Home > 過去のNEWS > 2010しんゆり芸術祭
名称:“川崎・しんゆり芸術祭2010「アルテリッカ」しんゆり”
    山猫合奏団「セロ弾きのゴーシュ」
日時:2010年5月4日(火・祝)午前11時開演
場所:昭和音楽大学北校舎第1スタジオ
料金:大人2,800円 
※全席指定
 ⇒川崎・しんゆり芸術祭2010 アルテリッカしんゆり 公式HP
 ⇒公式ホ-ムページの山猫合奏団のページ
 ⇒“「アルテリッカ」しんゆり”のブログ

  null
(この日、ご来場くださったあるお客様から届いた画像です。)

《Cast》
山猫合奏団(白石准&大島純&楠定憲&高山正樹)
《Stuff》
照明:坂本義美(龍前正夫舞台照明研究所)
音響:阿部真心(まみ)

【第一部】
ギャスパール・カサド作曲 「親愛の言葉」
Cello:大島純
Piano:白石准

アンドレ・カプレ作曲 「ラ・フォンテーヌの三つの寓話」
  1.カラスと狐 2.蝉と蟻 3.狼と子羊
 ※本記事後ろに注釈あり
Piano:白石准
語り:楠定憲&高山正樹

アストル・ピアソラ作曲 「ル・グラン・タンゴ」
Cello:大島純
Piano:白石准

【第二部】
口上:高山正樹(宮澤賢治作曲「星めぐりの歌」)

白石准作曲「セロ弾きのゴーシュ」(宮澤賢治)
Cello:大島純
Piano:白石准
語り:楠定憲&高山正樹

皆様、ご来場ありがとうございました。
是非コメントをお寄せください。
公演の詳細等は、追って追記いたします。

【“ラ・フォンテーヌによる三つ寓話” の試みに対する注釈】
(※プログラムの文章を若干書き変えました。)

この曲は、本来は歌曲として書かれたものですが、この日はピアノのパートはそのままに、歌のメロディー部分を言葉に置き換えてみるという試みを聴いていただきました。

幼い頃の白石准は、プロコフィエフの「ピーターと狼」やストラヴィンスキーの「兵士の物語」など、ナレーション付きの音楽作品を、作曲家である父親からあてがわれました。その中にはFMラジオを録音したサン・サーンスの「動物の謝肉祭」に面白い言葉がちりばめられた演奏などもあり、それらを好んで頻繁に聞いていました。

後に歌曲の世界をも知ることになって、古今東西の西洋音楽の作曲家が、言葉に対して多彩な音楽的アプローチをしているということ、言葉が表す具体性を音楽が包むことによって、その魅力が増加していることに、白石は興味を持ちました。

結果、ピアノの独奏曲より歌曲やソナタの伴奏の方が好きという、おかしなピアニストがここに生まれたのです。(※半ばジョークです。誤解なきよう。)
歌も様々ですが、例えば美しいメロディーでありながらすぐに覚えられるような物でもなく、どちらかというと邦楽の三味線や琵琶に合わせて語られるような、「歌う」というより「喋る」に近い作品というものも存在します。「ラ・フォンテーヌによる三つ寓話」は、そのひとつではないでしょうか。

「ラ・フォンテーヌによる三つ寓話」という曲は、その原作となった物語は有名ですが、演奏されることは実に稀です。たとえ演奏会で取り上げられたとしても、詩の言葉は案内プログラムに印刷される程度で、お客さんは詩の意味を演奏から直接受け取ることができず、歌声とメロディーだけを楽しむことで満足させられるこになります。これは日本における外国語の歌曲のコンサート全般においていえることです。でも本当は、歌を聴きながら同時に詩の内容が伝わってくるに越したことはないはずです。

さらに、カラスが咥えていたチーズが地面に落ちる音や、うだるような暑さのなか蟻がよたよたと歩いて行く音、気持ちよさそうに蝉が歌っている空気感、狼のうなり声、子羊が清流のなかで水を飲む音などなど、それらは歌詞にではなく、ピアノの音の中に書いてあるのに、フランス語を聞き取れる人がほとんどいない日本では、ピアノの音を「歌を盛り上げる伴奏」としか聞いてもらえないのです。ピアノの音が、具体性を持った効果音として伝わらない。

そうしたことに、白石准はいらだちを感じていました。 そこで、今回、実験的な試みをしてみようということになりました。
音楽が語りを補足するのではなく、語りもまた音楽を説明している。そしてまた、具体性と情緒性を、言葉と音楽が同等に受け持っている。(これは白石准の処女作“どんぐりと山猫”に相通じる要素です。)そのことを、フランス語の歌を語りに置き換えることによって理解していただこうという実験です。

そして、本日は時間の都合上実現できませんでしたが、いつの日か、「ラ・フォンテーヌによる三つ寓話」を、オリジナルである歌とピアノの演奏で聴いて頂きたいと願っています。その時こそ、歌い手が二人の登場人物と語りを歌い分け、ピアノが合いの手で効果音を演じているということを、十分に味わっていただけるだろう、今日のこのプログラムは、いわばその準備であったと、勝手に私たちは思っているのです。

白石准による注釈の注釈あり
  ⇒http://juninho.blog…
仕込みの日。

null

「新井さん、はじめまして」
「君は誰?」
「カッコーです」
「カッコーって、そんなに青かったっけ」
「いいんです。青く光るんです!」

今日の楠さんはスタッフ。感謝。
null
音響は去年に引き続き阿部真心さんにお願いしました。
 ⇒M.A.P.after5の記事へ



Official_Blogでは報告しなかった4月29日の稽古はM.A.P.after5で。

あと2日です。
本番前の最後の合わせを、龍前照明の坂本さん立会いで行いました。相当に困難なことに挑戦しています。その苦労を、お客様に気づかせてはならない。
(白石准がヒントらしきものを書いちゃったけど)
null null null
山猫合奏団は、まだまだ変化します。進化かどうかは別として。
たった一回の人生。楽しまなくてはね、大島君。



出店の様子はM.A.P.after5にて。

お、ポスターが貼ってある。
null

「高山正樹はふてくされている」に続き……
「高山正樹はもうふてくされていない」の巻
null null
(分かりやすいように矢印入れてみました。)
(あの、ここは山猫合奏団のOfficial_Blogなんですけど……)



今日からです!
1日2日3日と5日の4日間。


楽天市場沖縄map販売サイトで扱っている沖縄の工芸品を、実際に見て手にとって買っていただけることになりました。

去年に続いて山猫合奏団が参加する「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)2010」。その関連イベントのひとつとして、5月1日~5日まで、川崎市アートセンター(新百合ヶ丘駅北口徒歩3分)前でアルテリッカ・アート市が開催されます。

このアート市に、山猫合奏団がなんとお店を出すことになりました。
壷屋焼織物・藍染、月桃などを使用した手漉き和紙(?)、石鹸、その他諸々の手作り沖縄グッズ、そして山猫合奏団のCDなども出品します。沖縄mapや販売サイトで取り扱っているものはもちろん、現在まだネットでは販売していないものまで、なかなか渋いラインナップ。
5月1日~3日と5日の朝10時から16時までお店を出しています。
(なお、4日は11時から昭和音大北校舎第一スタジオで山猫合奏団“セロ弾きのゴーシュ”を上演するため、山猫合奏団のお店はお休みします。また、雨天の場合は中止となりますのでお気をつけ下さい。)

各会場では日替わりでコンサートや演劇、お笑いなどの公演。また、会場周辺では大道芸もやってきます。連休の一日を、新百合ヶ丘で是非ともお過ごしください。

只今準備中。
null
間もなく開店!




この日、大島くんは、チェロを取り出すことはありませんでした。
null

シンフォニー。
自分が音を出していないときの時間の埋め方について。



しんゆり公演のための合わせ。
録音中
録音機材はミステリー。
大幅変更は青く光るところ。
null
光っているのはソーキそば。
どちらもM.A.P.after5の範疇ですね。

白石准は疲れていると、神様が空から降りてくるらしい。




だいぶご紹介が遅れましたが、多摩川文化圏情報誌『多摩人』2010年春号に、川崎・しんゆり芸術祭2010“アルテリッカしんゆり”アルテリッカの記事が掲載され、その中で山猫合奏団の“セロ弾きのゴーシュ”も紹介されています。
null
昨年は写真入りの記事だったのですがねえ。今年は文章のみ。)

あちこちに置いてあるようです。無料ですので、是非ご一読のほどを。




“「アルテリッカ」しんゆり”山猫合奏団「セロ弾きのゴーシュ」の単独チラシが完成しました。
null
宣伝いただける方がいらっしゃいましたら是非とも御連絡ください。必要なの枚数のチラシをお送りいたします。

全席指定です。ご予約はお早めに。
 ⇒チケットの申し込みはこちらからどうぞ




しんゆりへ5月の公演の打ち合わせに行ってきました。
リーフレットの第一弾が出来上がっていました。
null
中を見ると……
null
去年の公演の時に写したの画像を使っているらしいのですが…
「なんで俺が写ってないんだ」
と、高山正樹はふてくされています。

ところで、amazonで販売中のセロ弾きのゴーシュですが、2010年2月26日現在、「出品者からお求めいただけます。」という表示になっています。
「中古品1点¥1,700より」
つまり、中古販売のみ。わりと前からこの状態です。

以前にも一度あったのですが、その時はアッという間に売れてしまって、追ってamazonから商品の納入依頼のメールが届きました。でも、今回はそれが来ません。前は、「ついに我々のCDの中古品が流通するようになったのか」と、ちょっとほくそ笑んだのですが、今回はどうもあんまりうれしくありません。もしかすると、中古が売れないと、新品は仕入れしないというシステムなのでしょうか。
「なんだかおもしろくねえなあ」
と、高山正樹はふてくされています。

楽天市場でもMAP販売サイトでも承っておりますので、そちらからどうぞ。
 ⇒楽天市場“沖縄map”“セロ弾きのゴーシュ”のページ
 ⇒MAP販売サイト“セロ弾きのゴーシュ”CD

それから、色々なダウンロードサイトでも販売しているのですが、どこもあんまりいい表示になっていないのです。間違いがあったり、別のレーベルでの販売になっていたり。これ全て「ことのは出版」というオーディオブックのサイトを通じて出しているのですが、まったくダメですなあ。特に間違いは即刻直すよう手配すべきなのに、こっちが指摘しても一向に直らない。これって、最悪でしょう。猛省を願いたい。
「こんなこっちゃ、いつまでたってもオーディオブックが世間様にきちんと認知されることはねえなあ」
と、高山正樹はふてくされています。本人が一番世間と仲が悪い癖に。



名称:“川崎・しんゆり芸術祭2010「アルテリッカ」しんゆり”
    山猫合奏団「セロ弾きのゴーシュ」
日時:2009年5月4日(火・祝)午前11時開演
場所:昭和音楽大学北校舎第1スタジオ
料金:大人2,800円 ※全席指定

《出演》 山猫合奏団(白石准&大島純&楠定憲&高山正樹)

 ⇒前回告知記事

 ⇒川崎・しんゆり芸術祭2010 アルテリッカしんゆり 公式HP
 ⇒公式ホ-ムページの山猫合奏団のページ
 ⇒“「アルテリッカ」しんゆり”のブログ

2月15日よりチケット販売開始しました。
全席指定なのでお早めにご予約を。
なお、M.A.P.でもチケットを扱っています。M.A.P.と山猫合奏団のために、是非ともM.A.P.を通してご予約いていただければ幸いです。“川崎・しんゆり芸術祭2010「アルテリッカ」しんゆり”の全てのチケットについてお取り扱いが可能です。
[電話・FAXでのお問合せ]
 TEL:03-3489-2246 FAX:03-3489-2279
 (株)M.A.P.(エムエーピー) 担当:宇夫方(うぶかた)
また下記お問い合わせフォームからでもお受けいたします。
 ⇒問合せフォーム

皆様の申し込みをお待ちしています。



5月4日の“しんゆり芸術祭”のことなんですが。
2月15日から前売り開始。
全席指定なのだそうで。是非、M.A.P.を通してご予約のほどを。

そのほか、M.A.P.after5で、中途半端に告知中……
http://lince.jp/hito/kokutistenn…



2009年に続き、2010年の川崎・しんゆり芸術祭に山猫合奏団の参加が決定しました。
「川崎・しんゆり芸術祭2009アルテリッカしんゆり」の記事
2010年。5月4日今回の演目は“セロ弾きのゴーシュ”
開演時間は未定です。
会場は2009と同じ、昭和音楽大学北校舎第1スタジオ。

音楽的にはこちらの希望する会場にはならなかったのですが、むしろ事務局側が、言葉にとっての条件を考慮され、響きすぎる会場を避けられたようです。作品が知られてくると、観客の皆さんが期待するもの、求めるものに大きく影響されてもいきます。こちらとしてどうしても譲れないことをどこに置くのか、それは今後考えるべき大きな課題となってくるのでしょう。

今まで我々は、あくまでも音楽を念頭に置いて活動をしてきました。その中で、ゴーシュの役をチェリストが演ずることも、楽長役を作曲者自身が演ずることも、音楽ファンは、意外性のある贅沢なオマケとして、ふっと微笑んでくださってきたと思うし、その肩から力の抜けた感じを、演ずる側も敢えて企ててきたとも言えます。

しかし我々は、2010年のしんゆり芸術祭で、新たな場所へ一歩踏み出してみようと決意しています。

台詞を憶えること。劇的に暗譜すべき音楽は、もちろん暗譜しなければならないということ。

これは、今までの仕事に暗記するという面倒な努力が付け加わるというような単純なことではありません。今までの読むという行為は、宮澤賢治の言葉を、分析し解釈し、その論理を冷徹に提示することでした。しかし暗記するということは、輸血された血液を、拒絶反応を乗り越えて自分の血として再生させることです。
例えば「怒鳴る」。
読む行為は「怒鳴っている」ということを、必要ならば怒鳴って見せることで、客観的に伝えること(これもなかなか難しい作業ですが)、しかし演ずるなら、まさに怒鳴らなければらない。「~と怒鳴りました」というような演技では、誰も納得などしてくれません。ただ怒鳴ればいい、しかしこれは、単純ですがちっとも簡単ではありません。
「読む」と「演ずる」とは、質的に全く違う作業なのです。

ゴーシュを演ずるチェリスト大島純は、きっと「演ずる」という未知の世界で、悪戦苦闘することになるでしょう。
その結果、ゴーシュに命が吹き込まれれば、相手する動物たちも、今までのように、ひとり勝手なソロの演技は許されません。目の前のゴーシュという存在を、対話する相手としてきっちりと捉えて、となれば動物たちは、相手役であるチェリストが、ゴーシュであることを、逆照射するように徹底的に要求することになるのです。
もはや語り手も、今までのように、テキストの中に小さく閉じ篭っていることはできません。ゴーシュと動物たちのダイナミックなやり取りを、最大限の集中力を持って注視し、どのように語れば劇的世界の時間をコントロールすることができるのか、細部にわたって極めて高度な技量が必要になります。
そしてその時、演ずることで生まれるドラマと、白石准の音楽との間に、どのような対決が起こり始めるのでしょうか……

勝央からアンケートがようやく届きました。過去の公演記録の記事に、そっくりそのまま追記紹介しました。
勝央文化ホール“セロ弾きのゴーシュ”の記事
その中で、音楽的にはとても好意的な感想をたくさんいただきました。
しかし言葉については、聞こえずらかったというようなマイナスのご意見も届きました。逆に、プラスの具体的な感想はあまり見られませんでした。トータルで考えると、送っていただいたアンケート結果は、音楽の感想としては嬉しいが、ドラマの感想としてはとても貧弱なものです。
(聞こえずらかったことについては、客観的に聞きながらオペレートする専門の音響技師が不在だったという要因が大きく影響しています。もちろんそれはホールの責任などではなく、我々の側の問題です。しかし、照明等も含めて、求められるものを実現するためには、報酬の設定が大きな壁であるということも、主催してくださる方々には是非ご理解いただきたいとも思うのです。)

2010年しんゆり芸術祭での我々の(無謀な?)挑戦は、ドラマとしての深い感想を獲得することなしには成功とはいえないでしょう。

さてさて、いかがなりますことやら。なにぶん年齢も年齢なので、いままでの通り、緩ーく行こうよってなことになることも、大いに考えられますが。
是非とも皆さんのご意見も伺いたいものです。



«Prev || 1 || Next»