いよいよ“川崎・しんゆり芸術祭2009”が始動したようです。
我々「山猫合奏団」は来年の5月3日(日・祝)の14:00~15:30に、昭和音楽大学北校舎第一スタジオで“どんぐりと山猫”をやるみたいです。

「ようです」とか、「みたいです」というのは、特に何の連絡もないから。
しんゆり芸術祭のホームページはこちらです。
http://www.artericca-shinyuri.com/index.htm
このサイト(↑)だって、インターネットの世界をウロウロしていたら偶然辿り着いたというだけで、主催者から教えていただいたわけでもありません。
ということで、Official Siteでのご案内は、もう少ししてからにします。
(不満なのではなくて、ふじたあさや先生に任せっきりでいいのかなと、恐縮しているのです。)

料金は大人 2000円、子ども1000円のようです。
そういえば先日、あさやさんから「料金が安いのは問題あるか」という質問がありました。確かに僕等としては子供向けに作ったつもりはないけれど、大人子供の区別なく、なるべくたくさんの方々に観ていただけるならとお答しました。

確かに、料金が高ければいいものだという、間の抜けた消費者がいるのも事実。ともかく、料金を安くしたからギャラも安くというようなことがなければ、文句はありません。

まず僕らは、知ってもらって、そして次につなげていかなければならないのです。
何しろ、今度のしんゆり芸術祭のラインナップを見てみれば、どう考えたって我々の認知度が一番低いのですから。
そんな我々を呼んでくださったふじたあさや先生に、再度の感謝です。

まもなく、勝負の年がやってきます!

ちなみに、津嘉山正種さんの「人類館」も参加しています。
おきなわおーでぃおぶっくOfficial_Blog「人類館」カテゴリー



だいぶ先のことではありますが…
2009年の9月12日・13日あたりで、チェロ弾きの大島純氏の関係から、岡山県の勝央美術館およびその周辺にて、いくつか公演を行うことになりそうです。

詳細が決定次第、Official_Site及び当ブログの今後の公演情報にてご紹介します。



FM世田谷“せたがやじーん”に高山正樹が生出演。世田谷に縁のある人を紹介するという番組。ONエアーは14:30からの30分間でした。
出演者がリクエストした曲を、話の合間に流すのですが、高山正樹は、山猫合奏団の“印度の虎狩完全版”をリクエストしてしまいました。長いので、中途でフェイドアウトするのかなと思いきや、全曲流してくれました。

はたして、どのくらいの方々が聞いてくださったのでしょうか。

先日の川越公演は、FMせたがやを聞きながら車で会場入りしたのですが、その時は、杉並区・練馬区を越え、新座あたりまで聞こえていたので、これはなかなかあなどれないなあと思ったのでした。

放送後、パーソナリティーの神 太郎さんと記念撮影。
null

とても楽しいひととき、ありがとうございました。



山猫合奏団に関するNEWSが、諸々色々あるのですが…
なかなか忙しくて記事にする時間がありません。
と言っている間に、M.A.P.after5ではちょっと御紹介していたのですが、高山正樹がFM世田谷の「せたがやじ~ん」に生ゲスト出演する日が明日に迫りました。

“セロ弾きのゴーシュ”から、どこか流してもらおうと思っています。

放送時間は14:30から30分間。その頃に世田谷近辺にいらっしゃる方、どうぞ83.4MHzにチューニングしてみてください。

とりあえずのお知らせでした。



過去の公演記録に続き、NEWS及び過去のNEWSにもコメントを投稿して頂けるようにいたしました。
最初のコメントは楠氏の東京文化会館出演記事に、高山がコメントしました。
http://lince.jp/lince/kusu1026.html

TOPに表示されるTopicsの多くはNEWSカテゴリーにも入っていますので、サイドバーからNEWS!を選んでいただければ、そちらからコメントの投稿ができます。
http://lince.jp/lince/news/

また、M.A.P.after5の隠しカテゴリー「山猫合奏団」にもコメントを頂けます。
http://lince.jp/hito/mapinfo/yamaneko/

皆様の温かいメッセージをお待ちしております。

《追伸》
遠い過去の記事に対するコメントも、大歓迎です。



本日、日曜日の昼下がり14:00から、楠定憲氏が上野の東京文化会館小ホールに御出演されました。
null

“室内楽はいかが?”Vol.12 「ショパンの手紙」
チェロの三宅 進氏と、ピアノの崔 善愛さんのコンサートです。

三宅さんは
http://lince.jp/juninho/acorns_48th.html
とか
http://lince.jp/juninho/gauche_10th.html
で、山猫合奏団に参加してくださっています。

楠氏は、曲の合間にショパンの手紙を読みました。







田中寺公演の画像を掲載しました。
《田中寺公演記事へ》



しんゆり芸術祭2009の詳細が発表されました。
とりあえずご紹介します。
http://www.shinyuri-art.com/pdfs/080911geijyutsusai_info.pdf

Topページのアドレスは
http://www.shinyuri-art.com/
です。



M.A.P.after5情報に「山猫合奏団」の隠しカテゴリーを作成しました。
http://lince.jp/hito/mapinfo/yamaneko/




「過去の公演記録」にコメントを投稿して頂けるように設定を変更いたしました。公演終了次第、終わった公演の記事を「今後の公演情報」から「過去の公演記録」へ移動いたします。
皆様の暖かいメッセージをお待ちしております。
(山猫合奏団一同)
《過去の公演記録》




神楽坂、田中寺に続き、Official Site に桶川の会場案内地図を掲載しました。
昭文社のご協力を頂きました。ありがとうございました。
《桶川公演Official情報》





Officialの公演案内に地図がないという状態が長らく続いていたのは、M.A.P.が元来地図屋だったからで、いろいろ模索していたのです。
で、とりあえずやっぱり取引いただいている昭文社の地図が使えればBEST。
ということで、ようやく田中寺の案内を昭文社の地図を使って掲載できることになりました。

Official information

ただ今後は、いろいろとクリアしなければならないことがあって、どうなりますことやら。
できればお昭文社の地図を使い続けたいのですがねえ。
昭文社どの、どうかお願い申し上げます。



“セロ弾きのゴーシュ”のCDの販売をお願いしている快読ショップyomuparaさんのホームページがリニューアル。
それにともなって、私たちの“セロ弾きのゴーシュ”の紹介文をパワーアップしてくださいました。

「でも、よむパラさんの紹介文の中の、トロイメライってのは間違いだろう。 トロメライが正解。」
「ええ?!トロイメライじゃなくてトロメライが正解ってどういうことですか?」

そのあたりの事情はちょっと前のTopicsの記事に。
またトロイメライについてはこんな記事を書いてみました。



Official_Siteの更新に伴い、山猫合奏団紹介のカテゴリーおよび作品紹介のカテゴリーを削除しました。
新しいページはこちらです。
山猫合奏団とは?

どんぐりと山猫
セロ弾きのゴーシュ
注文の多い料理店

また、学校関係者の方々へ向けてのページもアップしました。
学校など演劇鑑賞会ご担当の先生方へ

それぞれのページについて、御意見を頂ければ幸いです。




親子劇場や学校に向けての営業も始めました。
それに伴い、ちょっと「よそいき」なホームページが必要になってきました。
そこで、山猫合奏団OffcialSiteのページをアップしました。「燕尾服を着たような」という意気込みでしたが、なかなかそうはいきませんね。ついつい人の好さと脇の甘さと、そして何よりも技術のなさと知識不足が露呈してしまう。今後とも、皆さんからのご指導をいただきたいと思います。
なお、山猫合奏団OffcialSiteのTopのURLは《http://lince.jp/》です。
今までM.A.P.after5のあった場所です。M.A.P.after5は《http://lince.jp/after5.htm》に変更。
旧「山猫合奏団(Home)」はそのまま《http://lince.jp/lince/》にありますが、山猫合奏団のブログのトップという役割に変わりました。
でも、本当はM.A.P.after5がTopPageで、大切に温めていきたいのは「山猫合奏団(Home)」、その精神はいつまでも変わりません。





«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»