なんだか眠ることができないで《8月11日(木)》になった。
大震災から154日目……
こんな夜は、考え事ばかりしている。

【そして呟いた……】

1:14
アインシュタインは神様はサイコロを振らないと言ったが、放射線が嫌なのはそれに似ている。被曝して死ぬか生きるかの岐路は確率のみ。因果関係の証明不可能。なんと非人間的な。本当は神様はサイコロを振っているのかもしれないが、そうであってはいけないと神を叱るのが人間の役割。

1:44
あの震災を経験してもなお原発再稼動への流れ。絶望感と虚無感。想像してみよう。きっと沖縄の人たちは、これと同じ感覚をずっと持ち続けてきたのかもしれない。それでもなお人間の尊厳のために基地反対の声を発し続けてきた人たちがいる。




インターネットなんて大嫌いだったのに、3.11以来、眠れぬ夜は、本を読むよりネットをウロウロしていることの方が多くなった。体のためには、無理にでも目を閉じて眠る努力をしなければいけないのだろうけれど。
「あなたはどのくらい沖縄のことを知っていますか」みたいなサイトがあって、ボーっとクイズなんかをやってみた。三択の質問が10個。サイコロ振って全問正解の確率は3の10乗分の1。5万9千49回に一回は満点。
null
もちろんプリントアウトなんかはしないが、ガサゴソとカバンからデジカメを出してシャッターを押した。当分立ち上がれそうもないから、ブログネタの保険。
「くだらねえ」
そう思ったら睡魔がやってきた。

やはり一日復活せず。

宇夫方女史は相変わらず元気らしい。
 ⇒この日の琉球舞踊教室の記事