何故か真ん中は姜さん追っかけの野村さんです。

null
打楽器担当、馬平さんです。
そして白石准登場!赤坂の本番を終えて駆け付けました。null null
准ちゃんの仲良し、八王子の中華料理屋さんと石材屋さんと。

このあと、石材屋の氏家さんを誘って八王子駅前の沖縄料理の居酒屋へ。
氏家さんの本職はマウンテンバイクのレーサー兼料理人。あの「料理の鉄人」から出演依頼が来たこともあるのです。

白石「包丁一本晒しに巻いて、自転車で70km。」
高山「そりゃ危ないでしょ」
氏家「周りの人にも危ない。そんなことはしません」

危ないといえば、CHICAGOの面白くてあぶない話、でもここでは御紹介できません。残念。
ちなみに、米倉涼子さんは山猫合奏団の「セロ弾きのゴーシュ」のCDを聞いて、「おもしろい、おもしろい」とのご感想。なお、河村隆一氏の感想につきましては情報が入り次第ご報告いたします。