古本
福岡県出身。愛知県立芸術大学卒業。
中村桃子賞受賞。読売新人演奏会に参加。

ITEC2004 in Budapestの国際テューバコンペティション第2位受賞。第21回日本管打楽器コンクールテューバ部門第1位受賞。
これまでに、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団とソリストとして共演。
Asian Youth Orchestra2002,2003、東京のオペラの森2005、小澤征爾音楽塾2006各オーケストラメンバー。

また、クラシック以外にも、ブロードウェイミュージカル「CHICAGO」、「ユーリンタウン」、「Nine」、「coco」に出演。
中山うりなどの、レコーディングやライブサポートメンバーとして活動。
Japan Tuba Soloists、ズーラシアンブラス、各メンバー。これまでにテューバを横井俊文、安元弘行の各氏に師事。

白石准の2011年の新作、“オツベルと象”において、象のキャラクターを象徴する役割として、初参加することになっている。