(※記事のタイトルをクリックすると、コメント欄が下部に表示されます。)

名称:“川崎・しんゆり芸術祭2011「アルテリッカ」しんゆり”
    山猫合奏団「オツベルと象」
    “仔象ババールの物語”との2本立て
日時:2011年5月1日(日)午前11時開演
場所:昭和音楽大学北校舎第1スタジオベース改めスタジオ・リリエ

料金:大人2,800円 
※全席指定

《Cast》
山猫合奏団
《Stuff》
照明:龍前正夫舞台照明研究所
音響:渡邉禎史

【第一部】
フランシス・プーランク作曲“仔象ババールの物語”
作:ジャン・ドゥ・ブリュノフ(訳:山猫合奏団)
Piano:白石准
語り:高山正樹

【第二部】
白石准作曲“オツベルと象”(宮澤賢治)
言葉:楠定憲&高山正樹
Tuba:古本大志
Bass:稲垣護
Piano:白石准

null

多数のご来場、ありがとうございました。

null

※急遽お客様に配ったメッセージ
山猫合奏団をプロデュースする高山正樹より
【今日おいでくださった皆様へのご挨拶】

天気予報では今日は雨模様。そんな日なのに、われわれ山猫合奏団の公演に足をお運びくださり、ほんとうにありがとうございました。心より感謝申し上げる次第です。

“オツベルと象”をしんゆり芸術祭2011で上演することを決めたのは、去年のことでした。
しかし東北大震災が起こりました。このまま上演してよいのだろうか、プロデューサーとして、実は悩みました。公演そのものを自粛しようかと考えたわけではありません。はたして、演目は“オツベルと象”でいいのだろうか……。

“オツベルと象”には、こんなくだりがあります。
「小さな木などは根こぎになり、藪や何かもめちゃめちゃだ。グワアグワア、グワアグワア」
「その時はちょうど一時半、オツベルは皮の寝台の上でひるねのさかりで、烏の夢を見ていたもんだ。あまり大きな音なので、オツベルの家の百姓どもが、門から少し外へ出て、小手をかざして向うを見た。林のような象だろう。汽車より早くやってくる。さあ、まるっきり、血の気も失せてかけ込んで、『旦那あ、象です。押し寄せやした。旦那あ、象です。』と声をかぎりに叫んだもんだ」
「間もなく地面はぐらぐらとゆられ、そこらはばしゃばしゃくらくなり、象はやしきをとりまいた」……

こんな場面を、我々は何のこだわりもなく表現することができるのだろうか、お客様方は、心穏やかに聞いていてくださるだろうか……

でも、ここひと月以上、メンバーと合わせを重ねていくうちに、少しづつ違う新たな思いが起こってきました。

先の喧騒の場面に続いて、こんな言葉が語られます。
「グララアガア、グララアガア、その恐ろしいさわぎの中から、
今助けるから安心しろよ
やさしい声もきこえてくる」

「サンタマリア……」

“オツベルと象”という物語の中に、限りなく深い祈りの心を見つけました。そして僕は、今日の公演で、ひそやかに未来に向けて祈ろうと決心をしたのです。

今日の僕は“オツベルと象”こそ、今やるべき作品なのだと思っています。たとえそれが、独りよがりな思いだとしても。
(2011年4月30日23時22分、喜多見の事務所にて、あわてて記す)

※このメッセージには続きがありました。それはM.A.P.after5にアップしてあります。
 ⇒http://lince.jp/hito/zenjitu…