去る5/25と26に、喜多見の事務所で、「東京ニャイト倶楽部」の録音をしました。
なかなか皆さん忙しく、楠定憲氏は地方公演のために欠席。

先日白石准の新作、“オツベルと象”で参加してくれたJazz Bassの稲垣護氏が25日、そして白象の象徴、Tubaの古本大志君が26日、今回は彼らの紹介と、彼らの人生を変えた曲と題してお気に入りの音楽を持参してもらいました。

放送日が決まったらまた広報します。
稲垣氏録音風景
FMつやま録音古本