«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 74 | 75 | 76 || Next»

5月18日日曜日: 淳への手紙

カテゴリ: 社長のつぶやき
いいこと、思いつきました。過去の日記を、小出しに、公開しちゃおう。
過去の個人的な文章を誰かに読んでもらうことについて、深くは考えない。いや、実は、ものすごく考えている、というか、考えたことがあります。そのことも、昔、日記に書いていた。だったら、それをそのまま公開しちゃえ。
要するに、頻繁にブログとやらを更新する時間が作れないので、既にある過去の文章を、埋め草に使ってしまおうって魂胆です。

「会社」なんてものとは全く無縁だった頃の自分は、「貧弱」だったのか、あるいは「豊か」だったのか。人様には興味ないことに違いありませんが、ままよ、です。

とりあえず今日は、今日のこと。
吉岡淳のバイクを売りました。淳は、放浪の旅の資金稼ぎのためにココで働いていた。旅立ちの日が決まって、あいつの乗っていたカブを、あいつの言い値5万円で買い取った。買い取ったその日まで動いていたカブが、あいつがいなくなった次の日から、魔法が解けたように動かなくなりました。それから、もう2年です。

「バイク買い取ります」という張り紙、電話したら業者はすぐやってきました。売値1000円。日本で修理したら高いので、外国に持っていって直すという。たぶん、西の方の、淳がうろうろしていそうな国に持ってくんだろうな。カブが、昔のご主人様の後を追っかけていくのだと思うと、ちょいとおもしろい。

あいつがいなくなる前の日、淳のもうひとつの置き土産の、シュタールの弦が切れた。おいおい張り替えていけよ。ところが、こいつがむずかしい。朝まで、二人で飲みながら、張り替える道具、作りました。
淳とは、よく語った。会社とは全く関係のないこと。旅について、インド仏教について、祈ることについて。僕は、昔考えていたことをしゃべった。あいつは、それを懐かしむように聞いていた。気がつくと、朝でした。

どこで何しているんだろう。シュタールは買い取った訳じゃない。預かっただけ。いつ引き取りにくるんだ。
そうだ、いつかあいつが帰ってきた時の酒の肴のために、まだあいつに語らずにいる過去を、このブログとやらに貼り付けておこう、公開する言い訳、一個、見つけました。


5月16日金曜日: 過去へ

カテゴリ: 社長のつぶやき
もう週末か。
忙しいから更新できない。でも更新しないと、なんだかとても活気なく見える。
更新できないなら、やめたほうがいい。

いつなら会えるのかと聞かれれば、いつでもOKだと答える。でも暇なわけじゃない。ここ何年か、一日たりとも休んじゃいない。

社長とは、決断することだ、と、毎日わめいている。右か左か、迷ったら、どちらでもいい、さいころ振って進む。立ち止まって、答えが出るまで熟考などしない。熟考なら誰でもできる。熟考している間に、機を逃す。

分裂している。

あの頃の僕は、何かを探して、ただただ読みふけっていた。だが、答えはどこにも無かった。生きることは、罪なのだと思った。そして、その日読んだカミュの言葉を、ノートに書き付けた。

「語るということは、だから、いつもだれかを裏切ったということを前提としている」

語れば、誰かを傷つける。見つめれば、君はうつむく。そっと手をとれば、全てが壊れていく。
だから、できるだけ、ひっそりと生きていたかった。

過去を乗り越えてはいない。ただ、分裂している。


カテゴリ: 社長のつぶやき
「後悔」と打ったら「公開」と出てきた。つまらん。
やっぱり、すでに後悔している。誰に向けて、何を語ればいいのか。
ブログって、「ですます調」で書くものですか?自分で決めなさい。

会社を立ち上げる「破目」になった。
こういう言い方がいけない。誤解を招く。会社を立ち上げて、ホームページっぽいものを作ることになって、そこらあたりの経緯を、まずきちんと説明してから始めないと、だが、全く気が進まない。
いまどきの会社なら、ホームページくらい作んなきゃ、でも作りっぱなしでほっとくのはもってのほか、更新しなきゃ、てっとり早く更新するためにはブログ。わかったわかった、てなもんだ。

分裂しているのです。いたるところで。
「会社とは」とか、「社長とは」とか、この1年でいくらでも語れるようになりました。そして、それを信じるふりをして走り続けるしかない。しかし、毎夜寝付く前には悶々としている。お前は、ほんとにそんなこと信じているのかと。
「社長って呼ばれるの、大っきらいなんです」
そういって、かろうじて、もう一人の自分に弁解しているのです。

たしかに、そう思っている、嘘はないのです。それを言葉にしてみることには、いろんな効用がある。でも、それは日記でじゅうぶん事足りる。わからないのは、それを、こうして「ブログ」とやらで公開すること、そんなことしていいものなんだろうか。
分裂は、「ブログ」とやらをきっかけに、増殖を始めたらしい。
何かおもしろくなりそうだ、という、とてもいやな予感があります。


5月 9日金曜日: First Item?

カテゴリ: 社長のつぶやき
ちょいとインターネットの世界を、「社長とは呼ばないで」で検索してみました。そしたら、結構ヒットした。
つまらんと思って、しばしまた停滞したのですが、といって他にいい考えがあるわけでもなし、「ままよ」と、この名前で始めることにしました。
ブログというものを、ちっとも理解しちゃいません。理解なんかするもんでもできるもんでもないのでしょう。
しかし、たくさんの弁解を用意して、そいつらを披歴してからじゃないと、自分のつぶやきを世界に向けて公開するなんて、恐ろしくてできるもんじゃない。
しかしながら、それもまた、ままよ、です。
時間がない。ともかく、動かしてみる。もしかすると、取り返しのつかないことになるのかもしれないが、それでもいいと踏ん切りました。あれ、「ふんぎる」って、この字ですか? まあいいや、いきなり下品なのも気が引ける。このままいきます。

ともかく。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 74 | 75 | 76 || Next»