(表題をクリックすると、コメントが付けられます。)

山猫合奏団、子ども劇場に初登場!

日時:2010年9月3日(金) 19:00開演
会場:岡山県天神山文化プラザ
主催:岡山市子どもセンター
 ⇒“岡山市子どもセンター”のホームページ

《前半》
“ラ・フォンテーヌによる三つの寓話” アンドレ・カプレ 作曲
  1:カラスと狐  2:蟻と蝉  3:狼と子羊
 ●Piano:白石准 ●語り:楠定憲&高山正樹
“白鳥” カミーユ・サン・サーンス 作曲
 ●Cello:大島純 ●Piano:白石准
“ル・グラン・タンゴ” アストル・ピアソラ 作曲
 ●Cello:大島純 ●Piano:白石准

《後半》
“セロ弾きのゴーシュ” 白石准 作曲
 ●Cello:大島純
 ●Piano:白石准
 ●語り:楠定憲&高山正樹

 ⇒山猫合奏団Official_Site

“ラ・フォンテーヌによる三つの寓話”
「カラスと狐」と「蟻と蝉」
null
「狼と子羊」
null
“白鳥”  “ル・グラン・タンゴ”
null null

“セロ弾きのゴーシュ”
null
(楠猫初登場)
null null
(カッコー)
null
(タヌキの子)
null
(消しゴムのくらいの…、と母ネズミ)
null null
山猫合奏団的ラスト
null null
アンコールはトロイメライならぬ“トロメライ”
null null
 ⇒宮沢賢治の“トロメライ”って何?

花束感謝。
null
でも、もっと嬉しかったのは、花束を渡してくれた時の、みんなの笑顔でした。

ロビーにて。
null
かなり押したのに(時間が延びたのに)、とってもたくさんの方々が帰らずに交流会に参加してくださいました。
null
質疑応答。
Q:「チェロを下手に弾くのは難しいですか?」
A:「上手く弾くよりはずっと簡単です」(深いですなあ……)
Q:「最近覚えた曲は何ですか?」
A:「トロメライです」(おとといだもんね)

そして大サービス。
null null
あっという間に時間いっぱいいっぱいです。
皆様、最後までたくさんの暖かい笑顔、本当にありがとうございました。
最後に、お世話になったお母様方と記念撮影しました。
null

こうして、山猫合奏団の「子ども劇場」体験は終わりを告げたのでした。
あー、楽しかった。
(意味深?、少し気持ちが揺らいでいるのですが……)
 ⇒意味深ネタ晴らしはM.A.P.after5